10. 素直…なのかなぁ~ ?

17bd76f4431ca90d957cb875bbc0fb39[1]

小学生の時にオリンピックで見た一人の体操選手。

一瞬にして、わたしは目も心も奪われました。

彼女の名は、ベラ・チャスラフスカ。

当時のチェコスロバキアの人で、『オリンピックの名花』『体操の名花』と称えられた名選手です。

その美しかったこと…

 

受けた衝撃には、計り知れないものがありました。

それまでスポーツといえば、息を切らして汗かいて、というイメージしかありませんでした。

 ところが、テレビの中の彼女は、オリオンピックという国の名誉のかかる競技にもかかわらず、優美に舞っていたのです。

c452681[1]

 

 世の中に、こんなに美しいスポーツがあったなんて・・・

 

そのころバレーを習っていたわたしは、何か通じるものを感じたのでしょう。

中学校に行ったら、絶対に体操部に入るんだ!!

小学生のわたしは、テレビの前で固く決意したのでした。

 

 

さて、中学校で念願の体操部に入ったのは入ったのですが、そこでやらされた体操は、チャスラフスカの演技とは程遠いものでした。

 

中学の体操部は団体だったのですね。

 

日体大とかの体操選手が、何人か揃って跳んだり跳ねたりしているのを見たことはありませんか?

 

これは、わたしの目指したものじゃない!

 

落胆したわたしは、高校の体操部に夢を託しました。

 

*****

 

念願叶って高校の体操部に入り、初めて跳馬の練習をすることになったときのお話です。

 

まずは、思い切り踏み切る練習です。

 

勢いよく走り、踏み切り板を思い切り蹴ると同時に両手を大きく上に伸ばして飛び上がる。

それを、跳馬の前に立っている先輩が受け止める。

 

これを何度も繰り返したあと、先輩が言いました。

 

じゃあ、本番。

一人で跳ぶのよ。

練習と同じように跳べばいいからね。

 

はい!

 

わたしは、元気よく返事をしました。

 

練習と同じように跳べばいい。

 

頭の中でくり返しながら、まっしぐらに跳馬へと向かい走り、

踏み切り板を勢いよく蹴って両手を上に・・・

 

跳びました!

跳びました!

跳んだのです!

 imagesIZBWN1YO

次の瞬間、わたしは跳馬の向こう側に敷いてあるマットレスめがけて落下していました。

 

なぜ???

 

わたしの頭のなかには「?」がいくつも点滅していました。

慌ててそばに駆け寄ってきた先輩が言いました。

 

いくら、練習と同じようにって言ったって、跳馬には手をつかなきゃ・・・

 

あっ

 

そうか

 

手・・・か

 

 わたしは練習の時そのままに、勢いよく踏み切ったあと、両手を上に上げたままだったんですね。

そしてそのまま、弧を描くように跳馬を飛び越えて向こう側に落下したのです。

 

でもさぁ、「練習と同じように跳べばいい」って、言ったじゃ~ん

 

  ◎◎◎ ⏪ 前      続き ⏩ ●●●

 

 

 

 

新しいスマホケースが届いた~♪

これまで使っていたスマホケースが、かなりくたびれてきたので、新しくしたいなぁと思っていました。

 

スマホケースと言えば、大手家電量販店などを思い浮かべますが、iphone以外の品揃えはいまいち➰

 

そこで、ネットで検索してみたら素敵なのを見つけました。

 

同じデザインで機種の違うものが手に入るという、優れもの(^o^)v

 

ダークグリーンにゴールドの金具付き。

IMG_20150917_182940

そして、3ヶ所のカード入れが付いているデザインで、わたしのスマホの機種で注文しました。

IMG_20150917_182956

 

注文してから1週間もかからずに届きましたよ♪

あ、このサイトは、Qoo10というところです。

いまいちお気に入りのスマホケースが見つけられない方、一度覗いてみては?

『 違い 』と『 差 』

わたしは、26歳の時に最初の結婚をし、39歳で離婚しました。

この13年間の結婚生活を長いと見るか短いと見るかは、人それぞれでしょう。

けれど、後ろを振り向かず、新たな人生を開拓していく覚悟を決めるため、わたしにはこれだけの年月が必要だったのだと思います。

 

*****

 

この世には、単純に分けると『男』と『女』がいます。

『男』と『女』は、脳や体の構造(筋肉の付き方とか子宮があるとかないとか)に違いがあります。

違いから来る役割の違いもあります。

 

例えば、妊娠・出産は『女』にしかできないとか、重たいものを持ったりするのは、どちらかといえば『男』の方が向いているとか…

 

けれど、それらは、あくまで『違い』であって、『差』ではないと、わたしは思うのです。

 

重い物を持ち上げることのできる男の方が、持ち上げられない女より優秀なわけではありません。

 

同様に、出産をできる女の方が偉くて、出産できない男が劣っているわけではありません。

それらは、単に『違い』であって、『差』ではありません。

 

『違い』と『差』。

ここを、履き違えると、悲劇です。

 

『違い』は『区別』に繋がりますが、『差』は『差別』に繋がります。

 

今、振り返ってみると、前の夫は、『違い』を『差』と捉える傾向が強かったように思います。

 

※その辺りのことは、今後連載プロフィールの方で、じっくり書いていく予定です。

 

*****

 

『違い』と『差』。

 

人間一人ひとりも同じです。

勉強が得意な人間が、不得手な人間より偉いわけではありません。

足の早い人間が、遅い人間より立派なわけではありません。

それらは、『違い』。

これを言い換えると『個性』になります。

 

それぞれに個性があるわけですから、その個性を活かすための『区別』は必要です。

 

けれど、それが『差別』に繋がらないよう、心していきたいものです。