運命数(ライフパス)は?

自分を知る方法はいろいろありますが、

本日は、数秘でわたしの運命数(ライフパス)を調べてみました。

 

 


 

 

運命数(ライフパス)は、生年月日をすべて足して一けたにすることで出せます。

 

 

 

わたしの場合は、

 

 

 

 

 

「9」というのは、「完成の数字」

 

つまり、「9」には、すべての数が内包されているわけです。

 

 

だから、

 

 

物事を完成させるエネルギーを持っている

 

 

と同時に、

 

 

複雑であらゆるものが混在している

 

 

とも言えるようです。

 

また、人の平和と幸福を願うというスケール大きい愛を持っている

 

そうです。

 

確かに、≪ことだま講座≫を通じて、世界を平和にしたいとすら考えてますからね。

 

 

 

 

もう少し、深く掘り下げるために、「9」になる前の数字も見てみましょう。

 

 

45

 

 

 

「4」と「5」を足して、最終的に「9」になっているのです。

 

 

 

「4」の意味するところ

 

キーワードは、現実性・信頼・基盤・建設者など

 

目の前にある問題を慎重に処理していける堅実な人。

自分の能力を高めようと絶えず努力し、時間をかけて大きな目標を達成していく。

 

 

 

 

「5」の意味するところ

 

キーワードは、自由・変化・無邪気・多才など

 

ひと言で言うと、「刺激やスリルを楽しむ自由人」

自分のやりたいことは、何が何でも実現させるパワーとエネルギーを持っている。

エネルギーを活性化させてくれる旅行や冒険も好きだが、忍耐力に欠ける。

 

 

 

なるほど…

こうして見てみると、なんとなく自分でも合点がいきますね。

 

 

 

先日の、<思いつきのひと言>で、自分の性格で厄介だなぁと思うところ

というのを書きましたが、まさに出ていますね、数秘にも。

 

 

「4」「5」というのは、相反する性格を持っていますよね。

 

 


 

 

 

「4」は、現実的で堅実で、絶えずコツコツ努力しているイメージ。

かたや「5」は、変化を好む自由人で、忍耐力がない。

 

 

 

ホントにそうなんですよ、わたしって。

 

 

まず、子どもの頃から短距離走は得意だったけど、持久走は大の苦手でした。

 

 

あるいは、

 

 

一日中、同じ場所にずっといるのが苦手。

たとえ、コーヒー一杯でも飲みに出て、外の空気を吸いたい。

 

 

 

そして、今振り返ってみると、欲しいものは結局全部手に入れるんです。

もちろん、紆余曲折はたくさんありましたよ。

でも、結局手に入れてるし、これからも多分手に入れていく…と思う。

 

 

 

 

その昔、ある占い師さんに、

 

 

あなたは、どんなに悪い運でも、無理やり力ずくでも幸運へと

持っていくだけのエネルギーを持っている

 

 

と言われたことがあり、それが妙に心に残っているのですが、

数秘にも出てますねぇ。

 

 

 

何か目標を見つけると、その目標に向かってコツコツ努力は惜しまず、

ちゃんと完成まで持っていきます。

 

でも、目標を達成したり、見失ったりすると途端にボーっとして、

あっちへフラフラ、こっちへフラフラ。

 

 

 

よく言えば

 

メリハリがある

 

悪くいえば

 

どっちつかず

 

かなぁ~

 

 

 

自分でも時々、自分自身をどう扱っていいか、わからなくなります。

 

 

 

 

でも、これも、また楽し。

 

 

 

いろんな自分がいるのって、飽きなくていいかも~

 

 

 

とも思うのです。

 

 

 

 

例えば≪ことだま講座≫を作るためには、どれだけでも努力できます。

でも、一息つくと、ボーっとのんびり温泉に行ったり。

 

 

自分の中に、いろんな自分がいるのって、

たくさんの種類の人生を生きているようで、お得な感じすらします。

 

 

 

 

だから、

 

 

そんなわたしが、大好きだ!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

助っ人のチカラを借りる

迷ったり悩んだりしているときって、ものすごくたくさんの思いで頭の中がいっぱいになりますよね。

なんだか、すごい悩みがあるような気がして、押しつぶされそうな感じ。

 

でも、書きだしてみると、あんなに頭の中をグルグル駆け巡っていたはずの思いが、

実はそんなにたくさんはなかったことに気づいたりします。

 

このところ、わたしも仕事のことで色々思うところがありまして…

 

 

色々考えて、書きだして、また考えて…

 

 

でも、そんな作業の際に、もう一人、客観的な視点から意見を言ってくれたり、

まとめてくれる助っ人がいれば、こんな心強いことはありません。

 

 

というわけで、わたしが頼りにするのが、佐々木紅子さん。

彼女のセラピストサポートというメニューです。

 

⇒紅子さんのHP 紅子☆ぷりずむ

 

 

サポートを受けたのは、新緑もまぶしい上野公園内カフェ。

 

前から気になっていたカフェです。

ですが、ごめんなさい。

話に夢中で、全然写真撮ってません。

後日改めて訪問し、<カフェめぐり>の方でご紹介したいと思います。

 

 

さて、席について飲み物を注文し一息つくと、

紅子さんがさっとノートを開き、

 

 

で、今日は、どんなご相談?

 

 

と、単刀直入に聞いてきます。

 

彼女のこういうところ、好きです。

 

一見ビジネスライクのようでありながら、

 

 

ちゃんと聞きますよ。だから話してね

 

 

という姿勢。

 

プロとしての矜持と、相談者に寄り添う優しさと。

 

だから頼りになるのです。

 

 

わたしは、とりあえず事前にまとめておいた、今日の趣旨をさっくり伝えます。

 

それから、彼女に聞かれるままに、

 

今の思い

 

これから何をどうしたいのか

 

どこを目指したい

 

何を伝えたい

 

自分が大切にしたいものは何なのか?

 

 

自分自身と向き合う作業も、彼女のサポートがあるので、気持ちよく楽しくできます。

 

 

ことばひらき

 

このみ(この身、好み)ひらき

 

みち(未来)ひらき

 

 

これらが、これからのキーワードになる予感。

 

 

 

すでに、みなさんに気楽に受けていただけるワークショップの構想も固まりつつあります。

 

お披露目できるその日まで、しばしお待ちください。

 

 

 

 

それにしても紅子さん、宿題いっぱいだよ!

 

 

紅子さんも、今回のことをブログに書いてくださいました。

 

 

 

 

ミュージアムショップはヤバい

先日、まだ桜がきれいに咲いている頃、上野東京都美術館行ってきました。

 

そして、寄ってしまったのです。

 

 

 

ミュージアムショップに。

 

 

 

ここは、ヤバい場所です。

 

 

 

並べられている品々に、ついつい目も心も奪われてしまうからです。

 

 

 

どれもが輝いて見えます。

 

どれもが、わたしを誘っているように感じられます。

 

 

 

わたしは、これまでの人生でナンパということをされたことがないのですが、きっとこんな感じ?

 

 

 

文房具や書籍やグッズが、

 

 

ねぇねぇ、ちょっと君~

ボクと楽しい時間を過ごさな~い?

 

 

と、誘っているようで、誘惑を振り切るのが、もう大変 💦

 

 

で、誘惑を振り切り振り切り、最終的にお持ち帰りしたのは、こちらのイケメン?たち。

 


 

帰宅してから塗り絵をしてみたり

 


ついでに梵字も書き加えてみました。

 

 

 

写経をしてみたり

 


 

 

 

これで、少しは悟りに近づけるかしらん