ミャンマーで一生分のパゴダを見る

トイレの汚い国には、絶対に行かない。

 

かねてより、そう公言してはばからなかったわたし。

 

おそらく世界で一番トイレの数が多くて綺麗な日本で、その恩恵を存分に享受しているから…

食事が多少口に合わないくらいは、旅行なのだから辛抱できるけと、トイレだけはダメ。

我慢できない。

だいたいウォシュレットがないだけでも辛いのに~

そんなわたしが、ある日目にした海外旅行のパンフレット。

そこには、世界最大の仏教遺跡、バガンとありました。

DSC_2942

 

 

世界最大の仏教遺跡って、どんなだろう?

パゴダを、この目で見てみたい!

ちなみに、パゴダとは仏塔のことです。中には、仏陀の頭髪や遺骨が納められていて、外から拝みます。

対して、寺院は建物の中に仏像などが祀られ、中に入って礼拝します。

 

さて、パンフレットを手に、夫に相談したら快諾。

夫は、昔仕事でしばらくの間フィリピンや台湾に住んでいたこともあり、東南アジアウェルカムの人なのです。

というわけで、早速申し込んで行ってきました。

ミャンマー5日間の旅。

 DSC_2752  ミャンマーを上空から見たところ。

わたしは、外国旅行の際には必ず上空からの写真を撮ります。

その国の特徴がよく出ていると思うから。

以前はなかったという直行便が今はあり、成田空港から約8時間。

とても便利になっております。

DSC_2799

  が、首都ヤンゴンから目的地バガンまでは、プロペラ機で移動です。

さて、ミャンマーは国土が日本の2倍、人口は 約二分の1

そして国土の大半は平らで、世界一のお米の生産量を誇るそうです。

でも、未だに鉄道は引かれていません。

いえいえ、つい最近ニュースでミャンマーに初めての鉄道が開通したと聞きました。

お~!!

感動です。

でも地方はまだまだ。

わたしたちがバガンからヤンゴンへ戻る時に乗ったプロペラ機は途中で2回降りて、乗客が乗り降りしましたよ。

まるで路線バスのようでした。

それも、また楽しい旅の思い出です。

 

DSC_2831

旅行に行くとなると一族で、トラックの荷台にぞろぞろと乗って行くそうです。

 

敬虔な仏教徒の国です。いたるところにお坊さんがいます。

DSC_3221

そして、寺院はすべて仏さまの家。

必ず、靴を脱いで裸足にならなければなりません。

靴下・ストッキングもご法度です。

当然、寺院の中にも地面はあります。

そこも、裸足で歩きます。

でも、わたし、裸足で歩くの嫌いではないんです。

実は、今まで3回奈良の三輪山に行ってますが、1回目こそ上りは靴を履いていましたが、土があんまりきれいなんで、下りは裸足で。あとの2回は上りも下りも裸足でした。

気持ちいいんですよね~

話が逸れました。

なので、ミャンマーでは、いつでも靴を脱げるよう素足にサンダルがおススメです。

 

現地のガイド君は、流暢な日本語を話します。

 

日本に来たことがあるの?

 

と聞くと、一度もないそうです。

 

ボクは、寺子なんです。

 

って。

ミャンマーでは、貧しくて学校に通えない子どがたくさんいて、そんな子供たちのために、お寺のお坊さんが無料で勉強を教えてくれるのだそうです。

日本語も、お坊さんが外交官の奥様などを招いてくださって、そこで教えてもらったそうです。

それで、あんなに上手に話せるようになるなんて・・・

その話を聞いただけで、もうウルッときてしまいました。

世界には、こんなふうに一生懸命学んでいる人たちもいるんですね。

教育って、とても大事だと思うんです。

そして、それは誰もが等しく受けられるものであるべきだと思います。

 

* * * * *

 

ミャンマーの人々の暮らしに触れるということで、村の訪問にも行きました。

DSC_2878 正真正銘、観光用ではない首長族の人々だそうです。

 

ミャンマーの伝統芸能である人形劇を拝見しました。

案内されたのは、専用の劇場付きのレストラン。

ガイド君が、

 

ココノハ スゴイデス。

ソノヘンノ チャチナノトハチガッテ コノクニデモ ユウメイナヒトガ ヤリマス

 

と力説しただけあって、本当に拍手喝采ものの素晴らしい芸でした。

DSC_3113

さて、首都ヤンゴンにも素晴らしい寺院があります。

シュエダゴォン・パゴダです。

ミャンマー仏教の総本山ということですが、印象は、さしずめミャンマーのアミューズメントパーク。

カップルは一度は必ずデートに来るそうです。

DSC_3178 - コピー  待ち合わせ場所はここ。

 菩提樹のところで〇〇時にね💛

 

って、感じだそうです。

ガイド君も、もちろんここでデートしたそうです~

 

この日は、空が美しかった。

ホントに美しかった。

画像編集してません。スマホで撮ったままの写真です。

DSC_3234DSC_3199

DSC_3240

ほんの数年前までは、車の中からスー・チーさんの自宅の方を見ただけでも、バレると大変なことになったそうです。

でも、今は自宅前で笑顔で記念写真も撮れちゃいます。

IMG_20160209_162944

わたしはミャンマーが大好きになりました。

今もほとんどの人が民族衣装を身にまとい、敬虔な仏教徒で、とても治安が良く、人もうぶで暖かい。

DSC_2986  現地調達した服を着て、ホテルのコテージ前で撮りました。

残念ながら、現在のミャンマーは、まだ電気の供給量が少なく、街頭はほとんどありません。

けれど、そんな真っ暗な中、女性が一人で歩いていても大丈夫なくらい。

 

もっと、発展して、豊かになれば国民の暮らしも楽になっていいと思う反面、そうなっていくと人々の気性や治安にも変化が出てくるんだろうな。

複雑は思いを持ちながらも、ミャンマーの幸福な発展を祈らずにはいられません。

 

わたしたちがミャンマーに行ったのは10月下旬。

乾期で観光に最も適した時期のはずでした・・・

ところが台風の影響で曇りの日が多く、意外と涼しかったです。

でも、最終日にはようやく晴れて東南アジアらしい蒸し暑さも体験できました。

あ、そうそう懸念していたトイレの話。

ホテルや観光客が行くようなレストランのトイレは、どこもきれいでした。

ただ、村やマーケット訪問の時に、どうしても我慢できずに入ったトイレは、かなり悲惨。

トイレは、ホテルやレストランで済ませておきましょう!!

食事はバッチリ。

どれも美味しかったです。

ミャンマーは、インドやタイ・中国と国境を接しているため、それらの国との融合料理です。

だから、それらの国の料理が大丈夫な人は、絶対OK。

美味しいです。

DSC_3097  例えば、こんな感じだったりネ

 

まだまだ、語りつくせませんが、ミャンマーのご報告は、この辺で・・・

 

24.イジメから抜け出す 後日談

後になって知ったことです。

 

わたしが名古屋支店に異動になるきっかけとなった、体調をくずした前任者も、やはりAさんのイジメに遭っていたそうです。

 

そして、寿退職したAさんは、子どもを生んだあと、再びパートとして名古屋支店に戻り、ターゲットを見つけてはイジメをしていたそうです。

前回の終わりに、イジメはイジメる側の問題といったのは、そういった理由からです。

 

もし、イジメられる側に問題があるのなら、わたしと離れた時点で、Aさんによるイジメはなくなっていたはずです。

 

けれど、実際にはその前も後も、Aさんによるイジメはあったのです。

だから、もし、わたしの方に何か誤解を招くような言動があったとしても、注意をするとか、事実確認をするといった方法を取らなかったのです。

だって、それでもし誤解が解けてしまったら、イジメる理由がなくなってしまいますから。

イジメる人はイジメる理由やターゲットを探しているのです。

真実なんて関係ないのです。

イジメることができれば、それでいいのです。

 038fed5102f67c3686bca2389160ac4c_s

けれど、イジメられている人間は、なかなか周りにSOSが出せません。

なぜなら、自分と相手との個人的な問題だと思っているからです。

 

そんなプライベートなことで、上司や親などに相談なんてできない。

 

と思い込んでしまうからです。

でも、違います。

イジメは、イジメを行う人間の心の病です。イジメられる人は、運悪くその罠にはまってしまっただけのことです。

周りで見て見ぬふりをしている人たちは、自分たちに災難が降りかかるのを避けるために、一人の無抵抗な人間を生贄として差し出しているようなものです。

 

わたしがイジメに遭ったのは、名古屋支店だけで300人くらいいた中の、わずか10人足らずの小さな課です。

そんな小さな中で、もう人生終わりかも・・・と悩んでいたのです。

見渡せば、大勢の人たちがいたというのに。

 

今現在、イジメに遭って苦しんでいる人はいますか?

そのクラスは何人学級ですか?

その職場には、何人の職員がいますか?

 

日本だけでも、その人口は1億2000万人くらいです。

世界は、もっと広いです。

今、自分のいる世界が全てではありません。

顔を上げて周りを見回してください。

あなたの力になってくれる人は必ずいます。

あなたが伸び伸びと息のできる場所は必ずあります。

 

 

Aさんに仕返しをしたいと思ったこと?

ありますよ。

実は、わたしが仕事を徐々に覚えていく中で、職場内の人間関係も少しずつ出来ていきました。

そして、Aさんの方がやや孤立気味になっていきました。

そんな時、仕返しをしてやりたという気持ちが一瞬ですが芽生えたことがあります。

 

こんなことをされたら、あなたはどんな気持ちですか? と

 

でも、しませんでした。

だって、あんなイジメをする人を、わたしは軽蔑していましたから。

もし、わたしが仕返しをしたら、それは自分で自分を貶めることになるから。

生意気な言い方をすれば、それはわたしの人間としてのプライドが許さなかったからです。

わたしは、できれば常に胸を張って堂々と生きていたいから。

 cbdeddfa5d5c0f3ecca341ea9ef9b45d_s

 

  ◎◎◎ ⏪ 前    続き ⏩⚫⚫⚫

 

 

 

23.イジメから抜け出す その2

わたしの顔だけが切り落とされた写真を見たときの衝撃は、なんとも言えないものでした。

 

もう、この人とは絶対にわかりあえない…

 

やりきれない思いと虚しさで、胸がつぶれそうでした。

b930922c08535e97cba899ac9c7fe6be_s

 

そんな頃には、課のなかでもわたしへのイジメが問題になっていたようです。

ある日、課長に別室に呼ばれて、こう言われました。

 

これから仕事で分からないことがあったら、Aさんが席を立った時に、他の先輩に聞くように。

 

とりあえず、これで仕事はきちんと教えてもらえるようになると安心した反面、「そうなの?」という疑問も湧いてきました。

課でも問題になるようなイジメに対して、大の大人が出した結論が、イジメの張本人のいない隙を縫うことなのか。

 

しかし、そこでわたしは考え方をきっぱりと切り替えました。

 

Aさんにどんな対応をされようとも、仕事を覚えることを最優先にする。

どんなに無視されても、必ず挨拶・返事は、きちんとする。

 

 

なんといっても、会社においては仕事ができるかどうかが、最重要課題。

 

まずは、それが最優先です。

 

 

Aさんの顔色を伺いながら日々怯えるという、人に振り回される会社生活とは、ここでおさらば。

 

ミスして注意されたら、明るく元気良く

 

申し訳ありません❗

 

と言って、無理にでも気分を切り替えました。

 

謝ればいいってもんじゃないわよ

 

と言われても聞こえない振りをしました。

 

そんなことに惑わされている暇はありません。

 

とにかく仕事を覚える。

それが、わたしの目標でした。

 

注意されたことを引きずって、またミスをする。という悪循環からは抜け出さなければ、何も変わらない。

必死でした。

その甲斐あって、徐々に仕事は覚えていき、それに従って他の先輩たちの態度も変わっていきました。

 

それから間もなく、隣の課で急に1人辞めた後釜にと異動になり、Aさんも寿退職され、わたしにはごく普通の忙しいけれども楽しさもある会社生活がようやく訪れたのでした。

3b3ac1c942b9ee2ba72b607f4d37f8a0_s

* * * * *

 

わたしは、イジメについては、こう考えます。

 

イジメは、イジメられる側ではなく、イジメる側の問題です。

よしんば、イジメられる側に何か問題があったとしても、あるいは誤解があったとして、そのことに対して

 

☑注意をする

☑事実確認をする

 

などの対応方法もある中で、

 

イジメる

 

という方法をとったのは、イジメる側の選択の結果です。

 

イジメるという選択しかできない人間に振り回される理由なんて、どこにもありません。

 

イジメられると、そこしか見えなくなります。

 

自分が悪いのか?

 

って。

つまり、思考が内向きになります。

 

いいんです。そう思ったって。

誰だって、まずはそう考えます。

 

でも、次の段階はあるのです。

 

外に目を向けること。

逃げ出すのもひとつの手です。

解決方法は、あります。

いくつも、あります。

だから、きっと大丈夫。

とにかく自分を大切に。

 

◎◎◎ ⏪ 前    続き ⏩ ●●●