47.『 書く 』 ということ

 先月から『 文芸の道 』という連載を新たに始めました。

その中で、いずれ詳しく書く予定ですが、前の結婚でとても苦かったとき、わたしには『 書く 』ということがありました。

 

ba7dd8d83d65fef6d458dd3416e28a20_s

 

小説の登場人物たちに、消化できない思いを投影させることで、何とか息をすることができていたように思います。

『 書く 』 ことで癒されていたのです。

 

まさに『 書く 』という行為には、そんな効果があります。

 

 

544931630e5d352d556073c7a7cff75a_s

 

書くのは日記でも、ブログでも構いません。

紙の上に(パソコンの画面に)落としていく。

そんな感じでいいのです。

 

心の中で考えているだけだと、いつまでも考えがまとまらず堂々巡りをしてしまいがちです。

 

b8b25fb3b973b764dd6f1e40c0125952_s

 

けれど、書き出すことで堂々巡りに歯止めがかかります。

書き出したものを読むことで、客観的に見たり考えたりすることができるようになります。

 

すると、

 

じゃあ、どうすればいいのだろう

 

と、前に進む力が湧いてきます。

 

786f977549fc19f40f43bb1976abd8fa_s

 

 

書いている本人が癒されながら、読んでくださる方の心も癒せたなら、

こんな素晴らしいことはありません。

そんな幸せなことはありません。

 

『 書く 』ことに出会えた喜びを、今改めてかみしめています。

 

◎◎◎ ⏪ 前  続く ●●●

思いつきのひと言

自分というものをしっかり持ってこそ、

人との対等な関係が築けるんじゃないのかな?

思いつきのひと言

たとえば、

ずるいことや卑怯なことをしようとすると、

 

女がすたる

 

と思う自分がいる。