リンク先一覧

こちらでは、“ 気づき ” や “ 癒し ” に繋がる、わたしのおすすめのサイトのご紹介をしています。

随時、更新していきますので、時々ご覧になってください。

*『ヒーリングサロン美音』さんの

   直傳靈氣 ブログ

 

*  発想の玉手箱こと、佐々木紅子さんのブログは、こちら ⏩ ☆☆☆

 

*手相と数秘を使って、自分らしさに気づくワークセッションを行っている織田愛さんのブログは、

こちら ⏩ ☆☆☆

 その他、手相と仲良くなる講座や数秘をもっと楽しくわかりやすく自分でも使える講座などもやっていますよ♪

5.父、逝く ・・・ その2

モノクロの花

 

 

 

病院の先生と相談をして、母の出した結論は、


父に告知しない

癌センターには入れない

会社の持っている病院で、今でいうターミナルケア(終末期医療、終末期看護)を行う


というものでした。

この是非を、今ここで問う気はありません。

そんなこと、意味のないことです。


***


父が会社の病院に入院をしてから、母が月曜日から金曜日まで、病院に泊まり込んで看護。土曜日と日曜日は、母を休ませるために姉とわたしが交替で病室に。という生活になりました。

母が病院に泊まり込んでいる間、家のことは姉とやりました。

朝は、自分でお弁当を作って中学に通い、帰ってくると、姉と一緒に夕飯を作って食べました。

 

そして、週末は姉と交代で病室で過ごしました。

 

こんなことを言うと、人はなんと思うでしょうか?

 

わたしは、病院に行くのが嫌でたまりませんでした。

余命幾ばくもないと分かっている父と、病室で二人きりになるのが嫌でたまりませんでした。

父のことを嫌いだったわけではありません。

でも、それまで仕事人間でまともに会話したこともないのに、突然病室で二人きりになっても、どうしていいのか分からなかったのです。

わたしは、受験生でした。

私立に行かせるお金はないから公立に絶対に受かりなさい。と、母に言い渡された受験生でした。

けれど、病室で勉強する気にはなれなかったわたしは、日がな一日、本を読んだり、カセットを聞きながら過ごしました。

 

今ごろ、みんながんばって勉強しているんだろうな。

 

そう思うと焦る気持ちが湧いてきます。病室にいるのがもったいないとさえ思いました。

 

また、もう一つ、病室に居たくない理由がありました。

それは、わたしが行くと、父がとても嬉しそうに笑顔を見せることでした。

 

わたしの父に対する印象をひとことで言うなら、

『威厳の塊』

仕事人間の父の笑顔など、それまで一度も見たことがありません。

それが、嬉しそうな笑顔を見せながら、痛む体を一生懸命わたしの方に向けるのです。

いたたまれませんでした。そんな父の姿は見たくありませんでした。いつでも、堂々と自信に満ち溢れた父しか見たくなかったのです。そんな弱った姿の父を受け止めるだけの器を、15歳のわたしは、まだ持ち合わせていませんでした。

 

もし、わたしが女優で、今ここで泣かなければならないとしたら、即座にわたしはこの時の様子を思い浮かべるでしょう。そうすれば、わたしは即座に涙をこぼすことができます。そして、それは、わたしの中で深い後悔として、今も心に残っています。

 

 ◎◎◎ ⏪ 前            続き ⏩ ●●●

 

『あけと』 について

新しい屋号を何にしようと考えているとき、ふと気づきました。

わたしは、ヒーラーでもあり、これまでリーディングの仕事もしてきていたのです。

こんな時こそ、リーディング!!  

そこで、気持ちを落ち着けてハイヤーセルフに問いかけてみました。

*ハイヤーセルフとは?

自分の魂の高次元の側面のこと。 本来の自分(何のためにこの世に生まれてきたのか、その意味や目的を覚えている、知っている自分)、と思っていただけばいいです。    

 

すると、 『 あけと』   という3文字が降りてきました。  

あけと?  

なんだ、これ~   と、思いました。

でも、ハイヤーセルフからの言葉です。間違っているわけがありません。  

しばらく考えたのち、  

扉を開ける  

と、閃きました。  

うだ!  わたしは、ワークショップやセミナーを通して、たくさんの人たちが、人生の幸せの扉を開けるお手伝いをしたいと思っていた。だから、『あけと』なんだ! 

 

***

   

さて、わたしは、現在『ことだまワークショップ』を各地で開催しています。  

これは、ひらがな50音の一音一音に込められたエネルギーについてお伝えするワークショップです。  

そこで、念のため『あけと』のエネルギーも調べてみました。

あ・・・愛

け・・・放つ

と・・・統合  

最もシンプルにエネルギー翻訳をすれば、  

愛を放って、そして統合する。  

なります。  

また、秋頃を目処に、ワークショップに新たなメニューを加える予定ですが、そこには数霊の要素をもと考えています。  

なので、数霊でもチェックしてみました。  

あ・・・1

け・・・9

と・・・17  

で、合計27。  

『27』のキーワードは、  

祖国、神界、尊敬  

数霊アクションとしては、    

日本と日本人の素敵なところを挙げてみましょう。 祖国よよさを改めて認識してみると、また違った発見があるのでは?    

と、あります。  

なんと、わたしがワークショップを始めた理由とピッタリ一致するではありませんか!!  

やはり、ハイヤーセルフからのメッセージは確かなものでした。

 

  ***  

新たな屋号は、

  氣づきの学び舎  あけと  

す。  

どうぞ、よろしくお願いします。