思いつきのひと言

女はお姫さまだと思うのです。

お姫さまでありたいと思うのです。

お姫さまであって欲しいと思うのです。

 

だからといって、女らしくするとか、可愛らしくするといった意味ではありません。

 

古今東西、ヤンチャなお姫さまというのは存在するわけで…

 

でも、けっして女王様ではないのです。

 

何が違うのかなぁ~

 

たぶん、初々しさ。

 

いくつになっても、女はどこか初々しさを持っているといいんじゃないかなと。

 

その方が楽しいし、自分が楽しければ、回りもきっと楽しいと思うから。

変化への準備は着々と

今は変化の時代と言われています。

変化の波にうまく乗るために、心の準備をしましょうとか、

断捨離をして環境を整えましょうとか、

様々言われています。

 

そのせいでしょうか。

昨年末あたりから、わたしはよく昔の夢を見るようになりました。

もともと夢はよく見る方ですし、

夢からメッセージを受け取ることもままあります。

 

かつて仲の良かった友だちや、ちょっとした因縁のあった相手と親し気に話す夢だとか、

昔のアルバムや日記を見ている夢だとか、

髪を見事なショートにカットして、ほぉーっと見惚れている夢だとか、

 

きっと、過去を整理・浄化して、来るべき変化に備えているのでしょう。

 

 

 

さて、昨日は、たまたま夫と

 

人生で大切なものを3つ選ぶとしたら

 

というテーマで考える機会がありました。

 

 

3つねぇ

なんだろう~

 

思わず二人して考え込んでしまいました。

 

 

 

しばらくして夫が、

 

やっぱり、まずは愛だろ

 

と言いました。

 

わたしが、

 

それと健康だね

 

と言いました。

 

 

 

あとは、やっぱりお金かなぁ

そうだね、この社会で生きるためには、やっぱりお金も必要だね

 

 

 

というわけで、わたしたち夫婦が考える人生で3つの大切なものは、

 

 

健康

 

お金

 

ということで落ち着きました。

 

 

 

 

そんな話をしたからでしょうか。

明け方、夢を見て大大大号泣してしまいました。

 

号泣ではありません。

 

大大大号泣です。

 

夢を見て泣くことは、たまにあります。

そんな時は、

 

ああ、浄化されたんだな

 

と思うわけですが、今回の浄化はハンパなく強力なものだったようです。

 

夢の内容はここには書きませんが、たぶん夫との過去世に関わるもので、

 

喪失

再会

 

のいっぱい詰まったドラマチックなものでした。

 

普段は夢で泣いても、目が覚めるとスーッと気持ちが落ち着いていって、

自然と涙も止まります。

 

ところが、今回は目が覚めてからも、今ここにいることを頭は理解しながらも、

あまりに夢の中での感情の波が強くて、心がいつまでたって鎮まることがありませんでした。

(後で、鼻が詰まって困っちゃった。。。)

 

 

けれど、その夢のおかげで、今の夫と出会い・結婚したわけがわかったような氣がします。

 

 

出会うべくして出会い

なるべくしてなったのだ

 

 

と。

 

 

だからといって、今朝から突然、わたしの夫に対する態度が

180度変わったわけではありませんよ ((´∀`))

 

 

けれど、夢で見たあの出来事は、確実にわたしに何かを残していったようです。

 

 

「終わりよければすべて」のタイ旅行 ⑤

坐骨神経痛で摺り足歩行しかできないA子さんは、まだ当分私たちの元にはやってきそうにありません。

 

 

オレがS子さんを待っているから、先に入国審査に進んでいいよ

 

 

と言うA氏の優しさに甘えて、入国審査の列に一人並んだわたしでした。

 

 

飛行機の中での嫌なことは忘れよう!

タイよ!

タイ!!

 

 

明日から始まる楽しい日々を思うと、心も踊ります。

 

さて、わたしの番が来ました。

 

パスポートと入国カードを係員に提示します。

 

 

ん?

 

 

係員が何か早口で言っている…

 

 

わからん

 

 

訳がわからないので、航空チケットを見せてみる。

 

後ろに並んでいたカップルらしき人たちが、

 

 

ほら、航空チケットも見せるんだよ

 

 

なんて、ささやき合っている。

 

 

いや、いや、たぶん見せなくてもいいはずなんだけどね…

 

 

 

No 

No

 

 

 

と、係員は、またもや早口で何やら言っている。

 

 

ニンゲントハ ヨソウモシテイナイコトヲ トツゼンイワレルト

アタマガ パニックヲオコシテシマイ 

リカイフノウニ オチイッテシマウ ドウブツナノダ

 

 

仕方がない。

奥の手を使おう。

 

わたしは、係員の目を見て、きっぱりとこう言いました。

 

 

 

I don’t   know

 

 

 

係員は、わたしの顔を見つめ、

やがて何かを諦めたように、「行け、行け」という仕草を見せました。

 

 

なんとか入国。

ん、もぐりこんだのか?

いや、これでいいのだ!

 

 

 

すると、わたしよりずっと後ろの方に並んでいたはずのA氏とS子さんが、

すでに入国審査を終えて、わたしを待っているではありませんか。

 

 

 

どうしたの~

わたしたち、すんなり通してもらえたよ~

 

とS子さん。

 

 

いや~

わたしも、何が何だかわからないのよ~

 

 

と、言いながら何気に見つめた彼女の手元・・・

 

 

 

わかった!!

 

どうしよう!!!

 

 

ええっ、なに、どうしたの?

 

 

焦るS子さん。

 

 

うん…

 

 

わたしはS子さんの手元を指さし、言いました。

 

 

出国カード

 

 

ん?

それがどうしたの?

 

 

わたし、入国審査で入国カードしか出さなかった。

 

 

え~!!

 

 

のけぞるS子さん。

 

 

なんでぇ~

勝手に切り取ってはダメって確か書いてあるよねぇ?

 

 

う~ん

いやぁ

入国するんだから、入国カードだけでいいと、なぜか思って、

ビリビリッと、切り…離し…ちゃった…

 

 

え~

信じらんな~い!

よくそれで通してもらえたよねぇ

だいたいさぁ、ゆみちゃん、最近しょっちゅう海外行ってるじゃない

 

 

・・・

う~ん

・・・

いつもはダンナと一緒だし

・・・

 

 

ニンゲントイウノハ トキドキ ジブンデモ リカイフノウナコトヲ

シテシマウ ドウブツナノダ

 

 

もう!

ごとうさんたら、ゆみちゃんを甘やかしすぎ

 

 

ダンナのこともよく知っているS子さんなのです。

 

 

ゆみちゃん

 

 

口調を改めて、S子さんは言いました。

 

 

今回の旅は、あなたの自立の旅にしなさいね

 

 

ふぁい…

 

 

うなだれるわたし。。。

返す言葉もありません。。。

 

 

 

まあ、なんとかなるぞ

 

 

大人の対応を見せるA氏の笑顔に救われます。

 

 

 

にしても…

 

 

入国だけして出国の予定がないかのようなわたしは、

ずいぶんと怪しい奴だ

 

 

と恥ずかしくもあり、

 

 

で、帰りは無事出国できるのか

 

 

と不安にもなり、

 

 

とりあえず入国はできたんだから楽しんで、

帰りのことは帰りに心配しよう

 

 

と、結局は開き直ったわたしなのでした。

 

 

 

やれやれとばかりに三人そろって荷物を受け取り、

タクシーに乗り込んで、いざホテルへ!

 

 

初めて見るタイの街並み。

想像以上に都会です。

 

 

 

明日から始まるゴルフ漬けの日々に心躍らせながら、車は一路ホテルへ。

 

まさか、このあと、この旅最大のピンチに見舞われるとは、誰が想像したでしょうか?

 

(つづく)