「終わりよければすべて」のタイ旅行 ④

 

さて、無事飛行機に乗り込みまして

 

わたしの席は

S子さんは、通路を挟んだ

そして、わたしの前の

 

いよいよ離陸です。

 

 

 

わたし、結構、この離陸する時の感覚好きなんです。

スピードがぐんぐん上がっていって、そしてフワッと浮き上がる。

 

たまりません~

 

あ、でもジェットコースターは、全然ダメなのです。

人間の感覚って面白いですね。

 

 

話が逸れました。

 

飛行機は無事離陸し、しばらくすると安定飛行に入りました。

乗客も、どこかホッとして、荷物を出してみたりゴソゴソしだすとき。

その時、氏が、いきなり座席をど~んとマックスに倒してきたのです。

 

マックスです!

マックス!!

 

 

角度にすると、約130~140度ですかねぇ。

 

 

おっと~

 

 

なんとなくイヤな予感…

これから約6時間、この人の後ろか~

でも、とりあえず我慢。

 

 

食事タイムには、当然のことながら背もたれはすっかり元に戻されました。

 

しかし食事が終了すると、再び背もたれマックスに。

と思ったら、背もたれマックスのまま、自分は体を起こしてパソコンをいじり出しました。

 

多分、タイに赴任中、あるいは出張のサラリーマンなのでしょう。

(以降、氏のことはサラリーマン氏とします)

 

にしても、

 

パソコン使うなら背もたれ戻せよ!

 

心の中で叫びます。

しばらくすると、サラリーマン氏疲れたのか、突然

 

あーあ

 

と大きな声を出しました。

 

あーあ

 

と、大きな声を出しながら、マックスの背もたれに体を預け、両腕を思い切り伸ばしたのです。

 

気持ちよさそうに

 

あ~あ

 

と言いながら、伸びをしたわけです。

当然、彼の両手は、わたしのすぐ眼前に。

 

うぉっ

なんだぁ?

 

わたしは、「このやろう」とばかりに、

その両腕をパシッと払い落とし…

 

たかったけれど、我慢しました。

疲れた時のこのポーズ、気持ちはわからないでもない。

 

続いてサラリーマン氏、靴を脱いだ足を前の壁にガバッと立てかけました。

(この表現でわかっていただけますかねぇ)

 

 

 

わたしの頭の中で、

 

プチッ

 

と、小さな音がしました。

 

 

 

これからの数時間、この男の後ろで我慢し続けるのは精神衛生上よろしくない。

 

小さな決意をしました。

 

あの~

 

後ろからサラリーマン氏の肩を軽く叩いてお声がけ。

 

ここエコノミー席で狭いので、もう少し背もたれを戻していただけませんか。

 

サラリーマン氏曰く。

 

いくらエコノミー席だからって、背もたれは倒れるようにできているし、ここはそうしていい席なんだ。

 

???

 

意味不明~

 

エコノミー席に、そんな特別席があったのか?

 

確かに、壁のすぐ後ろの席は前が広くなっているので、人気の席と聞いたことはあります。

でも、それはお得感のあるラッキーな席なのであって、

後ろのことも考えず好きにしていい〝 特別席 ″ ではないのでは?

 

 

 

だいたい、あんたさぁ

じゃあ、車が200キロまで出せるようにできているからって

どこもかしこも200キロでぶっ飛ばすか?

制限速度は守るだろうし、横を人が通ったりしたら徐行するだろうが

てめえみたいなのを、手にした権利を振りかざすことしか考えない

『権利バカ』って言うんだよ!!

 

 

と、言いたいのをグッとこらえました。

ここで揉めると、回りの乗客を不愉快にさせるし…

 

 

とはいえ、席をマックスに倒されたままだと、

わたしは自分の座席の画面が光っちゃって全然見えない。

いくら6時間ほどの旅とはいえ、退屈しちゃうよ!

 

そこで考えたのが、席を移動するということ。

 

CAさんに事情を話し、どこかに空いている席はないか探してもらいました。

 

ですが、残念ながら満席だったようです。

するとCAさんがチーフパーサーらしき男性を連れてきました。

わたしは、再び「これでは画面が見えない」と言いました。

すると、チーフパーサーは言いました。

 

あなたも同じように席を倒せば見える

 

 

え~!

そうですか!!

そういうもんですか!!!

 

 

目から鱗というか、びっくり仰天というか…

だって、それ、後ろの席の人にわたしと同じ思いをさせろってことですよね。

わたしの中にそういう発想はありませんでした。

ある意味、新鮮な発想。

でも・・・

 

 

わたしにはできない!!

 

 

もちろん、こんなやり取りをしている間も、

前席のサラリーマン氏は全くの知らん顔。

 

 

おめえのことだよ。

おめえのことで、こんなに揉めてんだよ!!!

 

と思ったけれど我慢しました。

 

 

そこで再チャレンジ。

 

あの~

 

再びサラリーマン氏に声をかけました。

 

テーブルで作業したいので、席をもう少し戻していただけませんか?

 

作業したいと言えば応じてくれるかもと思ったのです。

 

 

眠い

 

のひと言で却下。

 

 

きぇ~い

 

 

の掛け声と共に、前席をガ~ンと蹴り上げ、頭から水をぶっかけ

 

たかったけれど、我慢しました。

 

 

だって、わたし大人だもん。

そんなことをすれば、わたしの方が変な奴にされる。

こんな奴のために、なんでわたしが変人扱いされなければならない。

 

でも、

 

心の中は嵐。

 

 

 

それでも、わたしがグッと堪えたのは、

 

もしかして、わたしの方が間違っているのか?

 

と思う気持ちもあったから。

 

 

そんなこと、ありませんか?

 

自分が正しいと信じてきたことが、周りの人に当たり前のように否定されたとき、

 

もしかして、わたしが間違っているのか??

 

と、自分の価値観を疑ってしまうってこと。

そんな経験、ありませんか?

 

 

半分は、そんな状態。

もう半分は、飛行機を降りたらA氏に聞いてみようと思っていたから。

長年航空会社でチーフパーサーとして働いてきたA氏に聞いてみよう。

 

そう思って、じっと我慢していたのでした。

 

 

さて、通路を挟んで座っていたS子さん。

 

坐骨神経痛との戦いに必死のご様子。

 

たまにチラッと見ては、

 

大丈夫?

 

と声をかけてみたのですが、

 

ウン

 

と小さな声で応えるのみ。

 

あとは、お地蔵さんよろしくジ~ッつと固まってました。

ご苦労様でございます。

 

 

さあ!

そうこうするうちに、

やっと

やっと

飛行機がタイに着きました。

 

 

わぉ~!!

 

 

叫び出したいほどの喜びと解放感。

 

 

喜び勇んで飛行機を降りると、A氏に中でのことをまくしたてました。

 

 

ま、たしかに座席がそういう風にできてるからね、

倒すのがダメとは言えないわなぁ。

 

 

ダメなんて言ってないよ。

少し戻してほしいとお願いしたんだよ。

だいたいエコノミーにそういう特別席ってあるの?

 

 

A氏、笑いながら、

 

 

あるわけないよ。

エコノミーはエコノミーだよ。

 

 

でも、ここはそういう席なんだって言ったもん。

 

 

そういう奴、結構いるんだよね。

俺は、さんざんそういう奴の相手をしてきた。

特に、タイとかに赴任している奴って、

(タイではいい待遇だから)なんか勘違いしてるのが多いんだよね。

 

 

そうだ、そうだ!

アイツはおかしい!

ほんと感じ悪かった!!!

 

 

中での出来事を思い出して、新たな怒りに燃えるわたしの足取りは、

どんどん早くなり、一緒に歩くA氏もまた軽やかな足取り。

 

哀れ、坐骨神経痛で摺り足歩行のS子さんは、

どんどん遅れる

離れていく~

 

 

 

やがて、入国審査場に到着。

 

振り返ってみてもS子さんの姿は見えず…

入口でS子さんを待つというA氏のお言葉に甘えて、

わたしは一足先に、審査を待つ人々の列に加わりました。

 

 

いよいよ、タイだわ!

ここで気持ちを切り替えよう!!

もうここで、飛行機の中での嫌なことは忘れよう!!!

 

 

 

希望に胸を膨らませ審査を待つわたし。

 

 

まさか、新たな試練が、またここでも待っていようとは、

誰が想像したでしょうか。

 

(つづく)

 

 

 

 

 

 

「終わりよければすべて」のタイ旅行 ③

旅行出発日当日の待ち合わせは、朝8時に荷物の宅配受け取り窓口で。

 

ゴルフバッグとスーツケースは前もって空港あてに送ってありました。

かさばる冬物コートは、そのままそこで預かってもらいました。

(1日200円で預かってもらえます)

 

わたしが待ち合わせ場所に着くと、すでにA氏とS子さんは到着していました。

 

 

これからお世話になります。

 

よろしくお願いします。

 

 

と、一応互いにご挨拶。

 

 

コートを預け荷物を受け取ると、チェックインカウンターへ。

 

セキュリティチェックも、出国審査も無事終えることができました。

 

さあ、あとは出発までコーヒーでも飲みながら過ごしましょう。

 

 

ここへ行こうと思ってるんだけど


 

A氏に尋ねるS子さん。

 

ここへは、どうやっていけばいいの


まるで、親子のようです。

 

 

 

そうこうするうちに搭乗時間になりました。

 

 

さあ、いよいよ出発。

本当にタイへ行くんだぁ~

ルンルン

 

 

ようやく実感が湧いてきました。

 

 

飛行機の座席は、事前にS子さんが、通路を挟んで隣同士になるように指定しておいてくれました。

 

下の写真は、実際に乗った飛行機のものではありませんが、機内はだいたい似たようなもので…

 


 

さて、わたしが乗ったのはの席。

通路を挟んで隣のがS子さんの席。

 

あれれ???

 

なぜか、わたしの前の席に、目立つ赤丸が…

 

そう、実は離陸後、この席に座ったサラリーマン氏とのバトルが勃発するのでした。

 

(つづく)

 

 

 

 

 

 

「終わりよければすべてよし」のタイ旅行 ②

飛行機とホテルの予約までしておきながら全く実感の持てないわたしに、

S子さんから連絡がありました。

 

年が明けたら、タイ旅行の打ち合わせをしよう!

 

どうも、彼女はタイ滞在4日間のすべてのスケジュール案を

すでに作成している模様。

 

 

年が明け、打ち合わせの日となりました。

 

わたしは、前日に慌てて買ったガイドブックを携えて、

彼女が予約しておいてくれたレストランへと向かいました。

 

 

え~っとね、

 

美味しいランチをいただきながら、

S子さん考案のスケジュール案が披露されます。

 

 

一日目の夕飯はタイすきでしょ

二日目は〇〇を食べてぇ

三日目はゴルフをお休みして、タイの焼き物を見に行って、

それからホテルでエステでしょ

でもって四日目は・・・

etc etc

 

 

わたしに、前日せっかく買ったガイドブックを開くチャンスは、

結局一度もありませんでした。

 

唯一、ホテルで受けるエステのメニューの希望を伝えたのみ。

 

こうして、打ち合わせを兼ねたランチタイムは終了。

 

 

ま、これだけ考えておいてくれるなら、

わたしは、ただついて行くだけでいいし

 

 

あくまでボ~っとしたままのわたしでした。

 

 

ところで、実は彼女、

昨年の秋あたらりから坐骨神経痛を患っていたのです。

 

ゴルフのような腰の水平回転はできるそうですが、歩いたり階段を上ったりするのはかなりキツイそう。

 

なんといっても大変なのは、同じ場所に長く座っていること。

すぐに痛みが襲ってきて、耐えがたい苦痛だそうです。

 

 

一番心配なのは、往きの飛行機なのよね~

6時間も座席に座っていられるだろうか…

帰りはさぁ、もうどうなってもいいんだけど、往きがねぇ

 

 

坐骨神経痛が悪化しないように、タイ旅行に備えてゴルフを控えている彼女の不安はどんどん膨らんでいきます。

 

 

しょっちゅうトイレに立って、そのたびにストレッチでもしたら?

 

 

と、冗談交じりの月並みなアドバイスしかできないわたし。

 

 

レストランを出て駅へと向かう道でも、彼女は痛々しいほどの摺り足歩行。

 

 

なんか、お義母さんと歩いているみたい

 

思わず呟くわたし。

 

今年91歳になる義母は最近膝を悪くして、かなり歩行に困難をきたしているのです。

 

これが、本当にあと2週間ほどで遥々タイまで行って

ゴルフをしようという人の歩き方でしょうか?

 

 

このタイ旅行、一体どうなるんだろう…

 

(つづく)