楽しく安全な?氣学

その昔、ちょっとの間だけ付き合った人の家は、とても氣学に傾倒している家でした。

 

いつも相談する先生も決まっているようで、引っ越しも時期や方角を観てもらい、

家族それぞれがいい日に新しい家に引っ越す。

受験の際は、いい方角が変わるたびに下宿を移る。

けれど、その人は大学在学中に司法試験に受かったので、

やっぱり効果があったのかなぁとは思うのですが・・・

 

極めつけは結婚相手も先生に観てもらい、ダメと言われた人とは結婚しないと平然と言ってのけたこと。

 

正直、引いた…

 

 

 

 

 

そして、夫のおばあ様もまた、氣学に凝っていたそうな。

 

いい方角が変わるたびに、家具を動かしたり・・・

 

 

 

 

そんなこんなで、わたしは氣学に対してあまりいいイメージを持っていなかったのです。

ただ、古のむかしより綿々と受け継がれてきている以上、

何かあるのだろうとは思っていました。

 

でも、それよりはまってしまうことの怖さの方が先だって、

足を踏み入れるのをずっと躊躇していました。

 

 

 

 

ところが・・・

 

 

 

出会ってしまったのです!

 

とんでもない人に!!

 

とてつもなく面白い人!!!

 

 

それが塩ねえこと、塩崎桂子さん。

⇒塩ねえのブログ

 

 

彼女が氣学をやっているのは知っていたけれど、ずっと尻込みしていたわたし。

 

だけど、彼女が企画する神社巡りには参加してました。

 

神社はわたしも好きだし、彼女の案内はすっごく楽しいし。

 

そこで、ちょっとずつ氣学のことも教えてもらうようになり・・・

 

 

目から鱗

 

 

かつての彼氏の家や夫のおばあさまが突き抜け過ぎていたのね。

 

氣学って、こんなに楽しいんだ。

 

そして、安全。

全国の氣学ファンの方、ごめんなさい。
でも、これが今のわたしの正直な感想です。

 

 

 

 

人は、

 

 

いい

 

 

と聞くと、その反対側にある

 

 

悪い

 

 

を勝手に想像してしまう。

 

 

だから、

 

 

いい

 

 

と言われると、ちょっと身構えてしまう。

 

そんなことってあるよね。

 

 

 

例えば、いい方角に行くときはいいけど、じゃあ悪い方角に行くときは?

 

なんか悪いことが起きそうで嫌じゃない?

 

だったら、最初から、いい方角も悪い方角も意識に上らせない方が無難じゃん。

 

って。

 

 

 

 

 

でも、塩ねえの氣学は、

 

 

いい!

以上

 

 

って感じ。

 

 

その反対側の「悪い」を寄せ付けない。

 

 

だから、「いい」方にだけフォーカスできる。

 

 

そして、気楽に楽しく無理なく、日々の生活に取り入れらえる。

 

 

 

あれこれ氣学について言っていたわたしでも、風水はいいなと思うことだけ取り入れたわけで、

同じように美味しいとこ取りできる氣学が、塩ねえの氣学かと思うのです。

 

 

昨日は、2016年の振り返りをして、それから今年2017年をどう生きるかを考えるという講座でした。

 

 

 

氣学を学ぶというよりは、氣学という便利なツールを使って、自分を振り返り、それを踏まえて新たに構築する。

 

そんな感じでしょうか。

 

こんな氣学なら、わたしも続けていけそうな気がします。

 

 

 

だってさ、この写真見ればわかるよね。

 

この塩ねえの笑顔というより、笑い顔を見ればさ。

 


 

 

 

昨日の講座で、低迷期のわたしは低迷期だからこそできることを見つけました。

この見つけたことを、どう具体化するかをじっくり考えて、

今年一年コツコツ進んで行こうかと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

思いつきのひと言

わたしの苦手なこと。

 

顔の見えない相手と話すこと。

 

つまり、電話で話すこと。

 

昔は、よく電話になると人格が変わるって、言われたっけ。

 

顔や仕草が見えないと、なんだかうまく話せなくて、すごく素っ気なくなったから。

 

そんなわたしが、小説やブログを書いたりしてるなんて不思議な気もするけど…

 

いえ、だからこそ、文字だけでどこまで伝えられるか、やってみたいんだと思う。

 

 

思いつきのひと言

なにがいいとか悪いとかではなくて、

 

なにがあろうと、それを明日を生きるチカラに変えられるかどうか。

 

大切なのは、そこだと思う。