名古屋みやげ、伊勢みやげ

久しぶりに名古屋の実家に帰ってきました。

その後、四日市で古くからの友人と盛り上がり、お伊勢巡りをして帰ってきました。

 

そこで、名古屋と伊勢で買ってきた、わたしのお氣に入りを紹介してみたいと思います。

 

まずは、名古屋みやげ編。

 

dsc_0387

 

これは、絶対に外せない《しるこサンド》

物心ついたころから食べている、懐かしのお菓子です。

カリカリの歯ごたえと、あっさりとしたしるこ風味がたまりません。

 

次は、あんかけスパ。

今まで駅で売っている《あんかけスパゲッティ》のレトルトといえば、 ヨコイ しかなかったような氣がするのですが、実はわたしが一番好きなのは、チャオの味。

それが、あった~!!

 

dsc_0386

 

ソースとパスタのセットになっていて手軽に楽しめます 🎵

 

 

続いて、伊勢みやげ編。

 

なんといっても、一番嬉しかったのは、《へんば餅》のお店が内宮参道にできていたこと。

 

dsc_0382

 

なによりかにより、わたしは《へんば餅》が好き!!

でも、これまでは、車でしか行けないような場所にしかお店がなかったのです。

さっぱりとしたこし餡を包んだ皮が、こんがりと炙ってあって香ばしく、飽きのこない味です。

dsc_0384

 

わたしは冷凍保存して、食べたいときに食べたい分だけ自然解凍したら、フライパンで軽く炙り直して食べます。

香ばしさが増して、グッドです~

 

それから、あおさ(海苔)

 

dsc_0388

 

これをそのままパッと入れるだけで、磯の風味豊かなお味噌汁の出来上がり。

美味しいです 😊

 

番外編として、赤福。

 

dsc_0378

 

おみやげでは、あまり買いませんが、参道にあるお店で食べるのは好きです。

一緒に出される番茶との愛称は、抜群です 😍

 

それから、ランチで食べた《てこね寿司》の定食。

 

dsc_0362

 

てこね寿司に、オオアサリとサザエのつぼ焼き、そして茶碗蒸しがセットになってます。

てこね寿司、もともと漁師さんが船の上で食べていたまかないのようなものです。

素朴な美味しさが、わたしのお氣に入りとなっています。

今回は、とても暑かった上によく歩いたのでビールも頼んでしまいました。

《神都麦酒》、クセがなくて飲みやすいビールでした。

dsc_0360

ラベルもイケてます。

 

 

 

思いつきのひと言

苦労も乗り越えてしまえば、いい経験に変わります。

 

ただ、乗り越えている最中は、多分無我夢中で、訳がわからないと思うけど。

 

でも、ホッとひと息ついたとき、振り返ると、苦労だと思っていたものが、あら不思議、きらきら輝く『いい経験』というやつに変わってる!!

思いつきのひと言

もし、今、一円の貯金がないとしても、

死ぬまでお金が回りつづけたなら、

それは、お金の苦労がない人生だったということ。