歴史はつくられる

わたしの尊敬する師が、その昔こんなことをおっしゃってました。

 

かつて大虐殺が行われたという、まさにその時、その場所におられたそうです。

そして、ご自身の知る限り大虐殺というものは

経験していないし、見ていないし、聞いていない。

 

けれど、日本に帰ってきてそのことを話しても、誰も聞いてくれなかったと。

 

その話をされた時の、師の悲しそうな、悔しそうな、無念そうな、やりきれない様子を、

わたしは今でも忘れることはできません。

 

 

そのとき、わたしが痛感したのは、『歴史はつくられる』ということです。

 

 

 

 

例えば、この日本でも、藩同士、武将同士の争いは数えきれないほどありました。

 

現代に生きるわたしたちは、そのことを歴史の授業や小説などで知るわけですが、

それらは、そもそも歴史の文献を元にしています。

 

それでは、その歴史の文献は、誰が書き残したのか?

 

戦いに参加し、なおかつ書き残せる人物というと、

それは勝った側の人間でしょう。

 

負けた側で、書き残せるような立場にいた人物は、

たいてい殺されるか自害しているでしょうから。

 

そして勝った側は、おそらくは自分たちのしたことを正当化するような

書き方をするでしょう。

 

 

そうして歴史はつくられてきたし、これからもつくられていくのです。

 

 

 

だって、完全に平等・公平な見方のできる人間なんていないから。

 

 

ところで、わたしはアンケートなどの職業欄は、『主婦業』としています。

 

確かに仕事もしているけれど、

それでもやっぱりわたしの生活の大半は主婦業で占められているからです。

 

そんな主婦業のわたしでも、新聞・ニュース・ワイドショー・電車等の中吊り広告など、

毎日多くの情報や情報の切れ端に触れています。

 

その中から、どの情報を採用するか?

 

氣になるものは、ネットや本などで自分なりに調べます。

 

でも、どんなに調べても、どんなに人に聞いても、

それは『自分なりに』でしかありません。

 

行きつく先は結局

 

 

わたしは、こう感じる・思う・考える

 

 

です。

 

 

 

先日の『思いつきのひと言』で、

 

 

自分が正しいと思うことは、声高に叫ばない

 

 

と書いたのは、そういう意味です。

 

 

 

自分がどんなに正しいと感じ・思い・考えることでも、

それは『自分なりに』でしかない。

 

 

わたしは、そう思うのです。

 

 

 

 

本音と建前

まもなく彼の国に新たな指導者が誕生します。

そこで、言葉という視点から、

勝手な感想を書いてみようと思います。

 

さて、彼はその過激なもの言いで注目を浴び、

あれよあれよという間に選挙で勝ってしまいました。

 

これまで、いわゆるエリートたちによる小綺麗な言葉使いにウンザリしていた人々に、

 

彼は本音を言う!!

 

と受け入れられ、一躍人気者になりました。

 

 

ここで、質問です。

 

建前の言葉は、すべてきれいな言葉ですか?

 

逆に、本音というのは、常に汚ない言葉でしょうか?

 

違いますよね。

 

言葉がきれいか汚ないかということと、

本音か建前かということは、別のものです。

 

でも、わたしたちの心理の中には、

 

建前=きれいな言葉

 

本音=汚ない言葉

 

といった図式が、何となく出来上がってはいないでしょうか。

 

例えば、思わず本音を口走ってしまう時は、言葉を選んでいる余裕などありませんから、

いわゆる汚ない言葉になってしまうなんてことは、ありがちなことです。

 

でも、だからといって、

汚ない言葉が本音であるということにはなりません。

 

逆は必ずしも真ならず

 

です。

 

 

さて、話を戻しましょう。

 

彼は、親から引き継いだ事業を更に大きく発展させたそうなので、

優秀なビジネスマンのはずです。

 

上流階級で育ち、一流大学も出ているようです。

 

そんな彼は、果たして、きれいな言葉使いができない人物でしょうか?

 

大切な商談の席で、下品なもの言いをしたりするでしょうか?

 

 

です。

 

そんなことで、世界規模で事業を発展させることなと、ほとんど不可能です。

 

 

もちろん、こんなことはあります。

 

例えば東京育ちの営業マンが他県に異動になったら、

地元の商店の人と話すときなどは、その地方の方言を使う可能性は大です。

その方が受け入れられやすいからです。

 

つまり、ターゲットとする相手に合わせる。

 

ということです。

 

いわゆる営業トーク。

 

これを彼に当てはめてみましょう。

 

彼が、これまでの政治家から相手にされていないと感じていた人々の支持を得たいと考え、

あのような言葉使いをしたとすれば、それは本音と言えるでしょうか?

 

これは、彼に限らず、

己れの国、地方、会社など、

わたしたちを取り巻く人間関係すべてに言えることではないでしょうか。

 

言葉は文化であると同時に、

非常に有効なコミュニケーションツールという側面も持っています。

 

日々、様々な言葉がわたしたちの回りには飛び交っています。

 

だからこそ、言葉の上っ面に振り回されないようにありたいものです。

 

 

 

映画『本能寺ホテル』

今日は、映画『本能寺ホテル』を観てきました。

 

IMG_20170114_194743

 

タイムスリップする話は、これまでもたくさんありました。

その中で、歴史を変えてしまっていいのかと

悩む話もたくさんありました。

ありきたりの設定だと思いながらも行ったのは、

豪華なキャスト陣に惹かれてのことです。

見終わって、これは人の器の話かなと、わたしは思いました。

 

自分の器の大きさに氣づいているかいないのか。

 

あるいは、

 

自分の器の大きさに合った生き方ができているのかいないのか。

 

そんなことについて考えさせられました。

 

 

そして、あんな信長になら、森蘭丸でなくても、

どこまでもついて行っちゃうだろうなぁとも思いました。

 

そんな魅力的な信長を演じていたのは、堤真一さん。

 

信長の恐ろしさ、強さ、優しさ、

それらの表現バランスが絶妙なんですよね~

 

とってもチャーミングでした。

 

 

そして、

 

なにかを成すのは、自分でなければならないわけじゃない。

誰が成そうと構わない。

結果として、みんなが幸せになれるなら。

 

本当に、そうですよね。

 

 

 

あ、そうそう。

ラストで、風間杜夫さん演じるホテルマンの目に見えた光景とは?

一緒に観た人と話してみるのも楽しいと思いますよ。

 

じんわりとした感動を覚える作品でした。