45.扉を開ける

39歳で離婚して、ペットロス・失業と続き、43歳の時に軽自動車を売ったお金で礼金敷金・引っ越し費用を賄い、身一つで新しい職場のある東京へと出てきて、15年が経ちました。

 7b239848b3ffdaa5709cca7f9bcc6f66_s

 

今のわたしは、食べたいものを食べ、行きたい所へ行き、やりたいことをやる生活をしています。

かねて興味のあったスピリチュアルの学びもしてリーディングなどの仕事をし、子どもの頃から魅了されていた日本語の講座やワークショップも開いています。

 

人生とは、なんと面白いものでしょう。

 

 6fb987477ae070dd1a47ee773fa08ac0_s

 

今の夫と結婚して、まもなく丸10年です。

この夫との出会いがなければ、今のわたしはなかったでしょう。

 

夫とは銀座のとある店で席が隣同士になったのがきっかけで知り合いました。

わたしは数カ月に一度、自分へのご褒美として、その店を訪れていました。

夫は接待などでよく利用していたそうです。

その日は友人と他の店に行こうとしたら満席で、時間つぶしにやってきたのでした。

最初はカウンター席で離れて座っていたのですが、間に座っていたお客さんが帰り席を詰めさせられました。

そうして隣同士になったのでした。

0f2dd8232c7435bd0bf262a1ef209e1b_s

 

 

わたしは結婚なんてまっぴらだと思っていました。

7歳年上の夫は、もう今さら結婚なんてと思っていたそうです。

そんな二人が、8月に知り合って、翌年の1月に入籍するなんて。

*このあたりの詳しい話は、講座やワークショップでお会いできたときにでも、直接聞いてください。

 身振り手振りを交えて、楽しく語ってみせやしょう~

7d3c920a277445e34d88811a8f7a8ce1_s

 

わたしは思うのです。

人生の扉は自分で開けるのだと。

開けた扉からは、新しい世界へ出てゆけます。

開いた扉からは、新たな空気が入ってきます。

でも、その扉は自分で開けるのです。

自分で開けなければならないし、自分にしか開けられないのです。

 d852a5b99d6df36db933f0ca13391087_s

 さて、いよいよ次回からは最終章。

 

◎◎◎ ⏪ 前  続き ⏩ ●●●

思いつきのひと言

ひたすらに、自分を信じて生きていく。

ただ、それだけのこと。

蔵元の会

昨日は、ワインの会のことを書いたので、今日は日本酒の会のお話。

 

都内のとあるホテル内の和食のお店で、2・3ヶ月に一度蔵元の会というのが開催されます。

IMG_20160628_104440

もう40回以上されているそうですが、わたしたち夫婦が知ったのは、昨年。

なので、まだ数回の参加です。

日曜日と月曜日の夜開催されるのですが、日曜日はあっという間に満席になってしまうほどの人気です。

 

毎回、あまたある国内の蔵元さんのイチオシのお酒が4~5種類と、それに合ったお料理が出されます。

お酒の種類は様々で、食前酒的なものからガッツリ系まで。

DSC_0184

飲み方も冷やからぬる燗熱燗、ロックまで~

料理長が、事前に蔵元を訪れ試飲をした上で、その日の料理を考えてくれるので、いつも楽しい驚きに満ちています。

DSC_0192

 

今回は、ちょっと洋風でもありました。

IMG_20160628_104404

DSC_0185

 

ワイン、特に赤ワインは、どうしても体が受け付けない味のものがあるのですが、日本酒はどれも美味しくいただけます。

 

やっぱり日本人には、米の酒だな❤

 

と、しみじみ思います。

 

 

IMG_20160628_104604

このお揚げさんが、美味しかった~

DSC_0189

鮎の骨せんべいは、初めて食べましたが、アジなんかに比べるとしっとりしてました。

 

昨日も書いたようにワインの会にも参加していますが、普段は、週に1~2回夕飯時にビールかチューハイを飲む程度です。

 

それでも、こうした会にわざわざ足を運ぶのは、珍しいお酒に出会えるだけでなく、それぞれのお酒に合った美味しいお料理をいただけるのが、最大の魅力だと思います。