プロジェクトペーパー

プロジェクトペーパー。

 


 

 

色々なサイズがあり、コピーしたときに写りにくいブルー罫です。

 

 

 

このA3の5ミリ方眼は、主に小説のプロットなどを書くときに、縦にして使ってきました。

 

A4のノートやレポート用紙でもいいのですが、

A3サイズだと一目で全体が見渡せるので、わたしには便利なのです。

 

ブルー罫が、文字の邪魔をしないところも氣に入っています。

 

 

小説を書くときは、登場人物の生まれた時からの人生すべても考えます。

 

つまり、その場の状況だけでなく、どんな人生を生きてきたかによっても

使う言葉が変わると思うからです。

 

 

例えば、同じ返事をするのでも、

 

 

うん

 

はい

 

ええ

 

へぇ

 

ふ~ん

 

など、色々ありますよね。

 

 

そんなふうに使ってきたプロジェクトペーパーですが、

今回は自分のこれからを考えることに使おうと、

久しぶりに出してきました。

 

しばらくは、自分と向き合う日々が続きそうです。

 


 

 

 

 

 

リフォームだから

ただいま自宅のLDKを絶賛リフォーム中です。

 

 

 

そう言うと、たいてい

 

 

住んで何年?

 

 

と聞かれます。

 

 

新築マンションを買って5年目かな~

 

 

と答えると、

 

 

え~っ、それでもうリフォームするの!?

 

 

と驚かれます。

 

 

 

いえいえ、リフォームですから…

 

 

 

と思うのですが。

 

 

 

昨年、夫が会社を辞めました。

 

そのとき、二人で話し合いました。

 

 

これから、

 

 

どんな生活をしたいか

 

どんなふうに生きたいか

 

 

 

夫も家にいる時間が長くなるわけで、

その中で二人がどうしたら家での時間をより楽しめるか?

 

 

そこで、二人で出した結論が、LDKのリフォームです。

 

 

 

repair 

 

ではなく、

 

rreform

 

 

古くなって傷んだり、壊れたから直すのではなく、

より良く方向へ改良するということです。

 

 

あと少し、工事に時間はかかります。

 

 

今は、せっかくの ‶ 仮住まい ″ という滅多にできない生活を楽しみたいと思います。

 

 


 

 

 

新宿なら、ここ

朝型人間のわたしは、 モーニングの美味しいお店には 目がありません。

 

 

そして、

 

あの場所に行くなら、あのお店

 

 

と決めているお店が何軒かあります。

 

 

 

 

新宿に行ったときに、 ぜひ行きたいお店はバスタ新宿にある SAWAMURAです。

 

 

軽井沢や広尾などにもお店があるようです。

 

いつも注文するのは、これ。

 

 

 

ベーカリーも併設されているので、 なによりパンが美味しい。

 

 

そして、ベーコンがまた旨い。

 

ミニスープは、 ニンジンのポタージュでした。

 

 

併設されているベーカリーで買ったパンを レストランで食べることもできるようです。

 

 

 

お店の雰囲気も好きで、 ちょっと異国情緒が味わえるのも楽しいです。