思いつきのひと言

古い文芸仲間から、恩師の訃報を受け取った。

 

しみじみとした悲しみが、わたしの中いっぱいに満ちている。

 

 

たとえ、お会いする機会がなくても、師の存在そのものが、わたしの『書く』ことにおける支えだったから…

 

 

 

 

と同時に思うのは、

 

 

人の死について、しんみりと考えたり、思いにふけったりできるということは、ある意味とても幸せなことなんじゃないかということ。

 

 

あるいは、それだけ大人になったということか。

 

父が亡くなった時には、悲しみを感じる余裕がなかった。

 

 

 

というより……父の死を受け入れる勇気がなかったんだね、きっと。

 

思いつきのひと言

ハワイからの帰りの飛行機の中で、映画『恋妻家宮本』を観た。

 

心に残ったのは、

 

正しさより優しさ

 

 

 

どうしても、心のどこかに

 

 

正しことは、いいことだ

 

 

みたいな感覚があるなぁ~

 

 

 

そこに、優しさはあるか!

 

 

肝に命じたい。

 

 

アロハ~ その2

これまで国内外を問わず、旅行というと、

 

どこかへ行って、なにかをする

 

ものだったように思います。

 

 

 

けれど、今回ハワイ島に4泊して、初めて

 

 

特に何も考えず

どこかへ行こうと意気込まず

何かをするための時間にしばられない

 

 

という過ごし方を学んだようです。

 

 

 

確かにゴルフはしたし、夕日の見えるレストランにも行ったけど、

それは旅のメインではなく、朝起きて空を見、風を感じて、

 

 

 

風も穏やかで涼しそうだからゴルフに行こうか

暑いからプールサイドで本でも読むか

食材の買い出しも兼ねてショッピングモールまで、シャトルで行く?

 

 

とか、夫と相談して決める。

 

 

 

 

 

 

その日の予定を、その日に決めても、何ら問題はない日々。

 

 

曜日も時間も、どこかへ消え去った感じ。

 

 

それでも何の問題も不都合もなく、穏やかに過ぎていく日々。

 

 

 

旅先でこんな風に過ごしたことは、今までなかったなぁ~

 

 

 

 

 

今日はどこどこへ行って、あれしてこれ食べて…

 

という旅行も、もちろん楽しくて好き。

 

 

でも、こんな何もない旅というのもいいもんだなと、しみじみ思いました。

 

 

 

好き

 

 

 

が、またひとつ増えた、今回の旅です。

 

 

 

 

 

さて、これからホノルルに移動です。