『梵字で開運講座』に参加しました

梵字って、ご存知ですか?

こういうのです。

550px-Siddham_script_(consonants)_sample.svg[1]

 

氣がつけば梵字に魅せられていました。

上京する際に、お世話になっていたマッサージの先生に、

 

これを持っていきなさい。

 

と渡された『烏枢沙摩明王』の真言も、梵字で書かれています。

DSC_5281

どこかで梵字を習えないかと、一時真剣に探したのですが、その頃教えてくれるのは、京都のとあるお寺さん一件のみでした。

さすがに京都までは習いに行けません。

本屋で梵字の本を買おうと思ったこともありますが、なんかピンとこなくて、そのままになっていました。

でも、今回縁あって、『梵字で開運講座』に参加することができました。

この講座を企画してくださったのは、最近なにかとお世話になっている紅子さん。

  紅子さんのブログは、こちら

 

場所は、最近開設されたばかりの

手作り雑貨と癒しのコミュニティサロンはぴねす

 

先日、プレオープン企画の、≪プチプチ癒しフェア≫に出展させていただいた所です。

 

そして、講師をしてくださったのは、十専さん。

o0800082313644203812[1]

怖い顔?をしていますが、面白い人です。

十専さんのプロフィールは、こちら👇

(紅子さんのブログから拝借しました)

 

”  学生時代から茶道の師範代として茶道界に所属し、お茶会を通じて寺門の得縁。

寺門での下坐行多年を経つつ、30代後半に僧籍を得る。(真言密教系)

主にヒトさまの病い(スピリチュアル系ではなく)、身体病いの加持(佛様のお力を加え、その方の持っている自己治癒力を高める)祈祷を修してきました。

そして今は、母親血筋の流れを覚知して迂生の母親系祖父が開得した自然一如の法を継承伝に務め行じております。

合掌國定十専  ”

 

『講座』っていうの、わたし嫌いなんです。

 

のっけから、こんな調子でお話が始まりました。

『講座』ではなく、『伝授』というのが正しいそうです。

 

なるほど、なるほど

 

おもしろそうでしょ?

 

十専さんのお話を聞いて、なぜ梵字の本を買おうとしたときピンとこなかったか、わかりました。

形だけ真似てもダメだからです。

 

梵字とは、仏さまの本体そのもの、つまり『文字佛』。

心が入っていなければ、意味がない。

 

ことだまと同じだなぁ

 

と、一人感慨にふけりながら聞いておりました。

o0717096013644203898[1]

参加者のみなさんも、それぞれの思いを胸に熱心に聞いていらっしゃいましたよ。

 

教えていただいた書写の作法の中に、

 

墨をすりながら、心を統一

 

というのがありました。

わたしは、かな文字も少しやりますが、元々は墨をする時の香りに惹かれて始めた部分もあり、納得。

実際に、梵字を書いたりもして、楽しい時間はあっという間に過ぎていきました。

次回も、とっても楽しみです。

 

十専さん、紅子さん、そして参加者のみなさん、ありがとうございました。

感謝

 

 

 

 

 

 

38.好みの物件を引き寄せる

京都で1番のおみくじを引いた途端に採用決定の電話。

いよいよ、東京での初めての暮らしが始まります。

7b239848b3ffdaa5709cca7f9bcc6f66_s

 

住まいと仕事が同時に新しくなることに対する不安がなかったと言えばウソになります。

けれど、それよりも今度こそ定年まで働いて、自分をきっちり養っていくぞ、という高揚感の方が高かったように思います。

 

まず、やるべきことは住まいを探すこと。

そのために何度も上京する時間もお金もありません。

一回で決めると決めました。

 

さて、みなさんは何かを欲しいと思って買い物に行って見て回っているうちに、当初欲しかったはずのものと違うものを買ってしまったことはありませんか?

わたしはあります。

けれど、住まいに関してはいったん住んでしまったら、氣に入らないからといって簡単に引っ越しはできません。

自分のゆずれない条件と、ゆずれる条件。

それらをはっきりさせるために、わたしは自分の望む住まいについて紙に書き出すことにしました。

 

・光が入り、風が通ること

・周りが静かな環境であること

・裏が公園であれば、なお良い

・駅から徒歩10分程度であること

・駅から住まいまでの間にスーパーか商店街があること

・トイレとお風呂が別であること

・1DKか1LDK

・できればマンション

・収納が充実していること

851858ae880d82aec71706ddad442ad6_s

これらに家賃の上限も、もちろん決めました。大事なことです。

多いですか?

でも希望ですから、多く望んでおくことに越したことはありません。

事前にネットで大体の場所と家賃相場を調べ当たりを付けた上で、業者に連絡しておきました。

これで、準備は完了です。

先の条件を頭に叩き込んで、上京しました。

業者の方と最寄りの駅で待ち合わせて、いざ物件の下見へ。

e9f4459d0f71eef57ca02a61256c799b_s

3件目の時です。

部屋に入ると明るい陽射し。

窓を開けたとたんに、風がスーッと流れました。

 

ここだ!

 

思いました。

ですが、家賃だけが条件に合いませんでした。

5000円オーバーです。

初任給でやりくりしていくのに、5000円のオーバーは見過ごせません。

わたしは業者の方に、正直に話しました。

 

この物件は、わたしの望みとぴったりでとても氣に入りました。

でも家賃だけが5000円オーバーしているので、借りるのは無理です。

 

すると彼は、

 

交渉の余地はあります。

 

と言って、すぐに大家さんと交渉してくれました。

大家さんは、

 

仕事で異動ですか? 大変ですねぇ

女性の一人暮らしは何かと大変でしょうから、5000円はおまけしましょう。

 

こうして、無事、わたしは望みの住まいを手に入れました。

 

住んでみてからわかった、思った以上に良かった点。

 

・裏の公園が、実は大きな児童施設内の公園だったため、外部から人が入ることがなく、静かで安心できる公園だった。

 7f4b08e9e86bb023c58e194fce4506ca_s

 

住んでみてからわかった、しまったと思った点。

 

・エレベーターの設置義務があるのは5階建て以上だということを知らず、マンションにはついているものと思い込んでいて意識から抜け落ちていた。入居したのは4階建ての4階でエレベーターなしだった。そのため、職場の仲間と飲みに行った時も、階段を4階まで上れる体力だけは残すように氣をつけた。

6ca32c15b1e8292fec5a198e8b528a1f_s

以上です。

 

次回は、引っ越しについてのお話。

 

  ◎◎◎  ⏪ 前  続く⏩ ⚫⚫⚫

映画は楽しい

よく映画を観ます。

特に邦画。

外国映画は、いつも誰かが敵で攻めてきて戦うといった内容が多いし、CGが凄すぎて面白くないからです。

 

春休みや夏休みは子ども向けの映画花盛りですが、この時期は大人向けも色々あって楽しいですね。

 

まず観たのは、こちら

IMG_20160508_124613

『ちはやふる 下の句』

もちろん、上の句も観ました。

映画館には若い女の子のグループなんかも来ていて、

 

あら、どこかの高校のかるた部かしら?

 

違いますよね、きっと。

出演者のファンですよね、やっぱり。

わたしとしては、登場人物たちの恋模様より、百人一首の解説なんかをもっと入れて欲しかったけど、映画のターゲットが違いますわな~

 

そういえば、遥か昔、

 

しのぶれど 色に出にけりわが恋(こひ)は

ものや思ふと 人の問ふまで

 

という歌の書かれた年賀状をもらったことがあります。

その年賀状を見て最初に思ったことは、

 

こいつ、この歌の意味わかって書いてんのか?

 

ま、昔の話ですけどね。

 

さて、次に観たのは、こちら

IMG_20160508_124341

『スキャナー』

野村萬斎さんのファンとしては、外せない作品です。

でも、わたしが初めて野村萬斎さんを観たのは、『子午線の祀り』という4時間近い超大作の演劇ででした。

他に鈴木瑞穂、三田和代、市川右近、観世栄夫さんなど、新劇、歌舞伎、能の世界の選りすぐりの方々が出演された、大変見応えのある舞台でした。

その中でも、最後まで声も姿勢も崩れることなく美しかった野村萬斎さんに驚き、そしてファンになってしまったのでした。

 

さて、最後は、こちら

IMG_20160508_124554

 『64(ロクヨン)』

横山秀夫といえば、警察小説で有名です。

それも、普段なら目につかない職種の人を主人公に骨太の作品を書かれています。

テレビドラマになった作品も、数多くありますね。

大好きな作家さんです。

そして、キャストも、これまた大好きな佐藤浩市さんをはじめ、大変豪華となっています。

あ~、後編が待ち遠しい!

 

これからも、観たい映画が目白押しなので、週末は忙しい~‼