ご感想をいただきました

 
今月出た本についてのご感想をいただきましたので、
ご紹介させていたたきます。
 
 
 
📖  📖  📖  📖  📖
 
 
 
ゆみこさんが、ご自身と正直に向き合って
生きていらっしゃった過程とオープンにシェアされた勇敢さに
敬意を表します。
 
子どもだって悩んでるという点は、
親になってしまうと自分の過去を忘れてガミガミ言ってしまうので、
耳が痛いです。
 
「今、ここ、我、光」で生きていかねばと
改めて勇氣を与えていただきました。
 
 
今に集中
 
自分に集中
 
で、頑張ります!
 
 
ありがとうございました!
 
 
沢山の旅人たちが、ゆみこさんの輝きに触れ
生きる勇氣を得られることを、お祈りいたしております。
 
(KMさま)
 
 
 
📖  📖  📖  📖  📖
 
 
 
KMさま、ありがとうございました。
 
この本は、元々、個人セッションなどをさせていただくにあたり、
やはり
 
 
わたしという人間を、わかっていただかなければ
 
 
という思いから、ブログにプロフィールを連載し、
それに目を留めた出版社の方から
 
 
本にしませんか
 
 
とご連絡いただいたのが始まりです。
 
 
 
 
せっかく書いたプロフィールなので、
いつか、もっと深く書き込んで本という形にまとめられたらと、
漠然と思っていたのと、夫から
 
 
 
編集者というプロが入っての作品作りを
勉強するつもりでやってみれば?
 
 
 
との意見にも背中を押され、
ありがたく出版のお話に乗らせていただいたのでした。
 
 
 
 
かつての辛い、苦しい経験を
 
 
 
思い出し
 
 
向き合い
 
 
考える
 
 
 
という作業は、実は、とてもキツイものでした。
 
 
 
 
だって、そうした出来事をようやく乗り越えて
ここまできたのですから。
 
 
 
それを、わざわざ辛くて苦しかった時点まで戻るなんて。
 
 
 
連載プロフィールを書く
 
 
 
とか
 
 
 
本にする
 
 
 
とかの目標がなければ、できなかったでしょう。


 

そうして、今一番に思うことは、

クシャクシャに丸めて心の奥にしまい込んでいた

 

辛かったり

 

悲しかったり

 

悔しかったり

 

苦しかった

 

出来事を、改めて引っ張り出し、陽に当てて、風を通して

きちんと畳んでしまい直すことができて良かったということです。

 

そういう意味で、ブログや出版社の存在には、心から感謝です。

 

 

📖  📖  📖  📖  📖

 

 
いつかは自分で扉を開けて
新たな一歩を踏み出せる日が
必ずきます。
そんな日を迎えるための、
お役に立てたら 
 
との願いを込めて
 
 
 
アマゾンからご購入いただけます。
ご注文は、こちらから
 
 
 
 
 

骨が抜けた!

ここに具体的に書くことは、できないのだけれど……
 
 
喉に刺さった小骨のようだったものが
ようやく抜けてスッキリするようなことがあり
 
 
心が、またひとつ軽くなりました。
 
 
 
感謝
 
 
   

元号WS開催しました

昨日は、清澄白河のシェアオフィスにて、
 
 

 

を、開催いたしました。

 
 
 
 

 

最近、なぜかお子さまとのご縁に

恵まれております。

 

前々から、

 

子ども

 

がキーワードとして、

意識の中に浮かんできてはいたのですが、

わたし自身に子どもがいないし、

どちらかと言えば、

 

子ども

 

に縁のない環境で育ってきたせいか、

勝手に

 

子どもは苦手

 

と思い込んで生きてきました。

 

それが、このところ、

お子さま参加率が高まっております。

 

そして、結構楽しめている ふたご座

 

今後の展開が楽しみです🎵

 

 

ご参加くださったみなさま、

ありがとうございました 😀