初めてのバス旅

昨日は、雪がたくさん降りましたね。

 

皆さま、お変りありませんか?

 

 

ところで、わたしは箱根に行く際に高速バスを利用していますが、

実はバス旅というには行ったことがありません。

 

そこで今回、梅と桜の両方が楽しめるという宣伝文句に誘われて、

初めてのバス旅に参加してきました。

 

 

乗ったのはプレミアムクルーザーという、定員がたった10名の超ゆったりバスです。

 

トイレも広くてきれいでした。

 

 

 

行き先は熱海。

 

近いのに、未だまともに訪れたことのない場所です。

 

 

 

まずは、日本一開花が早いと言われている熱海さくら。

 

3~4部咲きとのことでしたが、なかなか見事な咲きっぷりでした。

 

風もなく穏やかな青天に桜の花が映えます。

 

 

 

お宿は熱海石亭桜岡茶寮

 

美味しいお料理に、素敵な露天風呂。

 

お風呂の後ろには大きな桜の木があり、満開時には、

それはそれは優雅な入浴が楽しめるそうです。

 

 

翌日は、前日とはうって変わっての雪空。

 

降りださないうちにと向かったのは、熱海梅園です。

 

こちらは、まだまだ蕾の木が多く、見頃は今週末あたりのようです。

 

 

 

 

それから、御殿場のイタリアンレストラン、タンタローバ デル ミュゼオでランチ。

 

 

 

ランチを食べ始める頃は、まだこんな感じ。

 

 

 

食べ終わる頃には、一面の雪景色。

 

でも、美しい~

 

 

どうせなら、これからお宿に行って露天風呂に入りたいわねぇ~と、

夫と笑いながら帰ってきたのでした。

 

 

明るい未来とは?

 

日々、≪ことだま講座≫や≪旅紀行≫、≪映画の話≫など、

様々なカテゴリーでブログを書いています。

 

 

その中に≪思いつきのひと言≫というのがあります。

 

これは、その名の通り、ふと思いついたことを書き留めているものです。

 

だから題名もないし写真の添付もありません。

 

ふと思いついたことを、その場で書く。

 

それが≪思いつきのひと言≫です。

 

 

さて、先日、その≪思いつきのひと言≫で書いたことについて

メッセージをお寄せいただきました。

 

 

本当に嬉しいことです。

ありがとうございます。

 

そして、そういうメッセージに対しては、個人的にお返事するのではなく、

同じようなことを考えている方もいらっしゃるかもしれないませんので、

ブログにわたしなりの考えを書くという形で、シェアすることにしています。

 

 

お寄せいただいたメッセージの抜粋をご紹介です。

 


>どん底から這いあげれない人もいます。
また、まだ「どん底」ではないのに「どん底」と思ってしまった人も。


>「明るい未来」とはどんなものですか。



>選挙になると政治家が良く口にする「明るい未来」ですか?

 

 

まず、わたしは政治家の方が、どんな意味で「明るい未来」という言葉を口にしているのかを聞いたことがないので、この件についてはノーコメントです。

 

 

そこで今日は、わたしの考える「明るい未来」について書いてみたいと思います。

 

 

例えばお腹が空いてレストランに入ったとします。

 

一般的な日本のお店で出てくるのは、お水とおしぼりでしょうか。

 

あとは……?

 

 

なぜなら、料理の注文をしていないから。

 

 

今の自分が食べたいメニューを注文して、

初めて自分の食べたいものが食べられるのです。

 

 

 

人生もこれと似ています。

 

ただ明るい未来を手に入れたいと望んでも、その明るい未来が何なのか。

 

大切なのは、そこです。

 

 

一口に「明るい未来」といっても、人それぞれ、同じ人でもその時々で変わるでしょう。

 

 

 

今のあなたにとっての明るい未来とは、どんな未来ですか?

 

まずは、そのことについて真剣に考えることから始めましょう。

 

それが、まさに「明るい未来」を手に入れる一歩なのですから。

 

 

 

次回は、「どん底」についてです。

 

 

それでも一日は過ぎてゆく

 

一昨日は義母の92歳の誕生日で、子世代・孫世代、

さらには曾孫も参加してのお祝い会を開催しました。

 

正直、あと何回お祝いできるかと思うと気合が入り、

ビンゴ大会もある楽しい会となりました。

 

 

 

 

その後、義兄の家に遊びに行き、会話も弾んだ分ワインも進み、

昨日は何年振りかの二日酔いで一日、ソファーで寝転がって過ごしました。

 

 

 

 

それで思ったのは、何もしなくても一日は、ちゃんと過ぎてゆくということ。

 

 

一日に、これとこれとこれをしなくては、あなたの一日は終わらない

 

 

と言われたら、これはキツイ。

 

 

だけど、なにもせず、ただゴロゴロしているだけでも、

一日はちゃんと過ぎて行ってくれるというのは、

なんともありがたいと感謝したのでした。