17.短大入試当日

国公立なら上の学校に行かせてあげる。

 

高校3年生になった時に、母から言われた言葉です。

母子家庭にあっては、私立の大学に進むとなれば、その経済負担はかなりなものになります。

母の言うことももっともだと、わたしは国立大学と公立の短大のふたつを受けることにしました。

国立大学の方は、以前から行きたいと思っていた遠方の大学。

短大の方は、国立一本ではさすがに心もとないし、仕方なく近場でどこか…と選んだところ。

思い入れが全く違います。

さて、その思い入れの全くなかった短大の入試当日のお話。

 

* * * * *

 

30bf8274e8f41ed43609b054f1b25f1b_s - コピー

わたしは、これまでの長い人生の中で、寝坊というものをほとんどしたことがありません。

元来が神経質なのでしょうか?

たいてい、目覚ましのなる直前に目が覚めます。

そして、朝ごはんを抜いたこともありません。

ba655071d5d697d756f30480a7dc54c5_s

なにはなくとも朝ごはん

という環境で育ったのです。

ところが、短大の入試当日の朝、あり得ないことが起こってしまいました!!

なんと朝寝号をした挙句、朝ごはんを食べることもできないまま短大の入試を受けることになってしまったのです。

 

* * * * *

 

生まれて初めて朝ごはん抜きで家を出たわたし。

最初の数学は何とかクリアしましたが、次の英語は苦手な上に空腹で、どんな問題でなんと答えたか、試験の直後ですら全くきれいさっぱり覚えていないほどでした。

さて、昼食を食べて一段落したあとは得意の国語。

こちらは、難なくクリア。

そして、最後は社会科。

 

ところで、この日は夕方から体操の世界選手権のテレビ中継のある日でした。

入試は、30分経過したら部屋を出ることができます。

最後の社会科を30分で終わらせてダッシュで帰れば、テレビ中継に間に合うという計算です。

なんせ、全く思い入れのない短大の入試です。

 

入試より体操の世界選手権!!

 

という意気込みで、最後の社会科に取り組みました。

真剣に集中して問題を解き、慌て者のわたしとしては本当に丁寧に見直し、そして30分経ったところで退室。

ダッシュで校門へ向かいました。

が・・・

恐ろしく方向音痴のわたしは、さして広くもない校内で、道に迷ってしまったのです。

だって、全く思い入れのなかった短大です。

入試前の下見すらしていなかった~

 

出口はどこだ!

 

頭の中は,完全にパニック状態です。

尋ねようにも、まだ試験の真っ最中で、辺りには誰もいません。

 

体操のテレビ中継が~!

 

必死になって走り回り、ようやく出口を見つけ、そこから駅まで猛ダッシュで突っ走り電車に飛び乗りました。

ところが、そうまでして乗った電車は、普通電車。

本来は急行電車に乗らなければならなかったのです。

普通電車に乗っていたのでは、いつになったら帰ることができるのやら…

 

体操のテレビ中継が~!!

 

泣きそうになりながら、途中の駅でようやく急行に乗り換えることができ、

ヨレヨレになって帰宅。

すぐにテレビのスイッチを入れました。

体操世界選手権のテレビ中継は、始めの方こそ見逃したものの、ほぼ見ることができました。

これって、めでたしめでたしなのかしら?

 

結局、希望した大学には落ち、全く思い入れのなかった短大に通うことになったのですから、人生というのは面白いものです。

ume0037-049

◎◎◎ ⏪ 前   続き ⏩ ⚫⚫⚫

 

きつね先生の『古くやさしい魔法の生き方』

先日、久しぶりにメッセージ性の強い夢を見ました。

 

日常よくある街並み。

様々な建物があり、たくさんの人たちがいます。

すると突然、

 

わたしは、わたしで、わたしなの。

 

という言葉が、どこからともなく降りてきました。

 

わたしは、わたしで、わたしなの。

 

この言葉が、わたしの頭の中で何度も響き渡りました。

 

ふと氣がつくと、先程と同じ街並みが・・・

だけど、少し様子が違います。

人が減っているのです。

わたしが、ちょっと苦手だなと思った人たちの姿が消えているのです。

そして、そこには、すっきりとした、わたしにとって居心地のいい空間が広がっていました。

 

* * * * *

 

さて、昨日、きつね先生(鉄平さん)の

 

古くやさしい魔法の生き方

 

という講座を受けに厚木まで行ってきました。

          きつね先生って、こんな人 ⇒ HP

 

講座を主催してくださったのは、花育セラピーや、ドリームキャッチャー作成など、素敵なワークショップを数々開いていらっしゃる、「ゆきんこ」こと、小日向由紀子さん。

     ゆきんこって、こんなことしてます!

 

この講座、前々から興味があって受けたかったのです。

でも、なかなか日程が合わずにいた待望の講座です。

 

『古くやさしい魔法の生き方』の『古く』というのは、やや古典的な意味でのスピリチュアルと言えばいいのでしょうか?

 

今時の本屋に並んでいるスピリチュアルや自己啓発の本とは、少し趣が違います。

もっと、楽で簡単です。

だから、『古く』に『やさしい』が続くのでしょう。

『魔法』は、『奇跡』であり『シンクロ』のこと。

なんてぇことを、村上春樹の『東京忌譚集』を教材として使いながら、進めていきます。

そして、『浄化』によって『心の安定』を強化していくワークをします。

『思い込み』をなくすワークの中で、スプーン曲げもしました!

なんせ、この講座に惹かれた最初の理由が、

 

スプーン曲げをしたい!

 

だったので・・・

 

IMG_20151106_201858

ほらね。

わたしも、曲げましたよ!

曲げることができましたよ!

ルンルン \(^o^)/

 

それから、『新月の願い』のこととか、色々。

 

講座の終盤で、

 

意識と無意識の境目が消えると、アーキタイプの影響に左右されない『本当の自分』になる。

 

という話が出た時に、夢からのメッセージ

 

わたしは、わたしで、わたしなの。

 

が、わたしの頭の中に甦ってきたのです。

 

本当の自分になると、そこには自分にとって最も生きやすい世界が広がる・・・

 

IMG_20151106_211328

 たとえば、こんなギザギザくんでも、これが真の、本当の自分なら、

 

IMG_20151106_211410

個性を失うことなく、回りとしっくりかみ合って、楽に生きていける。

そんな風に思ったわけです。

(下手くそな絵でゴメンナサイ~)

 

この、まさにシンクロに一人感動していたわたしです。

 

最後に、きつね先生が、タロットカードの一覧をダウンジングしながら、一人ひとりが今浄化すべきカードを教えてくださり、講座は終了となりました。

IMG_20151106_201740

 わたしは、10枚もありましたよ。

でも、たくさんの浄化すべきカードがあるということは、それだけ伸びしろがあるという意味に受けとりました。

あ、カードの意味は、必ずしもタロットカードの解説に載っているものとは一致しませんので、念のため。

これから、毎日一枚ずつ浄化していきながら、そのときの感覚も記録していきたいと思います。

 

きつね先生、そして、この素晴らしい場をセッティングしてくださったゆきんこさん、どうもありがとうございました。

 

 

 

16.短大に通う

プロフィール連載も、ようやく花の短大時代に突入です。

han0204-049

     

           これまでの連載プロフィールの目次は、こちら

 

名古屋の片田舎の公立高校でノンビリとした高校生活を送っていましたが、真面目な子は、2年生になった頃から、もう受験のことを考えていたようです。

 

ねえ、どこまでやった?

 

と、参考書を小脇に抱えたクラスメイトに尋ねられたことがあります。

 

・・・・・?

まだ、2年だけど・・・?

 

そんな状態だったわたしも、さすがに3年生になると、受験のことを意識し始めました。

母からは、

 

国公立に行くなら、上の学校に行かせてあげる。

 

と言われていました。

高校を出てすぐに働くのは何となく嫌だなぁと思いました。

社会人になるのに、もう少し猶予が欲しいと考えたわけです。

そこで、遠方の国立大学の国文科と近場の公立短大の2つを受けることにしました。

大学に受かったら古文の研究をしたいという希望もあるにはあったのです。

しかし、父が入院してから亡くなるまでの4ヶ月があまりにも緊迫感に溢れた濃い4ヶ月だったせいか、高校に入った途端、わたしの緊張の糸はプッツリと切れてしまっていたのです。

どうしても、以前のように勉強に身が入りません。

一度切れた糸は、結局二度と張り直すことはできませんでした。

 

かくしてわたしは、あえなく大学入試に失敗し、公立短大に通うことになるのですが、その受験日当日のことを、次回にお話ししたいと思います。

46788bde726123a9f61816911930d602_s

◎◎◎ ⏪ 前   続き ⏩ ●●●