シフトチェンジさせてもらえたみたい

昨年末から、様々な夢を見て、浄化が進んでいるということを、以前に書きました。

そして、前回の夢では、大大大号泣したわけです。

 

⏩ 変化への準備は着々と

 

 

まさに、浄化の嵐が吹き荒れたという感じでした。

 

これで浄化は終わったものと思っていました。

 

ところが・・・

 

 

 

 

さて、春分の日はスピリチュアル的に「リセットの日」だと言われています。

また、シフトチェンジが起こるとも言われています。

そのせいでしょうか、まるで、春分の日に合わせるかのように、

次から次へと夢見が続きました。

 

夢でメッセージを受け取ってきたわたしでも、

こんなことは生まれて初めてです。

 

 

いったいわたしの中で何が起こっているんだ~

 

 

と聞きたい気持ちでいっぱいです。

 

でも、誰に聞けばいいの~!?

 

 

 

 

 

それでは、簡単に夢をご紹介していこうと思います。

 

 

まず15日。

この日見た夢で印象深かったのは、美しい夜空というより、月の光景。

それは、この世のものとは思えない(夢の中だから、確かにこの世のものではない)、

なんとも不思議で見事な月だったのでした。

 

目が覚めてからも、しばし呆然としてしまい、

今もまだ鮮やかにわたしの脳裏に残っています。

 

 

 

 

 

 

そして、16日。

 

これまでは、過去の人々が夢に出てきていたわけですが、

この日夢に出てきたのは、まさに今わたしの回りの人たち。

 

 

彼ら(彼女ら)と共に、どこかへ行こうとしています。

 

そして、それとは別にわたし個人で、何かをする計画も立てているようです。

飛行機で行こうか、でも時差がどうだとかいいながら、バスにしようかとか。

夢ですから、つじつまが合わないところも、もちろんあります。

 

さらに大鍋で料理を作ったり、

神社へ行ったら、鏡から眩しい光が矢の如く出てきたり。

 

この日は、とても盛りだくさんの夢でした。

 

 

 

 

 

こうして、過去世や過去、そして現在の人々へと登場人物が変わり、

さらに未来を予想させる夢を見たことで、わたしの夢による浄化は終わったと思ったのですが・・・

 

 

 

18日。

 

出てきたのは、高校時代のクラスメート。

また、過去へと逆戻りです。

夢の後半でわたしは泣くのですが、その中にちょっと笑えることなんかもあったりして、

わりと静かで淡々とした夢でした。

 

 

 

 

翌19日。

 

目の前に、いろんなお金が並んでいます。

お金はみんな日本円で同じ金額ですが、内容が違う?

どれにしようか迷っていると、わたしの生年月日のお金があり、

わたしはそれを受け取りました。

 

 

いよいよ20日、春分の日です。

 

この日、わたしは夫とアーユルヴェーダのマッサージとシロダーラを受けに行きました。

 

 

 

お、シロダーラの時に、なんかすごい映像が見えたりして~

 

 

 

と期待したのですが、期待すると見れないもので、

ただこっちとあっちを行ったり来たりしていたような感じ、

つまりボーっとした状態のまま終了。

 

 

 

その晩です。

 

誰かが不思議な形のプレゼントをくれました。

わたしは、嬉しくて泣きました。

 

 

 

さすがにこれで夢見も終了かと思っていたら、

21日には、こんな夢を見ました。

 

 

なにかわからないけれど、仕事が入ってくるようです。

でも、その仕事は、今のわたしには縁もなければ興味もないもの。

 

 

目が覚めてから考えてみましたが、

今のわたしに縁も興味もないものは想像のしようがありません。

 

だから、考えるのは止めました。

 

 

そのうち、何か見えてくるのでしょう。

 

 

それまで待ちます。

 

 

 

 

年末からの見てきた夢。

特に、ここ数日は、本当に毎晩夢を見て、そしてよく泣きました。

 

前にも書きましたが、まるで春分の日に合わせるかのようでした。

 

 

 

これまでも、苦しいときに、

 

 

こういう夢を見たんだから、大丈夫だ

 

 

と、夢に支えられてきた部分もあります。

 

連載プロフィール

⏩ 34.漆黒の闇と魔法の呪文

⏩ 40.夢に勇気をもらう

 

 

 

どこかボーっとしているわたしを心配して、

大いなる存在がせっせとメッセージを送ってくれ、

それでも心配で、

 

 

 

とにかくシフトチェンジだけはさせておこう

 

 

 

と手配してくれたような、昨今の夢事情。

 

 

 

 

いつか、

 

 

ああ、あのときの夢は、こういことだったのね

 

 

と納得できる日がきたら、夢の詳細と共にまたご報告したいと思います。

 

「終わりよければすべてよし」のタイ旅行 ⑩

タイに着いて4日目。

 

朝からゴルフに行き、午後ホテルに戻って荷造り。

 

そして、夜の便でいよいよ帰国。

 

そんなスケジュールでした。

 

さてさて、渋滞に続く渋滞の道のりを乗り越えてゴルフ場に到着し、

しばらく休憩したのち、スタートしました。

 

 

 

あれあれ?

 

 

 

A氏が、

 

 

 

ごめん、ちょっとトイレ

 

 

 

と、何度も何度もトイレに…

 

 

 

Aさん、大丈夫?

昨日、私たちと別行動だからって、調子に乗って変なもの食べたんじゃない?

 

 

 

とからかいながらも、心の中では

 

 

 

わたしたちに気を使って疲れたのかな?

 

 

 

と心配してました。

 

でも、大丈夫、大丈夫って。

 

それでも、何度トイレに駆け込んだことか。

 

 

 

辛かったら、カートでずっと休んでいてもいいよ

 

 

 

とも言いましたが、ゴルフは止めたくないらしい。

 

 

それに、この日A氏についたキャディさんは、なかなかのカワイ子ちゃん。

トイレとゴルフの合間を縫って、A氏、カワイ子ちゃんと楽し気に語らっています。

 

 

 

もぉ~

Aさん、鼻の下伸びてるよ~

 

 

 

 

男なんて、所詮こんなもの?

 

いくつになってもスケベ心は無くならないようです。

 

 

 

 

とはいえ、ゴルフ場で体調を崩すのは、結構辛いものがあります。

 

必ずしも毎ホールごとにトイレがあるわけでもないし…

 

 

 

ティーショットを打っては、わたしたちが打つ間にトイレに駆け込み、

かわい子キャディさんと、ケラケラ笑い転げ、実に忙しいゴルフです。

 

 

そうして、ヘロヘロになりまがらも、A氏無事に18ホールを終えることができました。

 

 

パチパチパチ

 

 

あくまで心の中で、拍手してあげました。

 

 

 

 

 

さて、4日間のタイ旅行のスケジュールも無事すべて終了。

 

ホテルに戻り荷造りを終え、ホテルのロビーでA氏に見送られて、

わたしとS子さんは空港へ。

 

 

 

飛行機の座席は往路も復路もS子さんが、事前にとっておいてくれたものです。

 

わたしの席は、中央の4席の通路側。

S子さんの席は、通路を挟んでの隣の席。

このパターンは往復とも同じです。

 

 

前の席はどんな人だろう。

どうか、まともな人でありますように。

 

往路の機内で嫌な思をしたわたしは、祈りつつ飛行機に乗り込みました。

 

席についてひと息入れていると、

 

 

 

前を失礼します

 

 

 

と、若い男の子が、わたしの横の席にやってきました。

 

 

 

あらま、今時の子にしては、なんと丁寧な言葉遣い。

 

 

 

わたしの心が躍りました。

 

しばらくすると、その青年の隣の初老の女性が、座席の画面をあれこれいじっています。

 

どうもビデオを見ようとしているようです。

すると青年が、

 

 

ここをこうすると見れますよ。

でも、たぶん離陸してしばらくしないと、ビデオは見れないと思います。

 

 

 

と、丁寧に優しく教えてあげているではありませんか。

 

 

 

ほぉ~

 

 

 

わたしの心の中で花が開いていくようでした。

 

 

 

飛行機は無事離陸し、前の座席の人もシートを倒してくる気配はありません。

 

心底ホッとしました。

 

 

と、また件の老婦人が座席の画面に向かってゴソゴソやっています。

 

 

すると、隣の席の青年が、

 

 

 

ここをこうすれば見れますよ

 

 

 

と、まるで初めてかのように、丁寧に説明しているではありませんか。

 

ともすれば、

 

 

だからぁ~

 

 

と言ってしまいそうです。

気づかないふりをすることだってできちゃいます。

なのに…

 

 

 

ウルっときました。

 

色んな事があって、びっくりドキドキの連続の旅だったけど、

最後の最後に、こんな素敵な場面に出会えたことに感謝しました。

 

 

青年の丁寧な物言いは、ホントにステキでした。

 

 

そして、わたしはこれまでの人生で、美しい言葉に出会ったあとは、

必ず人生が好転するのです。

 

*連載プロフィール

 「35.靈山で遭難?」

 「41.美しい日本語は人生を好転させる」

 

 

 

青年との出会いは、そういう意味でも、わたしには嬉しいことだったのです。

 

 

 

 

これで、

「終わりよければすべて」のタイ旅行

の連載は、終了です。

 

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

 

 

* おまけ *

わたしとS子さんの買ったお土産の一部です。

 

 

実はタイに行く前から、像にご執心だったS子さん。

坐骨神経痛でなければ、像にも乗りたかったようです。

そんな彼女は

 


 

 

たくさんの像さんを買いまいした。

帰国してからみんなに配るのが楽しみと申しておりましたです。

 

 

そんな彼女に刺激されて、わたしも買ってしまったよ、ゾウさん。

 


 

こんな感じになります。

 


 

それから、タイシルクのランチョンマットとコースター。

 


 

 

お土産、買うのはもちろん楽しいけど、帰ってからも思い出と共に楽しめるのがいいね。

 

 

 

 

 

思いつきのひと言

苦しいことは不幸だろうか

 

辛いことは不幸なんだろうか

 

苦しいとこや辛いことが、幸福へ向かうコースに設定されたハードルと思えば、前向きに飛び越える勇気が湧いてはこないか?