16.短大に通う

プロフィール連載も、ようやく花の短大時代に突入です。

han0204-049

     

           これまでの連載プロフィールの目次は、こちら

 

名古屋の片田舎の公立高校でノンビリとした高校生活を送っていましたが、真面目な子は、2年生になった頃から、もう受験のことを考えていたようです。

 

ねえ、どこまでやった?

 

と、参考書を小脇に抱えたクラスメイトに尋ねられたことがあります。

 

・・・・・?

まだ、2年だけど・・・?

 

そんな状態だったわたしも、さすがに3年生になると、受験のことを意識し始めました。

母からは、

 

国公立に行くなら、上の学校に行かせてあげる。

 

と言われていました。

高校を出てすぐに働くのは何となく嫌だなぁと思いました。

社会人になるのに、もう少し猶予が欲しいと考えたわけです。

そこで、遠方の国立大学の国文科と近場の公立短大の2つを受けることにしました。

大学に受かったら古文の研究をしたいという希望もあるにはあったのです。

しかし、父が入院してから亡くなるまでの4ヶ月があまりにも緊迫感に溢れた濃い4ヶ月だったせいか、高校に入った途端、わたしの緊張の糸はプッツリと切れてしまっていたのです。

どうしても、以前のように勉強に身が入りません。

一度切れた糸は、結局二度と張り直すことはできませんでした。

 

かくしてわたしは、あえなく大学入試に失敗し、公立短大に通うことになるのですが、その受験日当日のことを、次回にお話ししたいと思います。

46788bde726123a9f61816911930d602_s

◎◎◎ ⏪ 前   続き ⏩ ●●●

 

振り込め詐欺か?

わたしは、どうも、いわゆる権威を笠に着て威張り散らす類いの人間が氣になって仕方ない、というか許せない、ある意味困った性格でして・・・

 

* * * * *

 

先日、用事があって新宿に行きました。

約束の時間まで、まだ少し間があったので、とある喫茶店に入ったのですが・・・

 dst0004-001

わたしの席の斜め前の席に、二人の若者が向かい合って座っていました。

 

愛社精神がないヤツはだめだ。

 

とかなんとか聞こえたので、最初は就活中の学生が先輩の話を聞いているのかと思いました。

ところが、段々話がヒートアップしていきます。

どうも、会社の先輩が後輩に仕事、特に電話の応対について教えているみたいなのですが、その言い方が、なんとも気分が悪くなる感じで。

いやだなぁと思ったのですが、席が近いので、どうしても耳に入ってきてしまうのです。

汚い表現ですが、「胸くそが悪くなる」といった表現がピッタリくるような。

もしかして、振り込め詐欺のやり方でも教えてるんじゃないか⁉

と茶々を入れたくなるような言動が、次から次へと繰り出されてきます。

挙げ句に、

 

俺を見ろ

俺が話している時は、俺を見ろ

 

と、顔を赤くして、大きな声を出しながら、右手で自分の胸を叩き出したのです。

まるで、相手を威嚇しているときのゴリラのようです。

CIMG1732

そこで、ちょうど店を出る時間となりました。

わたしは、その席の横を通りしな、その先輩らしき男性の顔をじっと見て、

 

うるさい

 

と一言告げて、店を後にしました。

何も言わずに店を出るのが、多分最も安全で妥当な方法だったでしょう・・・

でも、一言言わずにはおれませんでした。

わたしの心の中には、もっと色んな言葉が渦巻いていたのですが、それらを全部言ったところで通じるとは思えなかったし、下手に言えば、

 

お前のせいで、俺が文句を言われた

 

と、目の前に座っているくだんの後輩に八つ当たりしそうだったし。

 

で、結局 “ うるさい ” という、わたしの素直な感想のみを伝える結果となりました。

 

* * * * *

 

わたしは、『言靈ワークショップ』というのをしています。

 

言葉は、すべて光の集まり。

言葉に、悪いものは一つもない。

言葉が人を傷つけたとしても、言葉に罪はない。

あるとすれは、それは、その言葉を使う人の思いにある。

 

これが、わたしの言葉に対する基本的なスタンスです。

人は言葉に自分の様々な思いを込めて使います。

だからこそ、言葉の本当の意味を知ることが大切だと思うのです。

本当の意味とは、辞書に載っている意味ではありません。

その言葉、一音一音に秘められたエネルギーのことです。

yuu0026-009

言葉が美しい光の集まりと知るだけでも、言葉の使い方は変わるのではないでしょうか。

声の調子や表情のみならず、選ぶ言葉自体も変わるかもしれません。

回りまわって、その人を取り囲む環境すら変わる可能性があります。

もっと、言葉を知って大切にしませんか?

 

『言靈ワークショップ』については、こちら

 

決めつけない

真面目で真っ直ぐな人ほど、早急に結論付けたがる傾向があるようです。

 

『思い』が『現実』を創る

 

とは、よく言われることですね。

なにかに遭遇した時に、

 

あ、これは、ダメだな

 

と決めつけてしまうと、その決めつけた通りの現実を引き寄せます。

つまり、「ダメ」な現実をです。

 

trt0013-002

でも、引き寄せた本人は、意外と

 

ほら、やっぱりダメだった

 

と、納得しちゃってたりして・・・

ま、これはこれでいいと言えばいいんですけどね。

本人は納得してるわけだから。

でも、なんか、もったいないと思いませんか?

roa0039-051

 

 

つづきは、また・・・