「終わりよければすべてよし」のタイ旅行 ①

先月、ゴルフ友だちとタイに行ってきました。

目的はもちろんゴルフです。

 

行くことになったのには、こんな経緯がありました。

 

ゴルフ仲間の一人に、某航空会社で長くチーフパーサーを務めたA氏は、

10数年前に退職し悠々自適の生活を送っています。

 

彼は寒いのが苦手で、毎年1月の中旬から一ヶ月ほど東南アジアに行き、

週に3~4回ゴルフをして過ごしているのです。

 

 

いいなぁ~

 

と、わたしたちはいつも羨ましがっている側でした。

 

 

ところが、昨年、S子さんが

 

 

来年は、わたしも行く!

たとえ、他に行く人がいなくてAさんと二人でも構わない!!

 

 

と高らかに宣言。

 

 

その場のノリで、

 

わたしも行く!

 

と思わず口走ってしまった、わたし (^_^;)

 

でも、この時はまだ、

 

 

そうは言っても、行かないだろうなぁ

 

 

と、のんびり構えていました。

 

 

 

しばらく経ったころ、S子さんから

 

 

Aさんから航空券とホテルの予約の仕方を教えてもらったよ

 

 

とのメール。

 

行先はタイ。

 

 

メールを見ながらパソコンをいじっていたら、

予約ができてしまいました。

 

 

へぇ~

こんなんで予約ってできちゃうんだ~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ところがサイトの注意書きを見ると、

 

キャンセル不可

 

とあるではありませんか 😨

 

超早得割りのチケットや予約のため、

もしキャンセルしてもお金は戻ってこないとのこと。

 

ガ~ン

 

ホントに行くの? わたし???

 

 

そのうえ夫も気持ちよくオッケーしてくれちゃって、

タイ行きが確定してしまいました。

 

それが昨年7月のことです。

 

あ、わたしとS子さんは初めてのタイなので、往きの飛行機はA氏と一緒。

同じホテルに泊まり、4日滞在して帰国。

A氏は、そのまま一人残る。

そういうスケジュールです。

 

 

ここまで準備が整っても、わたしはまだ半信半疑でした。

だって予約したのは7月ですからね。

実感なんて湧きません~!

 

けれど、S子さんは大喜びで早々にガイドブックを買って、

色々計画を練っていたようです。

 

 

そうそう、ここでS子さんのおとぼけ話を一つ。

 

彼女は、航空機の席の事前予約の際に、

わざわざ航空会社に電話して、

 

 

画面のよく見える席は、どこですか?

 

 

と聞いたそうです。

 

 

???

 

 

S子さんは、わたしより少し年下。

バブル絶頂期にOL生活を送っていた女性です。

その頃は、友だちと海外旅行にもよく行っていたそうですが、

その後仕事のことやら家のことやら色々あって、

ここ20年近く海外には行っていなかったのです。

 

 

画面は、各座席に付いております

 

 

との説明を受け、電話口で赤面したそうです。

 

 

もう、いつの時代の話してんのよ~

 

 

と、わたしもからかったりしていたのですが・・・

 

 

まさか、実際に出発してから、

わたしが次から次へと騒動を巻き起こすことになろうとは。

その時は、まだ予想すらしていませんでした。

 

 

(つづく)

 

 

 

 

思いつきのひと言

テレビのニュースなんかを見ていると、

 

あぁ~

最近は変な事件ばっかり

嫌な世の中になったなぁ~

 

なんて思ってしまうことも多いのですが…

 

普通じゃないことだからニュースになるわけで…

 

普通じゃないニュースのその向こう側に、圧倒的大多数の普通で当たり前の世界が存在している。

 

ということを、ついつい忘れがちだなぁ。

思いつきのひと言

よく、色々な国が、

 

そもそも、ここは我々のものだ

 

と、土地や海の支配権を主張するけれど…

 

 

歴史を、自分たちに都合のいいところまで遡っての主張は滑稽だ。

 

 

土地も海も、そもそもは地球のもの。

そこを、わたしたちは使わせていただいている。

 

わたしは、そう思います。