22.イジメから抜け出す

自分の氣に入らない人間を積極的にいじめることのできる人間が、この世の中には存在する。

 

ということを、自分がイジメに遭って初めて知りました。

 

わたしだって、それまでの20年足らずの人生で、

 

なんか合わないな

 

とか、

 

どうも好きになれないな

 

と感じる人くらいいました。

でも、だからといっていじめるという行為に至ったことはありません。

だって、そういう人とは距離を置くなり、関わらないようにすればいいだけです。

なんで、わざわざ『いじめる』必要があるでしょう。

 

630db5b05afb35bf85da6688d6f5cefb_s

 

 

自分が深刻なイジメに遭っていると認識し、孤立感に苛まれてたころ。

ふと、こんなことを思いついて実行しました。

 

まず、

 

課の中で孤立するなら、課以外に友達をつくる。

 

名古屋支店に異動になった直後からイジメに遭っていたわたしには、名古屋支店内に知り合いは一人もいませんでした。

その孤独感を癒すためには、課以外の世界に出ていくしかありません。

その頃の名古屋支店ではサークル活動が盛んでしたので、そのうちの一つに入りました。

そして、そのサークルのメンバーに誘われて、組合の連絡員にもなりました。

社内組合が各課に一人連絡員を置くことになっていたのですが、仕事が忙しいのに、わざわざそんな役割まで引き受ける人はいませんでした。

こうして、わたしは自分のいる課以外に、友人を作っていきました。

他の課に書類を取りに行ったりしたときに、その友人のところにちょっと寄ってひと言ふた言言葉を交わすだけでも、わたしの心はホッと一息つくことができました。

また、四日市支店の仲間が、わたしがイジメられていることを知って、月に一回くらい飲みに誘ってくれたのも嬉しいことでした。

飲み会のある日は、名古屋支店での仕事を終えると、わざわざ四日市まで飲みに行きました。

愚痴をこぼすためではありません。

とりとめのない話をすることで、イジメを忘れるためです。

469217a09e70bb0f471b48836e7ac330_s

そうやって、なんとか日を過ごしていましたが、イジメが根本的に解決したわけではありません。

 

毎朝、胃が痛くなる思いを抱えながら、地下鉄で会社に向かう日々でした。

どんなに辛くても苦しくても、家に生活費を入れるという母との約束があります。

次の仕事が見つからない限り、今の会社を辞めることはできない。

わたしの心は、悲壮感でいっぱいでした。

 

 

 ◎◎◎ ⏪ 前   続く

 

 

 

 

 

 

『ときめき手帳ワークショップ&名古屋飯ランチの会』開催報告

1月10日と21日に開催いたしました

ときめき手帳ワークショップ&名古屋飯ランチの会』

遅ればせながら、開催報告をさせていただきます。

まずは、今回のワークショップの先生、織田愛さんのブログ

そして、10日の参加者の皆さま

ヒーリングサロン緑の丘の吉島陽子さん

リフレクソロジーschool&salon nagi の仲田安枝さん

足圧ふみふみの山口藍子さん

DSC_3768

愛ちゃん、ごめん!!

オレンジジュースのビンが邪魔してた~!!

 

そして、21日の参加者の皆さま

クリスタルボウル演奏と靈氣の田村美和子さん

それから、マインドブロックバスターインストラクターの吉岡真由美さんと
Sachiyo Isozakiさん

DSC_4524  愛ちゃんの説明している様子が良くわかります。

 

このワークショップは、日々の運勢の出し方のお話を聞いた後は、ひたすらひたすら手帳を塗り上げていき、自分だけのカラフルなときめき開運手帳を作り上げていくというもの。

  こんな感じで、愛ちゃんが説明してくれます。

 

  わたしたちの計算結果を確認する愛ちゃん。

 

ここでミスると、あとが大変。慎重にチェックします。

 

それから、ひたすら手帳に塗り塗り・・・

 

この色の塗り方に、人それぞれの個性が出て、面白かったですよ!

あ~、みんなの手帳の写真を撮り忘れた!!

 

IMG_20160127_172336たとえば、こんな感じ

 

自分で色を塗ると、なんか手帳が愛しくなってくるんですよね。

 

ワークショップ終了後は、わたくしの作った名古屋飯。

今回は、あんかけスパゲティとパクチーサラダなど。

そうそう、10日には、愛ちゃんから当日のラッキーフードとしてオレンジジュースのリクエストいただいていたので用意しておいたのですが、そのほかにわたしが勝手に作ったサラダのパクチーとカキフライのカキも、実はラッキーフードだったことが、のちに判明しびっくりという嬉しいおまけつきでした。

 

ご参加くださった皆さま、ありがとうございました。

 

 FB_IMG_1453377073687

 

 

 

 

 

 

『 謙遜 』と 『 謙虚 』

フェイスブックでつながっている方から、こんな質問をいただきました。

抜粋で紹介させていただきます。

 

* * * *  *

 

謙遜って、 いつ頃日本に入ってきたのでしょうか?

戦国時代に謙遜してたら抜擢されないですよね?

ブッダは唯我独尊って言ってますよね?
自分を大切にしてますよね。

 

いつから、 ややこしくなったのでしょう??

 

* * * * *

 

といった内容でした。

すでに返信済みですが、せっかくなので、もう少し詳しくしたものを、ここに紹介させていただきます。

 

* * * * *

 

まず前提として『言葉は環境から生れたてきた』ものです。


『伝える』という点のみに着目すると、言葉は単なる道具ですが、『環境から生まれる』という点に着目すると、言葉もまた、その国が誇る素晴らしい文化であることがわかります。


『謙遜』は、かつての中国で生まれた言葉(考え)です。
ちなみに、漢字(中国語)はだいたい5C頃から日本に伝わってきたと言われます。

693c041886ec99996f4af75481805e66_s

 


それぞれの漢字の意味は、

謙・・・『へりくだる、でしゃばらない』

遜・・・『へりくだる、少し劣る、譲る』

となっています。


『謙遜』という言葉の意味も、『自分を低いものとして、相手に対して控えめな態度をとる』とあります。


よく似た言葉に『謙譲』がありますが、こちらは『自分の能力や功績を人前で誇ったりせず、相手を立てることを第一とする』とあります。


『謙遜』には、まず自分を低いものとするという発想がありますが、『謙譲』には自分に能力や功績があることが前提になっていることがわかります。

『謙譲の精神』という表現があるように、本来の日本人には『謙遜』より『謙譲』の方が、その心に叶っているように思います。

 

ちなみに『謙遜』を言靈でエネルギー翻訳すると、『大いに寄り添う気持ちを表に出す』といった意味になります。

そのエネルギーをどんどん強調していった結果、ただひたすらに自分を低くするという、現在の『謙遜』になっていったのかも・・・

 


さて、『唯我独尊』ですが、これは釈迦が唱えた『天上天下唯我独尊』の略。

つまり、こちらはインドで生まれた言葉です。

言葉の意味は、

 

天と地の間にあって、我より尊い存在はない。

 

という、自尊心を称えた言葉です。


かつての中国で生まれた言葉と、インドで生まれた言葉。

環境が違えば、そこで暮らす人々の思想も異なり、生まれる言葉も変わります。


面白いものです。