苦しみの渦中にいるときは

わたしは、おせっかいです。

悩んでいる人や、苦しんでいる人を見ると、励ましたり、慰めたり、なにかアドバイスをしたくなってしまうのです。

でも、以前、紅子さんのセッションを受けたときに、こう言われました。

 

     紅子さんのセッションについては、こちらをご覧ください。

 

このセッション、メインは自分を守ってくれている存在(それを『チーム』と言い、わたしの場合は『チームゆみこ』です)と仲良くなって、いつでもアドバイスを受けられるようになるという楽しいセッションです。

紅子さん自体が楽しい人だから、余計に楽しいんです。

それで、そのときに言われたんです。

 

ゆみこさんは光の存在だから。

何にでも光を当てようとしてしまう。

でも、今はまだ日陰にいたい人もいる。

そのことを忘れないで。

それから、光って真っ直ぐ進むでしょ。

ゆみこさんも、そう。

真っ直ぐ進んでばかりでは、ダメなときもある。

 

結構、心に刺さりました。

思い当たるところがあったから。

だって、わたしおせっかいだから・・・

 

日陰にいるより、光の当たるところにいた方がいいじゃん、楽しいじゃ~ん

 

って、素直に単純に信じている能天気なところがあるんです。

 だけど、

 

いつかは、光の元に出ていきたいけど、今しばらくは日陰にいさせて欲しい

 

って思っている人も、確かにいる。

そして、真っ直ぐ過ぎて、ぶち当たってポキッってなったことも、また確かにある。

 

そうだよね。

気をつけないとね。

 

気づかせてくれて、ありがとう。紅子さん。

 

     わたしのセッションの様子はこちらをご覧ください。

 

でもね、でもさ、ね、ね、ね・・・

 

わたしは、来月57歳になります。

60年近く生きてきて、本当にこれといった悩みもなく、平和に暮らしていたなと思うのは、生まれてから父が癌と分かるまでの15年弱と、49歳で今の夫と再婚してから今日までの約9年。

なんと、60年のうちのたった24年!!

今さらながら、ちょっと驚きました。

 

      わたしのこれまでの人生、連載中です!

 

でも、今の平和は死ぬまで続くからね♡

そんな人生経験を踏まえて言えるのは、

 

今、苦しみの渦中にいるとしても、いつか必ず「あんなときもあったね」って、笑える日が来る

 

ということ。

ただし、笑える日が来てほしいと願えばの話だけど。

 

あんなに苦しかった出来事を、笑い話なんかに変えてたまるか

 

と思っていたら別の話。

でも、来るんだよ。笑える日が。

 

これもまた、よく人に言うことですが・・・

わたし、今の夫と再婚したとき、夫にこう言ったんです。

 

わたしたちは苦労の前払いをしたから、これから先は幸せしか来ないよ

 

そんな風に考える方が、楽しくないですか?

そんな風に信じる方が、楽しくないですか?

そんな風に生きる方が、楽しくないですか?

 

どう考えようと、何を信じようと、どこに向かって生きようと、それは本人自由。

でも、どうせなら、少しでも楽しいほうを選びましょうよ!

『 なまえの言靈 』感想

『 なまえの言靈 』ワークショップを受けてくださった方たちの感想です。

 

*エネルギーに帰るのってびっくり。自分の名前の通りに生きます。

*50音一つひとつのパワー。名前に秘められたパワー。今後、文字がエネルギーに見えてきそうです。

*大変面白かったです。

*自分の名前のエネルギーを知ることができて、自分の良さを確認すること ができました。『あなたとわたしの紡ぐ物語』もやりたいです。

*名前のイメージと翻訳を知ることができ、今後意識してみたいと思いま す。

*一番良かったのは、自分の名前を再認識したこと。

*本当に楽しかった! それに尽きます。

*わたしの名前の響きの意味は、翻訳すると、「変化、進化を恐れず完成す る」。自分では、そんなふうに思ったことなかったけど、そんな面もあるのかな?

*自分で選んだこの名前。そんな自分でいたいと思います。

*家族や友達の名前をあてはめてみては、なるほど~と興味深かったです。

*素敵な先生や生徒さんと素敵な時間を過ごせましたヽ(´▽`)/

*言葉は言の葉。言靈には、力が宿る

*印象に残ったのは、『自分の名前は生まれる前から自分で決めてくる』というお話。私は息子の名前を結婚するずっと前に夢で受け取っていたので、息子は私を選んで『この名前をつけてくれ!!』とずいぶんと前から託してくれていたのだなぁ・・・と感動☆

*ゆみこ先生のご指導はとても解りやすくメッセージもたくさん頂きました。 また再受講したいワークショップです。

*おとひめカードがとても美しく、自分の名前や夫の名前に表される色がこんなに美しいのが嬉しい気持ちになりました。

*言葉も波動も光の集まりだということが印象的でした。おとひめカードもとても美しくて色々ながめたいなぁと思いました。ごとうゆみこ先生もとてもわかりやすく教えてくださり楽しかったです。

9.夢のお告げは百発百中!

父が亡くなったのが、2月6日。

10日後の2月16日が、私立高校の入試でした。

その日の朝、不思議な夢を見て、起きるなり「受かった、受かった」と言いふらした私でした。

 

   前回のお話は、こちら ◎◎◎

 

そして、1か月後の3月6日が公立高校の入試日。

その日の朝は、特に夢も見ず、

 

あの時は、お父さんが死んだばかりだったから、特別だったんだな

 

なんて思いつつ、無事試験を終えたのでした。

 

サクラ

 

その頃の愛知県では、公立高校の入試は学校群制でした。

わたしも、〇群A校B校という学校群を受けました。

A校は、亡き父の母校。

B校は、名古屋市の外れにある可もなく不可もなくといった感じの高校です。

母には、3人の子供のうち、一人くらいはA校にとの思いがあったようです。

けれど、A校は、昔、愛知一中と言われていた、県下でもトップクラスの進学校です。

もし、そんなところに振り分けられたりしたら、わたしは落ちこぼれになりかねません。

母の思いとは裏腹に、わたしはB校に振り分けられ、そこそこの成績でノンビリとした高校生活を送りたいと願っていました。

 

さて、合格発表の日の朝、またまた夢を見ました。

それは、B校の方の掲示板にわたしの受験番号が載っているというものでした。

わたしは起きるなり、母に言いました。

 

わたし、B校だから

 

何言ってるの。これから見に行くんでしょ。

 

母が呆れたように答えます。

 

それから、2人で一緒に合格発表を見に行きました。

母は、いそいそとA校の合格者が貼り出されている掲示板の方へ。

わたしは、当たり前のようにB校の方へ。

 

もちろん、わたしの受験番号は、B校の方の掲示板にありました。

 

その後も、大学入試から就職試験の結果まで、すべて事前に夢で結果がわかりました。

まさに、百発百中です!

9f184e342697a56b831ff19a9a3fa576_s

 この話をすると、回りの人からは、よく「前もって分かるなんて、いいなぁ」と言われます。

でも、落ちるのも分かってしまうってのは、結構辛いものがありますよ。

 

なにはともあれ、わたしは無事希望する高校へと進学が決まり、ノンビリとした高校生活を送ることとなったのでした。

 

◎◎◎ ⏪ 前      続き ⏩●●●