体は正直

 
最近、しみじみ感じていること。
 
 
 
体は正直
 
 
 
 
これでも、昔は運動神経が良くて足も早かったし、鉄棒も上手だったし、テニスやスキーも得意でした。
 
 
 
でも……
 
 
 
 
還暦も過ぎた最近は、バス停にバスがいるのが見えてもダッシュできない。
 
 
走ったとしても、すぐに息が切れる。
 
 
 
 
 
先日も、湯船から上がろうとして足が滑り、
浴槽の縁で肋骨をしたたかに打ちました。
 
 
 
 
痛かった 😢
 
 
 
 
ヒビが入ったみたいで、日課としている朝ヨガもできず 💧
 
 
 
 
 
若くはない自分の体を、受け入れることにしました。
 
 
 
 
 
今は、湯船から上がる時には、浴槽の縁に、
ちゃんと両手をついて、体をしっかり支えるようにしています。
 
 
 
 
バス停にバスが見えても焦らず、
間に合わなければ、次のバスを待ちます。
 
 
 
 
でも、これって、
 
 
 
 
自分の体を大事にする
 
 
 
 
ってことでもあるね 🎵
 
 
 

「お前」意味は

 
 
(語源辞典より)
 
 
 
 
と、辞書には、こうあります。
 
 
 
辞書的な意味は、誰でも調べればわかることなので……
 
 
 
 
わたしが普段、講座やワークショップでしている感じでのお話をします。
 
 
 
 
 
 
お:絆  
 
「お」の音は、口腔に大きな空間ができます。
そこからのイメージは、
 
おおらかに受け入れる
存在感と包容力
 
 
です。
 
 
 
 
 
ま:中心・ゼロポイント
 
「ま」は、「床の間」というと「空間」を、
「束の間」というと「時間」を指すことから時間と空間の本質を表します。
 
 
 
 
 
え:  進化
 
「エルメス」というブランド名からわかるように、
「叡知」や「憧れ」を表す音。
 
 
その他、「笑顔」の「え」でもあり、「思いやり」や「心づかい」といった
エネルギーを持った音です。
 
 
 
 
 
いかがでしょうか?
 
 
 
 
本来は、決して
 
 
 
 
人を見下す
 
 
 
 
ようなエネルギーを持った言葉ではありません。
 
 
 
むしろ、その逆です。
 
 
 
 
けれど、エネルギーは抽象的なもの。
 
 
 
言葉のエネルギーを、
 
 
 
どのような意図で
 
 
どの方向へ働かせる
 
 
 
かは、使う人の意識次第です。
 
 
 
 
あなたは、言葉のエネルギーを、どう使いたいですか?
 
 
 
 
 
 
 
また、数霊としては、
 
 
 
37
 
 
 
となり、柔らかさと硬さの両方をあわせ持つ言葉です。
 
 
 
「お前」という言葉には、確かに
 
 
 
柔らかさ
 
 
 
 
 
 
硬さ
 
 
 
 
の両面がありますね。
 
 
 
 
時と場合に合わせて、賢く使っていきたものです。
 
 
 
 
 

自粛する❗️❓

 
中日ドラゴンズの応援歌の歌詞が問題視されているようです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
問題視されているのは、
 
 
 
お前
 
 
 
という言葉。
 
 
 
 
 
これが、
 
 
 
 
教育上よくない
 
 
 
というのです。
 
 
 
じゃあさぁ~
 
 
 
かっ飛ばせ~  ○○(選手の名前)
 
 
 
は、命令口調だから、やめるのか ❗️❓
 
 
 
って、つい突っ込みたくなるんだけど……
 
 
 
 
 
 
 
こういったことは、これまでもありました。
 
 
 
簡単なのは、
 
 
 
自粛すること
 
 
 
つまり、
 
 
 
なかったことにする
 
 
 
 
 
 
そうか?
 
 
 
と思います。
 
 
 
 
そんなに簡単に、言葉を殺さないで❗️
 
 
 
 
と。
 
 
 
 
 
 
こういう問題が起こるたびに、わたしは思うのですが……
 
 
 
 
言葉
 
 
 
には、
 
 
 
色々な側面
 
 
 
があります。
 
 
 
つまり、
 
 
 
言葉の意味
 
 
 
は、
 
 
 
ひとつではない
 
 
 
 
なのに、言葉の1つの側面だけを捉えて
 
 
 
 
あーだ
 
 
こーだ
 
 
 
言って、自粛で落ち着くってのは、
 
 
 
 
いかがなものか
 
 
 
と。
 
 
 
 
 
 
こんなときには、この言葉には、
 
 
 
こんな意味
 
 
あんな意味
 
 
 
があって、ここでは、この意味で使われているんだよ。
 
 
 
 
でも、場面によっては、使ってはいけない場合もあるとか、
 
 
 
 
言葉の使い方
 
 
 
 
を教えてあげて欲しい。
 
 
 
 
 
それが、
 
 
 
教育
 
 
 
だと思うのです。
 
 
 
 
 
 
言葉の1つの側面だけを問題視して
自粛という名の、抹殺をしないで欲しい。
 
 
 
 
 
言葉が問題になるときは、その言葉の意味について
 
 
 
 
考えて
 
 
 
使い方
 
 
 
 
を学ぶチャンスにして欲しい。
 
 
 
 
 
それが、教育。
 
 
 
 
 
 
そして、
 
 
 
教育(学ぶ)
 
 
 
は、
 
 
 
子どものためだけ
 
 
 
 
のものではないとも思います。