対策はお早めに

30年来の花粉症です。

 
 


 
ついには、春に加えて秋にはアレルギー性の喘息まで発症。
 
 
そうなると、一年の半分は花粉症の薬を飲むことになります。
 
 
 

これって、体にとってどうなの?

と、疑問に思い始めたある日……

いつものように薬を飲んだ途端、鼻が壊れてしまったのかというくらい、

鼻水が止まらなくなってしまいました。

 

水道の蛇口から水が流れ出るように鼻水が止めどなく流れ出てくるのです。

その時、決めました。

 

もう、薬を飲むのは止めよう

 

と。

 

今から5年ほど前のことです。

それから色々なことを試しました。

まず考えたのが体質改善。

 

体は食べたもので作られる

 

この当たり前のことを、ついわたしたちは忘れがちです。

けれど、体にどこか不調を感じるときは、まずは自分の食生活を

振り返ってみるのが一番です。

 

体質改善を目指したわたしは、マクロビの料理教室に通うことにしました。

マクロビ料理で体質改善を目指しながら、ホメオパシーのレメディも取り入れました。

 

体質改善には時間がかかります。

でも、花粉症は待ってくれません。

そこで、レメディを服用することにしたのです。

これで、ずいぶん楽になりました。

次に試したのは、夫と毎月通っているアーユルヴェーダのサロンで教えてもらった特効薬。

それは、黒コショウと山椒と生姜の粉末を混ぜたもの。

 

こんな感じ。

 

どれも、普通にスーパーの調味料コーナーにありますね。

これらを同量ずつ混ぜて、お湯で溶いて飲むだけです。

簡単に手に入って、効果は抜群。

わたしは小さな湯呑にティースプーン一杯くらいが飲みやすいです。

それを朝と夜の2回、飲みました。

寝る1時間前くらいに飲んでおくと、鼻づまりを起こさないようですよ。

ただ、少々喉や舌がヒリヒリするので、みなさんもそのあたりは氣をつけて

お試しください。

でも、即効性ありです。

 

さて、昨年からは、これを飲んでいます。

モリンダ社のマキシドイド。

ノニジュースをさらに飲みやすく、栄養価も高くしたものです。

これを朝晩飲みます。

これまで、様々な酵素ドリンクなども試してきましたが、

どれも口に合わなかったり、習慣にできなかったり……

 

ところが、マキシドイドは、夫やわたしの口にも合い

自然と飲み続けることもでき、とうとう昨年の秋には、

あれほどしつこかったアレルギー性の喘息もまったく出ませんでした。

一応、自分の体で試して効果の実感できたものをご紹介してみました。

 

 

芝居を見に吉祥寺に

昨日は、友人の息子さんが出ているというお芝居を見に吉祥寺へ行ってきました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ごんべい2
 
 
 
というお芝居です。
 
 
 
 
 
なんと、わたしの高校時代のあだ名は
 
 
ごんべー
 
 
でした……
 
 
 
 
 
 
 
さて、ずいぶん前のことですが、
一年に50~60本の芝居を見ていた時期があり、
生意気なようですが、そこそこ芝居を見る目はあると自負しています。
 
 
 
そんな生意気なわたしは、昨日、実は、少々上から目線で劇場に向かったのでした。
 
 
 
たくさんのお花も 花束
 
 
 
 
 
 
 
 
はじめに、演者の方々から劇場でのマナーなどについてのお話が面白おかしく語られ、いよいよ開演。
 
 
 
 
小劇場という小さな舞台での休憩なし2時間20分という、
結構長丁場の舞台でしたが、歌あり踊りありの賑やかな舞台でした。
 
 
 
そして、なんといっても殺陣の迫力といったら
 
 
 
この人たち、どれだけ練習したんだろう
 
 
 
と感心してしまうほどの完成度の高さ。
 
 
 
 
上から目線で劇場入りしたことが恥ずかしくなりました。
 
 
 
 
あ、それから八剣士たちの着物の衣装、
抜群にセンスがよくて思わず食いつきました~
 
 
 
息子さんの増留壮一朗くんと 笑顔
 
 
 
次の公演も、楽しみにしています。
 
 
 

どこにフォーカスする?

 
 
先日、友人が
 
 
 
幸せなんだけど、お金には縁がなくって……
 
 
 
と言うので、こんな話をしました。
 
 
 
 
 
 
知り合いに、念願のカフェをオープンした人がいます。
 
 
 
 
 
念願のカフェオープンではあるのですが、その人は、
 
 
 

お金を稼ぐ

 
 
 
ことに、嫌悪感を持っています。
 
 
 
 
けれど、貨幣経済の世の中では、お金は、どうしたって必要。
 
 
 
稼ぎたくはないけれど、食べてはいきたい。
(食べていかなくてはならない)
 
 
 
というのは、なかなかに難しい問題です。
 
 
 
 
 
 
そんな人は、こんなふうに考えてみてはいかがでしょうか?
 
 
 
 
 
 
 
 
自分は、念願のカフェをオープンした。
 
 
 
せっかくだから、一人でも多くの人に自慢のコーヒーを味わってもらいたい。
 
 
 
センス溢れる店で、ゆっくりくつろいでもらいたい。
 
 
 
そう考えて努力してお客さんが増えれば、
自慢のコーヒーやお店の雰囲気を味わってくださる方が増えます。
 
 
 
 
それは結果として収入増加にも繋がります。
 
 
 
 
けれど、その人にとっては
 
 
 

お金を稼ぐ

 
 
 
ためではなく、
 
 
 

一人でも多くの人に喜んでもらう

 
 
 
ことが目的。
 
 
 
 
これなら、
 
 
 

お金を稼ぐ

 
 
 
ことに否定的な感情を持っている人でも収入を増やすことはできます。
 
 
 
 
 
 
お金を稼ぐことに直接フォーカスするのではなく、
結果としてお金に繋がるなにか別のものにフォーカスすれば?
 
 
 
 
そう話すと、友人は
 
 
 
 

そっかぁ~ ハート

 
 
 
と、腑に落ちたようで、顔つきも明るく変わりました。
 
 
 
 
 
 
自分の中に折り合いのつかないものがせめぎ合っているときは、
ものの見かたや考え方を変えてみると、
意外と折り合える点を見つけ出せるものです。