映画『万引き家族』

今日・明日と先行上映の映画『万引き家族』を観てきました。

 

 

映画の前半は、万引き家族の日常が丁寧に描かれていきます。

 

 

こんな生活、長くは続かない

 

 

と思いながら観ていると、

あることをきっかけに家族の秘密が暴かれていくのですが……

 

 

リリー・フランキーは、もうこの人しかできないよね!

というほどのはまり役でしたが、

安藤さくらをはじめとした他の役者のみなさんも

本当に素晴らしかったなぁと思います。

 

 

 

わたしたちは、普段、いわゆる一般社会という常識の中で生きています。

 

それがあるべき姿と信じることで、

安心して暮らしていると思うのです。

 

 

でも、その一般常識というのを、

 

 

一度取っ払ってみたら

疑ってみたら

 

 

と考えさせられました。

 

 

 

後半で、警察官が(一般常識的親切心)から色々言うのですが、

それがとても残酷な言葉に聞こえてきてしまいました。

 

 

含みを持たせた終わり方で、

子どもたちの今後が気になります。

 

銀行って、おかしくないか

今度の日曜日、イベントに出展するにあたり、お釣用にお金を両替に銀行に行きました。

 

 

 

ATMコーナーには両替用の機械がなく、銀行でもキャッシュカードがないと機械で両替できないのは知っていたので、キャッシュカードを持っている銀行へ、わざわざバスに乗って行ってきました。

 

 

ですが、普段両替に慣れていないせいもあり、両替は中途半端なところで終了してしまった。

 

 

再チャレンジしようとしたら、機械での両替は一回しかできないとのことで、係りの人のところへ行くと、窓口でなら両替はできる。

ただし、この銀行に口座を持っている必要があるのだとのこと。

キャッシュカードを持っているので、それはクリアしてるんだけど、わたしの頭の中には沢山の「?」が……

 

で、仕方がないので窓口へ。

 

 

すると、今度は手数料がかかると言う。

 

 

それも540円も❗️

(この手数料は、銀行によって違うそうです)

 

 

わたしは、頭の中の「?」を解消すべく、窓口の人に聞いてみました。

 

 

両替するのにキャッシュカードがないといけないというのは、もし万が一偽造紙幣なんかがあったらいけないので、本人確認のために必要だというのならわかる。

 

でも、窓口で両替するのに本人確認できる免許証などがあればいいのではないか?

 

 

すると、窓口の方は、こう説明してくれました。

 

 

両替は、当行に口座をお持ちの方へのサービスなんです。

 

 

え、サービスなんですか❗️

(わたしは、これも銀行の仕事のひとつだと思っていた)

 

でもって、手数料取るってさ~

 

 

はぁ、これもゼロ金利の影響で

 

 

 

え~❗️

ゼロ金利って、それ預金者に向かって言う?

 

なんでもかんでもゼロ金利のせいにされてもねぇ

 

 

 

窓口の人は、

 

ご不満がおありでしたら、そちらのご意見箱へ

 

と言ったけど、そんなもの書いたところで、どのくらいのインパクトがあるのかな?

 

 

銀行側にしてみたら、

 

 

文句があろうと、どうせ銀行にお金を預けるしかないでしょ

 

 

と、澄まし顔なのかな~

 

 

 

久しぶりに、後味の悪い思いをしました。

 

 

 

 

 

奈良・京都の旅 その4

間が少し空いてしまいましたが、奈良・京都の旅、最終日です。

 

奈良と言えば仏像、京都と言えば庭

 

 

というのが、ざっくりとしたわたしの持つイメージですが、みなさんはいかがでしょうか?

 

 

さて、最終日にまず向かったのは、詩仙堂。

 

京都のお庭というと、難しい解釈が必要だったりすることもあるのですが、

こちら詩仙堂のお庭は、宗教観を特には必要としません。

 

 

かつてダイアナ妃も訪れたことがあるそうですが、

それは詩仙堂のお庭が難しい解釈なしに楽しめるからだそうです。

 

 

 

確かに……

 

 

ここは、いつ来ても何かしらの花が、必ず咲いているそうです。

 

 

あ、京都と言えば、もう一つ忘れてならないのが竹ですね。

 

 

そして、そのあと訪れたのは、下鴨神社。

 

 

神職の方に、珍しい場所もご案内いただきました。

 

 

十二単の着付けと舞も拝見しました。

 

 

 

それから八坂神社近くのイタリアンレストランにてのランチ。

 

 

 

そして、京都駅から新幹線で東京へと戻ってきました。

 

 

 

帰りの新幹線からも富士山が見えました。

 

 

連写で撮っていたら、水を張った田んぼに逆さ富士の写真が撮れていました~

 

ありがたや~

 

興福寺の天燈鬼があまりに可愛らしかったので連れ帰ることにしたら、

別のお店での買い物のおまけに龍燈鬼の絵はがきをいただき、阿吽が揃っちゃいました。