「好き」よ伝われ

 
ブログ記事
 
 
わたしは町の定食屋
 
 
 
に、まくるるのゆきのこさんが
感想を寄せてくださいました。
 
 
 
 
鉛筆  鉛筆  鉛筆  鉛筆  鉛筆
 
 
 
素敵✨そしてとても共感✨
 
私も大学で臨床心理士の資格を取ってるわけでもなく、華々しい経歴やスキルがあるわけでもないところにコンプレックスを感じていたことがあります。
 
でも、ゆみこさんと同じように、私は大学病院の先生じゃなく、町医者のような、「ちょっと調子悪くて〜」とか「先生の顔みたくて来ちゃった😆」みたいな気軽に来てもらえる存在でいたいと、そういう役割なのかな、と思っていたので、すごくすごーく共感しました😊
 
私もゆみこさんは、オーナーこだわりの品を揃えたセレクトショップのイメージです💕
 
 
 
 
鉛筆  鉛筆  鉛筆  鉛筆  鉛筆
 
 
 
 
ゆきのこさん、ありがとうございました。
 
 
 
自分が大好きなことだから、
一生懸命学んできて
人の役に立ちたいと頑張ってきて
自分が一番、そのことをわかっているはずなのに
なんか自信が持てない……
 
 
 
そんなこと、ありますよね。
 
 
 
 
 
でも、だから
 
 
 
謙虚になれる
 
 
 
部分も確かにある……
 
 
 
 
結局、自信って、経験を通して
自ら受け入れて、初めて獲得していくものなんだね🎵
 
 
 
 
 
そして、
 
 
 
例えば、わたしの受講生方の中で、さらに学びを深めたいからと
大学などで専門的に研究する人が出てきたら、
それはそれで嬉しいだろうな。
 
 
 
でも、そうではない圧倒的大多数の方の日常生活で役に立てたなら、
それはまた大変に喜ばしいことであります。
 
 
 
 
自分の好きが人に伝わって
 
 
 
好き
 
 
 
が、どんどん広がって、みんなが幸せになれるなら
それで、よし❗️❗️
 
 
 
 
 
みんながみんな、幸せになれますように 💕
 
 
 
 
 

 

 

4月に本を出しました。

 

 

 こちらから、どうぞ⤵️

https://amzn.to/2TYNi4L

 

思いつきのひと言

 
昨日のブログ
 
 
わたしは町の定食屋
 
 
 
について、友だちから
 
 
 
スライム  宇宙人  スライム  宇宙人  スライム
 
 
 
ゆみこさんは、わたしから見ると
センスのいいセレクトショップって
イメージがあります。
なかなかにマニアックだけど!
 
 
 
スライム  宇宙人  スライム  宇宙人  スライム
 
 
 
との感想をいただきましたので、
これからは、定食屋ではなく
 
 
 
マニアックな
セレクトショップ
 
 
 
と言うことにします❗️
 
 
 

わたしは町の定食屋

日本語や言葉について、ワークショップや講座をしている

わたしですが……

 

わたしは、学者ではありません。

大学も国文科じゃないし➰

 

そんなことが、たぶん、ずっと心のどこかに引っ掛っていたように思います。

 

けれど、それが最近スッキリとして、晴れ間が見えてきました。

 

言語学や音声学や、その他、言葉に関する学者のみなさんは

例えて言うなら、

フレンチやイタリアンや和食の専門店のようなもの。

 

そして、わたしはというと、

 

町の定食屋

 

です。

 

専門家は学問を縦に深く掘っていきますが、

わたしは様々な知識や学問を横に串刺しにして提供しています。

 

 

 

1つ1つの料理では、その道のプロに敵わない。

 

でも、そこそこの味で色んな料理を出すことができます。

 

お客さまが望めばパスタに湯豆腐のセットも作るし、

ハンバーグの横にきんぴらごぼうだって添えちゃうし、

餃子とビーフシチューと煮こごりのセットもありだね🎵

 

そして、それが、

 

わたしの強み

 

だと。

 

 

この頃、ようやく素直にそう言えるようになれました。

 

これも、これまで受講してくださったみなさんのおかげです。

 

みなさんの

 

楽しかった

 

面白かった

 

ためになった

 

とのお言葉が、わたしに自信を与えてくれたのです。

 

ありがとうございます。

 

これからも、精進して参ります~