ことだま講座中級編を開催しました

昨日、はぴねすで≪あけと流ことだま講座≫中級編を開催しました。

 

ご参加くださったのは、入門編から続けて参加の艶ちゃんいこりんひろ子さん。

 

そして今回の中級編から初参加の紅萌さん。

 

以上4名の方々です。

 

 

 

 

中級編では、「あ行」「か行」といった各行のエネルギーの傾向についてのお話から。

 

たとえば、「は行」は、各行の中で一番はっきりとした明るい音の集まりです。

 

だから、「ハハハ」「フフフ」など、笑い声は、すべて「は行」ですね。

 

日本語は「ん」以外は、すべて母音と子音の組み合わせでできています。

 

なので、初級編で学んだ母音のエネルギーに加えて、各行のエネルギーを知ることで、

50音のエネルギー=ことだまを深く理解することができるのです。

 

各行のエネルギーを学んだところで、様々な日本語をことだま翻訳していきます。

 

「うれしい」と「たのしい」

「かなしい」と「さびしい」

 

これら似て非なる言葉のエネルギーには、どんな違いがあるでしょう。

 

 

あるいは、

「たいよう」「つき」「ほし」は?

 

みなさん、夢中で翻訳していらっしゃいます。

ことだまの世界にはまっています~

 

日本語のことだま翻訳に続いては、代表的な外国語の特徴についてのお話。

 

イタリアのイタリア語、ドイツのドイツ語、そしてアメリカにおける英語。

 

それぞれの言語にはどんな特徴があり、それらは何をわたしたちに教えてくれるのでしょうか?

 

外国語を理解することは日本語を理解することにつながります。

外国の人を理解することは、日本人を理解することにつながります。

 

互いに理解し合うことは、世界の平和にもつながるでしょう。

 

と、わたしは信じています。

 

 

外国語の特徴がわかったところで、日本語と英語の翻訳比べをします。

 

 

日本にはたくさんの外来語が入ってきています。

そして、わたしたちは日常的に、それらの言葉を使っています。

それも本能的に言葉のエネルギーに合わせて使い分けています。

 

 

そのことが、翻訳比べをすると、よく見えてきます。

 

 

中級編の締めは、自分宣言(言挙げ)です。

 

ご自分の名前のエネルギーを調べていきながら、そのエネルギーをどんな形で具体化していくかを考え、宣言文にまとめていただきます。

 

 

 

講座が終わると同時に、みなさんから

 

 

あ~ 面白かった

 

 

とのお声。

 

 

嬉しさに心が震える瞬間です。

この言葉を聞きたいがために、講座をしているようなものです。

 

あ、いやいや、日本語の面白さ・素晴らしさをお伝えするのが、一番の目的ですよ、もちろん。

 

 

 

参加者の方が感想をブログに書いてくださいました。

 

*エナジーリーフのひろ子さん

*クレイ・マムのいこりん

 

ステキなブログ、ありがとうございました。

 

 

参加者のみなさんに書いていただいた感想は、こちらからご覧ください。

 

 

なお、上級編は、5月開催の予定です。

日程はHPやブログ、フェイスブックでお知らせいたします。

もちろん、リクエスト開催・出張開催も可能ですよ。

 

お問合せは、こちらから

 

 

 

ことだま講座中級編のご感想

いこりん

 

Q. 講座に参加のきっかけは?

A. 入門編からはじまり、ことばの持つエネルギーのおもしろさにだんだんはまってきているから

 

Q. 一番印象に残ったことは?

A. 同じ言葉でも、訳す人によって違う訳になる。

この訳はエネルギーなので、違って良いのよーということ。

やっぱり言葉はエネルギーなんだなーと体感できました。

 

Q. 今後の講座に期待することは?

A. たのしいので言葉のエネルギーが体感できる講座がいいです。

 

いこりん、ありがとうございす。
エネルギーは抽象的なものです。
そのエネルギーを、どの方向へどのように使うかは、人によってはもちろん、
同じ人でも年齢や環境が変われば違っていいのです。
そんなエネルギー=ことだまの使い手になっていただきたいと思います。

 

 

 

ひろ子さん

 

Q. 講座に参加のきっかけは?

A. 初級編で学んだ日本語のエネルギーをさらに細かく知りたかったから。

 

Q. 一番印象に残ったことは?

A. 言挙げ

 

Q. 今後の講座に期待することは?

A. オリジナルマントラ作り♪

 

ひろ子さん、言挙げ、盛り上がりましたね。
楽しかったです。
上級編でのオリジナルマントラ作り、ご期待ください。

 

 

紅萌さん

 

Q. 講座に参加のきっかけは?

A. 言葉の「チカラ」に以前より興味がありました。

ごとう先生の不思議な雰囲気が気になっていました。

Q. 一番印象に残ったことは?

A. 自分の嫌いな姓が「ことだま」でみると全く違った意味を持つことに気がつきました。

 

紅萌さん、わたし不思議ですか?
ことだまを知ることで、ご自分の名前を好きになっていただけると、嬉しいです。
自分の名前を好きになることは、自分を好きになることに通じるからです。
これからも、よろしくお願いします。

 

 

 

艶ちゃん

 

Q. 講座に参加のきっかけは?

A. 紅子さんのブログを読んで興味を持った。

Q. 一番印象に残ったことは?

A. 言挙げ

Q. 今後の講座に期待することは?

A. サークルみたいのつくって、ワークショップみたいに気軽にみんなでことだま遊びしたい!

 

艶ちゃん、言挙げ「まさに!」っていう感じで、楽しかったですね。
ご提案いただいたワークショップ、近いうちに実現させます!

 

 

みなさま、アンケートにご協力いただき、ありがとうございました。

 

 

思いつきのひと言

人の人生と自分の人生を、比較しても意味がない。

 

どれだけ人の人生を羨ましいと思っても、人生を入れ換えることはできないのだから。

 

自分の人生を恨みながら生きるということは、毎日毎日自分で自分を殴り付けながら生きるようなもの。

 

自分で自分を傷つけて何になる。

 

そんなことより、自分に目を向け、自分の人生をよりよくすることに全力投球する方が、よほど健全でうまくいく。