ことばはじめ

10月から新たに始める

 

ことばはじめ

 

 

この講座、

 

普段、何気なく使っている言葉のルーツを辿る旅に出る

 

と思ってください。

 

 

現代から、徐々に過去へとさかのぼっていき、

言葉の生まれる前まで戻ります。

 

そして、そこから言葉の生まれてくるまでを、

順を追って辿っていきます。

 

言葉の生まれてきた背景や理由を知ることで、

 

言葉を大切に使おうという意識が生まれます。

 

大切な人に伝える言葉を、丁寧に選ぼうという気持ちが芽生えます。

人とのコミュニケーションを大切に育もうという優しさが生まれます。

 

 

あなたをやさしく包む言葉の世界

 

一緒に旅してみませんか?

 

 開講スケジュール、近日公開!

 

 

東京のすごいところ

 
先日、大人のランチ会で色んなことを、互いに話したのですが、
わたしがちょこっと話して、後で改めて感じた、
 
 

東京へ出てきて

 

実際に住んでみて

 

実感した

 

 

東京のすごいところ

 
 
 
 
その1.
 
 
歌舞伎がいつでも観られる。
 
 
 
歌舞伎というと、東京には歌舞伎座、新橋演舞場、そして国立劇場とあり、
その気になれば毎日いつでも歌舞伎が観られます。
 
ミュージカルも、そうですね。
 
 
一人なら、その日ふと思いついて劇場に行っても、
どこか一つくらいなら席が取れる。
 
これって、地方じゃ考えられないこと。
 
東京って、すごい!
 
 
 
 
その2.
 
 
軽井沢が身近
 
わたしは名古屋で育った人間で、そんなわたしは名古屋は日本のへそ、
中心と思っていて、だからどこへ行くのも便利だと、
名古屋っていい場所にあるって、ずっと思ってました。
 
 
ただ、軽井沢は行くのに少々不便で、不便だからこその憧れみたいなのがあったのです。
 
 
ところが、東京へ出てきてみたら、近い!
 
 
軽井沢なんて、新幹線で1時間。
 
 
軽井沢って、こんなに身近な場所だったのね~
 
 
 
 
その3.
 
 
東京は、言うまでもなく日本の首都。
 
大都会です。
 
にもかかわらず、緑豊かな大きな公園があちこちに沢山ある。
 
これって、すごく嬉しくてすごいなって思います。
 
 
 
 
 
以上が、東京に住んでみてわかった、
 
 

わたし的東京のすごいところ

 
 
です。
 

ファミレスにて

 
 
珍しく、休日の昼時のファミレスに行きました。
 
 
 
 
 
すぐそばの席に、母子連れが2組。
 
 
 
その中の4~5歳くらいの娘さんが、お母さん同士が話に夢中だったからか、
かなりの大声でお母さんに話しかけていました。
 
 
はっきり言って、わたしにはうるさいと感じられるくらいの声。
 
 
 
 
 
それでも
 
 
 
ここはファミレスだし
 
今日は休日だし
 
それもランチタイムだし
 
 
 
と、じっとガマンしていたのですが……
 
 
 
 
その母子がドリンクバーに行くために、わたしの横を通ったとき、
女の子が、まさしく金切り声を上げ、
つい冷たい視線を送ってしまったのですね。
 
 
 
 
 
直後、
 
 
あのお母さんは、きっといつも
今のわたしのような視線を
受けているんだろうな
 
 
毎日、あの子どもの声を聞きながら
暮らしているんだろうな
 
 
気が滅入ることもあるよな
 
 
 
という思いが沸き上がり、猛省。
 
 
 
なぜ、もっと温かな眼差しを
向けることができなかったのかと。
 
 
 
 
 
子どもだって、
 
 
いつまでも騒ぐわけじゃなし
 
そのうち大人しくなって
(それどころか、ろくすっぽ話さなくなったり)
 
外食のマナーだって覚えるし
 
 
 
と。
 
 
 
 
誰もが、気持ちよく暮らせる世の中って、どんな世の中だろう。
 
 
 
と、休日の昼時のファミレスで、色んなことを考えさせられたのでした。