亀戸香取神社

 
今日は、時おり日が差す中、
 
 
 
 
 
 
へ、お参りに行ってきました。
 
 
 
 
 
わが家の氏神さまです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
手水舎の龍神さんも、凛凛しい。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
狛犬さんも、やっぱり凛凛しい。
 
 
 
 
 
 
 
まずは、本殿にお参り。
 
 
 
 
 
 
 
 
再スタートした
 
 
 
 
 
 
の後押しを、お願いしました。
 
 
 
 
 
 
願い事をしながら触れると叶うと言われている石。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
自分の痛いところを洗い清めると、ご神徳があるそうです。
 
 
 大黒様と恵比寿様
 
 
秋に目の手術をする予定なので、心を込めて洗い清めました。
 
 
 
 
 
 
 
末社もたくさん~❤️
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
久しぶりの香取神社でした。
 
 
 
ありがとうございました。
 
 
 
 
 

さようなら、あけと

 
 
ホームページをリニューアルするにあたり、
屋号をつけようと思い立ったのが2年前。
すると、降りてきたのは、
 
 
あけと
 
 
という3文字。
 
 
屋号には向いている文字数では、ありますが・・・
 
 
 
 
あけと?
 
なに、それ?
 
 
 
って感じでした。
 
 
《あけと》に漢字を当てはめるなら、
 
 
 開け戸(扉)
 
 
になるなぁ~なんて、思ったり。
 
 
 
 
わたしのブログ記事やワークショップや講座を通して
色々な氣づきに出会い、人生の新たな扉をあけて欲しいとの願いを込めて
 
 
 
氣づきの学び舎あけと
 
 
 
という屋号にしたのでした。
 
 
 
 
 
あれから2年。
 
 
 振り返ってみれは、誰より
 
 
扉を開けた
 
 
のは、
 
 
わたし自身
 
 
だったと思います。
 
 
 
 
そして、今後は新たな名称で、
 
 
開けた扉
 
 
から、さらに
 
 
明るい未来
 
 
へ、皆さまと共に
進んで行きたいと思います。
 
 
 
 
さようなら、あけと
 
ありがとう、あけと
 
 
 
 
 

言葉選び

 
ここで具体的な例を挙げるのは、
色々と差し障りがあって、できないのだけれど……
 
 
 
何か問題が起きた時、話し合いをするに当たっての
 
 

言葉選び

 
 
という点で、例えば、
 
 
 
人格
 
 
 
とか
 
 
 
人権
 
 
 
とか
 
 
 
人の尊厳
 
 
 
だとかいった
 
 
 
もっともらしい
 
 
 
というか
 
 
 
立派な?
 
 
 
言葉を使うより、
 
 
 
 
可愛そうだから、こうしよう
 
 
 
という、平たい?言い方の方が
 
 
 
相手の心に素直に響く
 
 
 
ってことがあると思うのです。
 
 
 
 
もしかしたら、わたしの心がひねくれているのかも知れないけれど、
あんまり立派な言葉を使われると、
 
 
 
 
いやいや、あなた、それほどの人ですか?
 
 
 
と、つい突っ込みたくなるというか、
反発心が沸いてきてしまう時が、
恥ずかしながらあるのです。
 
 
 
 
わたしも、
 
 
 
ずいぶん心が狭い
 
 
 
というか、
 
 
 
 
嫌な奴だなぁ
 
 
 
 
と、思う自分がそこにいて、
それも、また、なんだか辛くなります。
 
 
 
 
ちょっと意味不明の文章で、ごめんなさい。