11. 高校時代の思い出5連発 その1 ~初めて絵のモデルになる~

体操部に入ったわたしは、毎日、それは熱心に練習を重ねていました。

 そんなある日、クラスメイトで美術部のOさんが、わたしのところに来て言いました。

 

平均台で演技しているところを描かせてくれない?

 

わたしは、思わず心の中でニンマリしちゃいました!

 

絵のモデルだって~

 

もちろん、いそいそと平均台の上でポーズをとって、モデルになりましたよ!

ルンルン気分で!

PN2010102301000036.-.-.CI0002[1]

 

それから、絵の完成を心待ちにする日々が続きました。

1ヶ月くらい経った頃でしょうか、Oさんから絵が完成したとの知らせが!

ドキドキする気持ちを抑えながら、美術室へと向かいました。

 

ほら、できたよ!

 

Oさんが、誇らしげに絵を見せてくれました。

 

うっ・・・

 

そこにあったのは、ピカソと見まごうばかりの、凡人のわたしには理解不能な作品でした。

 

平均台は、どれ!

わたしは、どこ~!!

 The_Scream[1]

 

 ◎◎◎ ⏪ 前      続き ⏩●●●

 

落合シェフのディナーショー

DSC_2473

昨晩は、八ヶ岳のホテルで開催された落合シェフのディナーショーに参加してきました。

 

落合シェフって、テレビでしか見たことがなかったのですが、とても気さくでユーモアもあるチャーミングな人でした。

お料理は、どれも優しい味付けで分量も程よく(参加者の年齢層が高いせいもある?)、最後まで美味しくいただけました。

IMG_20150927_193410バーニャカウダとか…

  トリュフソースが美味だった~

 

IMG_20150927_193603魚介類のサラだとか…

  玉葱ソースの甘さがたまらない~

 

IMG_20150927_193517ウニのパスタとか…

    なんといっても、ウニがウニ臭くなくて~

 

IMG_20150927_194303デザートのモンブランケーキも、甘さほんのり~

至福の時を過ごさせていただきました。

IMG_20150927_201550

感謝、感謝 (*^O^*)

10. 素直…なのかなぁ~ ?

17bd76f4431ca90d957cb875bbc0fb39[1]

小学生の時にオリンピックで見た一人の体操選手。

一瞬にして、わたしは目も心も奪われました。

彼女の名は、ベラ・チャスラフスカ。

当時のチェコスロバキアの人で、『オリンピックの名花』『体操の名花』と称えられた名選手です。

その美しかったこと…

 

受けた衝撃には、計り知れないものがありました。

それまでスポーツといえば、息を切らして汗かいて、というイメージしかありませんでした。

 ところが、テレビの中の彼女は、オリオンピックという国の名誉のかかる競技にもかかわらず、優美に舞っていたのです。

c452681[1]

 

 世の中に、こんなに美しいスポーツがあったなんて・・・

 

そのころバレーを習っていたわたしは、何か通じるものを感じたのでしょう。

中学校に行ったら、絶対に体操部に入るんだ!!

小学生のわたしは、テレビの前で固く決意したのでした。

 

 

さて、中学校で念願の体操部に入ったのは入ったのですが、そこでやらされた体操は、チャスラフスカの演技とは程遠いものでした。

 

中学の体操部は団体だったのですね。

 

日体大とかの体操選手が、何人か揃って跳んだり跳ねたりしているのを見たことはありませんか?

 

これは、わたしの目指したものじゃない!

 

落胆したわたしは、高校の体操部に夢を託しました。

 

*****

 

念願叶って高校の体操部に入り、初めて跳馬の練習をすることになったときのお話です。

 

まずは、思い切り踏み切る練習です。

 

勢いよく走り、踏み切り板を思い切り蹴ると同時に両手を大きく上に伸ばして飛び上がる。

それを、跳馬の前に立っている先輩が受け止める。

 

これを何度も繰り返したあと、先輩が言いました。

 

じゃあ、本番。

一人で跳ぶのよ。

練習と同じように跳べばいいからね。

 

はい!

 

わたしは、元気よく返事をしました。

 

練習と同じように跳べばいい。

 

頭の中でくり返しながら、まっしぐらに跳馬へと向かい走り、

踏み切り板を勢いよく蹴って両手を上に・・・

 

跳びました!

跳びました!

跳んだのです!

 imagesIZBWN1YO

次の瞬間、わたしは跳馬の向こう側に敷いてあるマットレスめがけて落下していました。

 

なぜ???

 

わたしの頭のなかには「?」がいくつも点滅していました。

慌ててそばに駆け寄ってきた先輩が言いました。

 

いくら、練習と同じようにって言ったって、跳馬には手をつかなきゃ・・・

 

あっ

 

そうか

 

手・・・か

 

 わたしは練習の時そのままに、勢いよく踏み切ったあと、両手を上に上げたままだったんですね。

そしてそのまま、弧を描くように跳馬を飛び越えて向こう側に落下したのです。

 

でもさぁ、「練習と同じように跳べばいい」って、言ったじゃ~ん

 

  ◎◎◎ ⏪ 前      続き ⏩ ●●●