念願叶って高千穂へ ~3~

高千穂の旅、最終日は岡城址と臼杵の町散策です。

 

岡城址です。

 

 

滝廉太郎で有名なところだそうです。

 

こちらも紅葉が真っ盛りで美しかったです。

 

 

偶然にも本丸跡で篠笛の演奏会が行われるところでした。

実は、彼女たちの右横に滝廉太郎の像があったのですが、撮り忘れました。

広島からいらっしゃった方たちだそうです。

『荒城の月』や『花』など滝廉太郎の曲を奏でてくださり、うっとり聞きほれました。

 

こうした場所で聞くのは、なお一層気持ちがいいですね。

 

 

 

岡城天満神社の天井、楽しいです。

 

 

さて、心地よい空間と時間を過ごしたあとは、臼杵へ移動。

 

 

初めて知りましたが、ここ臼杵は下関からも人がやってくるほどフグの美味しいところだそうです。

 

 

というわけで、まずはフグのミニ会席ランチ。

 

フグと言えば、やっぱりヒレ酒ですね。

 

蓋を開けたときの香ばしい香りと、お酒にしみ渡ったヒレの旨味がたまりません。

 

定番の薄造り

 

鍋の後の雑炊もきっちりいただきました。

大満足です。

 

 

臼杵のボランティアガイドの方の案内で、臼杵の街並み散策。

 

けれど、飛行機の時間が迫っていて、あまりゆっくりご案内いただけず、残念でした。

 

次回はプライベートでがっつり回りたいと思います。

 

 

最近、九州へ来ることが多いのですが、いつも思うのは、食べ物が美味しいということ。

九州は食の宝庫と言っても過言ではありません。

 

これからも、何かにつけて九州に足を運びたいと思います。

 

思いつきのひと言

わたしが、プロフィール連載や氣づきのに関する記事で言いたいことって、

 

苦労しない方法

 

ではなくて、

 

苦労の種から幸せの花を咲かせる方法

 

なんだと思う。

念願叶って高千穂へ ~2~

高千穂到着2日目は、朝から曇り空。

午後からは雨が降り出すとのことで、回る順番を変更して、まずは天岩戸神社へ。

 

 

 

天岩戸神社には、天照大神がお隠れになったといわれる天岩戸の洞窟があります。

ですが、そこは神域なので、神職の方からお祓いを受けたのち、ご案内いただきます。

写真撮影は禁止です。

 

入口の所に生えているのは、招霊木(おがたまのき)です。

 

 

ちょっとわかりにくいですが、なっている実に似せて作られたのが神楽鈴だそうです。

 

 

遥拝所に着くと神職の方から、

 

 

あの木々の間から見えるのが洞窟です

 

 

と説明を受けました。

 

夫の産土神が天照大御神でもあるためか、

 

 

いつも夫をお守りいただきありがとうございます

 

 

という感謝の気持ちで胸がいっぱいになり、涙が出そうになりました。

 

肝心の夫はというと、ノホホンとしてましたけど……

 

 

それから天安河原へ。

 

 

 

川を流れる水が、ガイドの方もびっくるするほどの澄みようで、感激しました。

 

 

願い事をかなえたい方が石を積んでいかれるそうで、いたるところ積まれた石だらけ。

 

 

 

みなさんの願い事が叶いますように。

 

 

 

高千穂牛の美味しいステーキランチをいただいたあとは、いよいよ高千穂神社へお参りです。

 

 

夫婦杉があり、その周りを夫婦でも友人でも手をつないで3回回ると、その後もずっと仲良くいられるそうで、わたしたち夫婦もコソッと回ってきました。

 

 

他のご夫婦は、もっとずっとベテランの方たちばかりで、今更回る必要もないようでした ((´∀`))

 

 

 

高千穂峡も散策しました。

 

高千穂峡と言えば、真名井の滝が有名ですね。

 

この日は、平日というのに、たくさんのボートが出ていました。

 

 

まるでわたしたちが散策を終えるのを待っていたかのように、

バスに乗り込むころに、ポツリポツリと雨が降り出してきたのでした。