食べてばかりのシーガイア もう一つ

間が空いてしまいましたが、シーガイアリゾート内のお店で、

もう一軒ご紹介。

 

 

前回お邪魔して、とても気に入ったので、今回も必ず行きたかったお店。

 

実家くろぎ

 

 

前回同様、今回もカウンター席で、お店の方々と

あれこれと楽しいお話をさせていただきながらのお食事でした。

 

 

 

板前さんたちがテキパキと働いていらっしゃる様子の見える席、わたしは大好きです。

 

 

 

板前さんに限らず、一流のプロの方の動きって、無駄がなくて、大変に美しいと思うのです。

 

 

こちらのお店も、うしのみやと同じくおまかせメニューしかありません。

 

 

なので、お任せ~

 

 

 

 

こんなお料理も。

 

 

 

お酒に合わせて、好きな盃を選ぶことができます。

 

 

上が夫で、下がわたしの選んだ盃。

 

 

大将のおっしゃるには、選んだ盃で性格がわかるのだとか。

 

わたしの方が男前のようでした。

 

 

 

この他、

 

リストランテ・アルコや米九など、美味しいお店が入っています。

 

米九は、その名の通りご飯が美味しいお店で、

軽いお食事もあるので、お腹が疲れた時などに重宝しますよ。

 

 

 

思いつきのひと言

自分の嫌なところからは、つい目を背けたくなるけど……

 

でも、それって自分で自分を切り刻むようなものだから。

 

どんな自分も自分だと、受け入れて欲しいな。

言葉を手に入れる

昨日、ずっと前に撮っておいたビデオ番組をようやく見ました。

 

 
写真は番組のホームページよりお借りしました。

 

 

その中に、出てきた言葉。

 

 

言葉を手に入れて、自分の気持ちを言えるようになる

 

 

 

ああ、そうだ

 

と思いました。

 

 

今、リニューアルしようとしている<あけと流ことだま講座>。

 

そもそも、日本語の魅力にはまって色々学んでいく中で、

直観的に始めたものです。

 

 

でも、その根底にあった思い。

 

 

それは、

 

 

言葉って素敵

 

 

ということ。

 

 

そんな素敵な言葉を、手に入れて欲しい

 

 

ということ。

 

 

自分の言葉で語れるようになって欲しい

 

 

ということ。

 

 

自分の言葉で語ることは楽しい

 

 

ということ。

 

 

通り一遍の型にはまった言葉の羅列ではなく、

自分の心から発せられる

生きた言葉の美しいこと

 

 

 

 

自分の言葉で語っていい

 

 

ということを知って欲しい。

 

 

 

誰もが自分の言葉を持っている

 

 

ということに氣づいて欲しい。

 

 

たぶん、それが講座をやってきた、

そして、これからもやっていきたいと思う原動力。

 

 

テレビから流れてきた言葉に、

わたしもまた改めて氣づかされたのでした。