32.崖っぷちの職探し

尻尾を巻いて退散。

 

そんなイメージでの、姉の家での居候生活の始まりでした。

 30.どん底へ

 

ありがたかったのは、姉も義兄も逆に感謝してくれたことでした。

遅くに結婚した姉は共働きで、二人の子どもも手のかかる時期でした。

そこへ、無職のわたしが居候として転がり込んできたわけです。

姉の帰りの遅い日は、子どもたちの学童保育へのお迎から食事の支度まで、一手に引き受けました。

母に頼まれれば、買い物や日帰り温泉にも車で一緒に行きました。

前の結婚生活では「No」を言ってはいけない、言えない生活でしたが、居候生活の中では、「No」と言わないと自分で決めました。

生活の面倒を見てもらう代わりに、自分にできることはなんでもしようと決めました。

そんな生活の合間には、亡父のお墓にも頻繁に通いました。

お墓に父の魂がいるとは思っていません。

それでも、お墓にお参りすることで、自分の気持ちを落ち着かせることができました。

9fb641c643df30c97d60491fd39b385e_s

 

そうやって日を送りながら、仕事探しをしていました。

まずは、人材派遣会社に登録に行きました。

そこで能力検査のようなものを受けさせられました。

たとえば、パソコンで3分間でどれだけの文字数が打ち込めるかとか・・・

 c7dde0b1658ceb26d68fe58cdac9f2f4_s

ああ、自分は商品なのだ。

 

と思いました。

わたしという人材を企業に売り込むためには、わたしという商品の性能を知らなければなりません。

わたしは雇ってもらえれば、たいていの仕事はできる自信がありました。

けれど、履歴書に書けるいわゆる特技(パソコン検定何級とか)は持っていませんでした。

雇ってもらえればと思っても、その “ 雇う ” という行為に踏み切らせるものが、なにもない。

痛感しました。

 

結局、派遣会社からは全く仕事を紹介してもらえませんでした。

最後の頼みの綱は、かつて勤めていた会社が持っている派遣会社です。

派遣会社に登録する際、そこのことが頭になかったわけではありません。

けれど、みんなに祝福されて寿退社したのに、派遣社員で戻るなんて恥ずかしいと思って連絡しないでいたのです。

dfc8e3a05fccd46f0208de3bf7231819_s

けれど、もうそんなことを言っている場合ではありません。

その会社に登録すれば、損保関連の仕事には就けるはずです。

勇気を出して連絡をし、登録も済ませました。

能力検査のようなものは一切ありませんでした。

かつて、そこの就職試験に受かっているわけですから、その点の信用はあったということでしょうか。

ほっとしました。

それでも当初は、単発で派遣の仕事を受けながら、他方で正社員の仕事を見つけるつもりでいました。

 

しかし・・・

 

履歴書を送っても、一つとして連絡はありませんでした。

 b1ffe951753c5b50b8b543cc32b462ea_s

わたしが離婚したのは39歳のときです。

 

今なら、まだ頑張れる。

仕事を掛け持ちしたって食べていってやる。

 

強い決意がありました。

けれど・・・

その強かったはずの決意は、無残にもどんどん崩れていきました。

6b2e2da048959f3475df483bc42c9338_s

 

わたしは42歳になっていました。

 

 

42歳の何も特技もない女に、世の中は用がないということか・・・

 

これから、わたしはどうなっていくのだろう。

 

夜、布団に入っては一人涙を流す。

そんな夜が何度あったことでしょう。

 

  ◎◎◎  ⏪ 前  続き ⏩ ●●●

 

 

 

 

 

 

お初です

 先日のプチプチ癒しフェアで、祐叡院ゆう子さんの水晶占い?を受けてみました。

占い師というと水晶玉って、想像しませんか?

IMG_20160428_135211 なんか、そそられる~ 🌟

 

これからのことを観ていただいたのですが、なるほど~と、心底納得 💡

終わりの方で、水晶玉が美しく透き通っていくのがわかり虹も見えたのですが、ゆう子さんがおっしゃるには白龍と金龍も見えたとのこと。

さて、その晩。

以前撮っておいたビデオを見ていたら、江ノ島の五頭龍と弁財天のお話が出てきたのです。

 

鎌倉にはたまに行くけど、江ノ島にはまだ行ったことがないなぁ

 

なんて、ぼんやり考えながら、その日は寝ました。

翌朝、新聞を取りに外へ出たとき、

90036d7c87872a22ae8bdba38a858bc8_s

あ、この空気感好き

 

と思い、

 

そうだ、江ノ島に行こう!!

 

と決めました。

それが、昨日の朝のこと。

江ノ島までは、最寄りの駅から約1時間半の道のりです。

 

もう、これは小旅行だよね ♬

 

とばかりに、駅のホームでコーヒーとドーナツを買って乗車。

DSC_5160 米粉のドーナツは、もちもちとして美味しかったです~

 

総武線快速、東海道線、江ノ電と乗り継いで着きました、江ノ島。

DSC_5165

あれれ~、横断歩道が見当たらない。

仕方がないので少し離れたところにある横断歩道を渡ったら

DSC_5243

あったよ、地下道。。。

ちいとも氣がつかなかった。

さて、朝急に思い立って家を出てきたので、基礎知識ゼロで来てしまったんだね。

なので、何も考えず歩いて行ったよ。

すると、船乗り場 が。

DSC_5242 岩屋洞窟まで行けるって書いてある。

江ノ島全部を歩いて回るのは大変そうだと思っていたから乗りました。

快適な船の旅~!?

DSC_5173

岩屋洞窟では、こんな蝋燭ランプを貸していただいての見学でした。

 IMG_20160428_133150

お昼は、シラスの生と釜揚げのハーフ&ハーフ。

DSC_5201

もし、夫と一緒に来ていたら、絶対ビールとさざえのつぼ焼きなんかも頼んでいただろうなぁ。

でも、一人だったし、これからまだまだ歩くだろうということで、これだけにしておきました。

おいしゅうございました。

龍宮大神、奥津宮、中津宮、辺津宮 と、一通り回ってきました。

 

DSC_5202

 

DSC_5204

 

DSC_5218

 

DSC_5229

 

 にしても、階段が多い~

DSC_5210 あんな階段

 

DSC_5211 こんな階段を

えっちら、おっちら、上ります。

 

小旅行の締めくくりは、江ノ電駅近くの備後屋珈琲にて、まったり

かえりは、湘南モノレールに乗って大船まで出、そこから総武線の快速に乗り換えて帰ってきました。

一日中曇り空で、富士山は拝めなかったけれど、歩くには最適のお天気でした。

あ~、楽しかった ♬ ♬ ♬

DSC_5245

 

最後に、江ノ島のマンホールを、どうぞ~

IMG_20160428_115914

 

DSC_5199

 

 

 

 

 

 

最近、最も活躍しているバッグ

地元、亀戸のアトレをふらついていたとき

目の端に止まり、即決購入したバッグ。

 DSC_5150

 

メインの外バッグ。

内バッグ。

ミニポーチ。

そして、肩から下げられるショルダーベルト。

以上4点からなっています。

メインバッグは、A4ノートが楽に入ります。

内ポケットもついています。

DSC_5153 メインの使い方は、こんな風に内バッグを中に入れて。

両端にフックが付いていて内バッグを固定できます。

重いものを入れたときは、ショルダーベルトを付けて肩から下げることもできます。

DSC_5154

さらに荷物が増えたら、内バッグをななめ掛けにして、外バッグは手に持ちます。

IMG_20160426_102648

先日のニューヨーク旅行でも大活躍してくれました。

買ったのは、こちらのお店。

DSC_5158

アトレ亀戸の2階にありますが、他にも出店しているところがあると思います。

色と模様違いもありますよ。

ものによっては3割引きの札のついているものもありました。

DSC_5159

あ、もう一つ。

バッグ自体がとても軽いところも気に入っています~

お値段は、7000円~8000円くらいだったと記憶しています。