36.意識を変えて開運へ

6b2e2da048959f3475df483bc42c9338_s

40過ぎの何の資格も特技もない女を、世間は必要としていない。

派遣社員として働き出してからも、ずっと心の隅にあった思い。

湯治場のような職場で、自分への自信を回復していっても、この思いはなかなか拭うことができませんでした。

出口のない迷路に迷い込んだような、悶々とした日々を過ごしていた、ある日。

こんな考えが、ふいに浮かんできました。

 

この世の中には、若ければいいという仕事ばかりだろうか?

ある程度の年齢の社会経験のある人間の方がいい仕事だってあるはずだ。

1b7d3ea694096f72293b178e27eef95b_s

その時、思い出したのは離婚届を出しに行ったときの光景でした。

離婚届を役所に取りに行ったのは前夫、提出はわたしでということでした。

精神的にいっぱいいっぱいの中で提出に行ったので、日付も時間帯もよくは覚えていません。

  28.結婚生活にケリをつける

 

ただ、その時窓口で対応してくださった方のことはよく覚えています。

年配の女性で、いたわるようなまなざしと口調が印象的な方でした。

もし、あの時窓口にいたのが若い女性で、

 

あ、離婚届ですね~

 

と軽く言われていたら、わたしはその場に卒倒して倒れていたかもしれません。

わたしは、あの時窓口にいた女性の対応に、本当に心慰められたのでした。

e89f9a940a56f7bcd4506ae6f7c9496c_s

 

そうだ。

わたしにだって役に立てる場があるはずだ。

 

内側からチカラが湧いてくるようでした。

 

その後、派遣社員として1年経ったとき、わたしは派遣元の上司に、離婚して実家に居候していることや、正社員になって自立を目指していることなどを正直に話しました。

そして、こう頼んだのです。

 

きちんと身分を保証された正社員としてなら、日本全国どこでも行きます。

 

と。

幸か不幸か、子どもはおらず、可愛がっていた犬にも死なれていて、わたしはどこにでも一人で自由に行ける身でした。

 

わかりました。

就職先を探してみましょう。

 

上司はそう言って帰っていきました。

   34.漆黒の闇と魔法の呪文

 

それから2~3週間経ったころでしょうか。

上司から連絡がありました。

 

就職先が見つかりそうですよ。

 

それは、かつて勤めていた損保が持っている財団でした。

前職が辞めたあと新卒を雇ったのですが、

 

とても務まりません

 

といって、すぐに辞めてしまったとのこと。

財団というのは、理事や評議員などにどれだけ、いわゆる名士を集められるかが重要です。

それが財団のステータスに繋がるからです。

その財団の役員も、一流企業の会長・社長から大学の名誉教授まで、そうそうたる顔ぶれでした。

新卒の女性は、その顔触れに恐れをなして辞めたのでした。

そこで、彼の財団では、『損保のOBで、なおかつ40歳前後の社会経験の豊富な女性』を探していたのでした。

ただし、職場は東京の新宿。

長野生まれ名古屋育ちのわたしにとって、東京で唯一土地勘があったのは新宿でした。

なぜなら前の仕事の出張で、年に数回東京に行っていて、その際の宿泊先は新宿が多かったのです。

 

行きます!

 

即答です。

まるで、わたしのために誂えられたかのような職場でした。

急遽、年末に面接のために上京。

そして、年が明けてから京都に一人で、一泊旅行に行きました。

 ff70c6af8cc356496221cf87f2a240c5_s

名古屋に住んでいると、京都はすぐ目と鼻の先。

若いころから、友人と、あるいは一人でと、京都には何度も行っていました。

派遣社員としての生活も落ち着いてきたし、久しぶりに一人でのんびり行ってこようと、そもそも予定を入れていたのです。

面接の結果が氣になりながらも、京都へと向かいました。

 

 

その京都で、また不思議な体験をするのでした。

 

◎◎◎  ⏪ 前  続き ⏩ ●●●

連載プロフィール目次 ☆☆☆

35.靈山で遭難!?

派遣社員として働くことを決め1年経ったところで、

上司に正社員になりたい旨を伝えたというところまで、

お話は進んだのですが、少し時間を巻き戻します。

 

注)今回のお話は、ちょっと長いです。

  でも、一氣にお伝えしたいので。

 

2914837646a7e6f0ea65e26c092120d8_s

母が好んで通っていた入浴施設がありました。

天然木でできた建物の中には、波動風呂なるもののほかに

足圧マッサージをしてくれる人やオーラ写真の撮影をしてくれる人などがいました。

おまけにランチはマクロビ系。

dbd802547f0a2f4d8a5c82ed9783fc9f_s

 

今から10年以上も前の名古屋の片隅とは思えないコアな空間でした。

母を連れて行きながら、わたしもマッサージを受けたりしていました。

生まれて初めてオーラ写真を撮ったのも、ここです。

DSC_5262

 

ある日、足圧マッサージの先生から、こんな話を聞きました。

 

岐阜にある靈山のお水がとてもいい。

だけど、行きたくてもいけない人がたくさんいるのよ。

行こうとすると体調を崩したり、外せない用事が入ったりしてね。

お山に呼ばれていないと行けないの。

 

行きたいと思いました。

行こうと決めました。

 

派遣社員として働き出して数カ月。

休みを取っていくことにしました。

けれど、家族には靈山に行くとは言いませんでした。

びっくりするかもしれないし、そんなに悩みが深いのかと心配するかもしれないと思ったからです。

 

fb87aa793999ffdea3cf642e44b39396_s

 

 

 

さて、休みを取った当日、家族には友だち会いに行くと言って家を出ました。

目指すは、岐阜の靈山。

カーナビなど、まだそんなに普及していない時代。

もちろん、わたしの軽自動車についているわけがありません。

助手席に地図を置いて、いざ出発!!

 

言い忘れていましたが、わたしはハンパない方向音痴です。

それも、たいていは反対の方向へ行ってしまうので、同じところへ行くのでも人の倍は時間がかかります。

 

ところが、

 

ここへ行くぞ。

行きたい。

 

と真剣に思ったところには、

道路標識や看板などがバンバン目に入ってきて迷ったことがありません。

 

あ、でも、用事の済んだ帰り道は思い切り迷いますけどね。

 

 

 1fc649732d2e2b5288f6758e093e9c2a_s

その日も、スムーズに進んで行きました。

 

難関は、カーブの多い山道です。

 

車を運転したことのある人ならお分かりかと思いますが、

カーブ続きの山道は運転がとても難しいのです。

 

ところが、そのカーブの多い山道へ差し掛かると、

わたしの車の前に、どこからともなく大型トラックが入ってきました。

 

わたしは、とにかくそのトラックの後ろに必死で付いていきました。

 

そして、難関を通り過ぎて安心した途端、トラックはどこへともなく走り去っていったのでした。

 

そうして、無事、靈山のふもとの駐車場に着くことができました。

 

 

 

 

本当は、途中のコンビニで飲み物や食べ物を調達する予定でした。

しかし、余裕がなくて何も買わずに来ていました。

 

 

さっと上って下りてくればいい。

 

 

簡単に考えていました。

 

靈山といっても2時間もあれば登れる低い山と聞いていたからです。

 

氣のはやっていたわたしは、登山者向けの案内パンフレットを車に置いたまま、

そそくさと山へ向かってしまいました。

 

 

 

はて?

登山口はどこだろう?

???

 

 

さて、わたしはどうしたでしょう?

 

 

 

山なんだから、上に向かって上っていけば、頂上に着けるはず。

 

 

と考えたのでした。

 

 

*良い子は真似をしないでね

 

 

適当なところから、山に入っていったわたし。

道なき道を、草を掻き分け石ころによろめきながら、上っていきました。

 

想像以上に大変でした。

 

息は上がるし、足は痛い。

 

ヘロヘロになったわたしの眼前に、牛の放牧場が・・・

 

 

c6610b161afdd4397bd9c84592368b6e_s

 

 

その向こうに見えるのは、登山道ではありませんか。

 

楽しそうに上っていく人たちの姿。

 

 

あ~、あそこへ行かねば・・・

 

 

勇気を出して放牧場を横切ることにしました。

 

そのとき、わたしは赤い服は着ていませんでした。

 

けれど、もし牛がびっくりして突進してきたらどうしよう。。。

 

そこで、

 

 

失礼します。

ちょっと、通らせていただきます。

 

 

きちんと声に出して言いながら、ペコペコ頭を下げつつ牛たちの間を通り抜けていきました。

 

*良い子は、絶対に真似をしないでね

 

 

ようやく登山道に出ることができた~!

 

しかし、道なき道を無理して上ってきた、わたしの足はすでに限界でした。

 

特に、途中で捻ってしまった左足は、もうほとんど動きません。

 

痛くて痛くて泣きそうでした。

 

 

見ると、上の方から一人のおじいさんが下りてきます。

 

 

頂上までは、あとどのくらいですか?

 

 

わたしが聞くと、

 

 

あと、ちょっとだよ。

 

 

そのおじいさんは笑顔で教えてくれました。

 

 

あと、ちょっとかぁ💛

 

 

元気が出てきました。

 

わたしは気分よく歩き出しました。

けれど、すぐにまた足が痛み出しました。

すると、今度は老夫婦が下りてきて言いました。

 

 

ここからは、ルンルンの道だよ。

(本当に、そう言ったんです)

 

 

そうか、ルンルンの道なんだ 💛

 

604d99122553e0ff1c1ef5aea24c33db_s

 

 

勇気が湧いてきました。

 

わたしは、再び歩き出しました。

 

でも、またすぐに足が痛みだしました。

 

 

もう、ダメだ。

ほんとに、今度こそもうダメだ。

 

 

 

グッタリ していると、また別のおじいさんが下りてきて言いました。

 

 

頂上は、もうすぐだよ。

 

 

 

え、そうなの。

せっかくここまで上ってきたのだから、頑張ろう 💛

 

 

 

そうして、わたしは頂上にたどり着くことができたのでした。

 

fc32280821d25bbee69e891629ccddb6_s

 

 

話に聞いた湧き水も飲めました。

(間抜けなわたしは、空のペットボトルを持っていくのを忘れていました)

 

 

さあ、あとは下るだけです。

 

来た道を戻ろうとしたその時、わたしの目に飛び込んできたのは、『林道⇒』の立て札。

 

実は、マッサージの先生から「林道がいいのよ」と聞いていたのです。

 

 

これだ!!

 

 

迷わず、林道へ向かいました。

 

木枠で作られた階段を下りていくと、途中で掃除をしている青年に会いました。

 

訝し氣な目で、わたしの方をじっと見てきます。

 

 

いえいえ、わたし、この道知ってますから。

大丈夫ですから。

 

 

といった風情を醸し出しながら、横を通りすぎて行きました。

(本当は、初めて通るのに。足だって痛いのに)

 

 

しばらく行くと、階段はなくなりました。

 

代わりに現れたのは、大きな石ころがゴロゴロ転がっている舗装されていない道でした。

 

だんだん心細くなりながらも、わたしはひたすらにその道を下っていきました。

 

 

!?

 

 

わたしの頭の中に、一つの疑問が湧いてきました。

 

この道は、どこに続いているのだろう?

 

 

d20e9daeb6857e45795dfa19574b1c10_s

 

 

この林道を下っていった先が、どこなのか。

 

わたしが車を置いてきた駐車場に、果たしてたどり着けるのか?

 

???

 

 

ぞっとしました。

 

苦労して下りたところが、山の向こう側だったら、どうやって駐車場まで戻ればいいのでしょう。

 

 

痛みと不安で、歩みが遅くなります。

 

喉も乾いていました。

 

お腹もペコペコでした。

 

唯一持っていた梅仁丹も食べ尽くしていました。

 

 

 

このまま、ここで行き倒れになるのか。

 

 

 

真剣に、そう思いました。

 

 

すると、そこへスーッと一台の4WD車がやってきて、わたしの横に止まりました。

 

見ると、先ほどの青年です。

 

 

もしかして、道に迷われたのではありませんか?

 

 

 

わたしは、驚きました。

 

まさか、岐阜の山奥で、こんな美しい日本語を聞くとは!

 

今でも一言一句、はっきり覚えています。

 

 

 

もしかして、道に迷われたのではありませんか?

 

 

 

彼は、確かにそう言いました。

 

しばし、その美しい日本語にボーっとなった次の瞬間、

わたしは車のドアにしがみついていました。

 

 

この車は、どこへ行きますか?

 

 

 

必死の形相で、そう尋ねたのでした。

 

 

どこからいらしたのですか?

 

 

 

ふもとの駐車場です。

 

 

 

では、そこまで乗せていきましょう。

 

 

 

というわけで、車の助手席に乗せていただくことになりました。

 

感謝、感謝。

 

心の中は、感謝の気持ちでいっぱいでした。

 

392c25859d1035a3af435facd6441c17_s

 

 

汚くてすみません。

 

青年は、そう言いながら助手席の荷物を後部座席に移し、

 

 

汗臭くてスミマセン

 

 

と言いながら、わたしは助手席に。

 

 

ほっとしました。

これでやっと戻れる。

無事下り着いたら、まずは何かを食べよう。

 

 

 

わたしの頭の中は、食べ物のことでいっぱいでした。

 

なのに・・・

 

車が急に止まりました。

 

 

何をしてるの?

わたしは疲れているし、お腹もペコペコなのよ。

早く車を走らせてよ。

 

 

 

先ほどの感謝の気持ちは、どこへやら。

ああ、何という恥知らずでしょう。

 

 

 

ほら、あそこに鹿が・・・

 

 

青年の言葉につられて目をやると、

森の中から一頭の鹿が、こちらをじっと見つめているではありませんか。

 

 

57d3bebb0e0f7b8b84badfe6bb50c7aa_s

 

 

 

しばらくは、一頭と二人が、じっと互いに見つめ合っておりました。

 

まるで時間が止まったようでした。

 

 

どのくらいそうしていたでしょう。

 

鹿は森の中へと消えて行き、青年は再び車を走らせました。

 

 

珍しい

普通、野生の鹿は人間を見ると、すぐに逃げるんですけどね

 

 

 

青年は言いました。

 

 

けれど、わたしの頭の中は、相変わらず食べ物のことでいっぱいでした。

 

 

 

無事、駐車場まで送り届けていただき、お礼の挨拶もそこそこに、

わたしは隣接している食堂に駆け込み、ようやく空腹を満たすことができました。

 

 

痛めた左足は、自分の両手で持ち上げて乗せなければならないほど、ひどい状態でした。

 

車がオートマチック車だったから良かったものの、マニュアル車だったらとても運転できなかったでしょう。

 

 

 

そして、帰り道は迷いまくり。。。

 

 

不思議なのは、家に帰ってお風呂に入ったら、足の痛みがすっかり取れてしまったことでした。

 

あ、不思議なことは他にもたくさんありましたっけ。

 

最後に、もう一度。

*良い子は、絶対、絶対真似をしないでね

 

 

後日談:

車を降りるとき、青年の名前も聞かずにいたのでした。ただ、彼が森林管理事務所から頼まれて林道の掃除をしていると車の中で聞いたのを頼りに、それらしい管理事務所に、こんな青年にお世話になりましたと、お礼の葉書を出したのですが、なしのつぶてでした

 

  ◎◎◎  ⏪ 前  続く

 

 

 

 

34.漆黒の闇と魔法の呪文

どん底の頃に、こんな夢を見ました。

 

 

 

見渡す限り漆黒の闇。

ただ暗いのではありません。

ほのかな明かりやコメ粒ほどの光もない、漆黒の闇。

 

けれど、その闇の向こう側に光り輝く太陽があることを、

わたしの心は知っている。

 

 

そんな夢です。

 

 

469217a09e70bb0f471b48836e7ac330_s

 

 

 

目が覚めたとき、

 

もしかしたら、わたしはここから抜け出せるかもしれない。

 

と思いました。

 

確信と言うほどのものではありません。

 

その夢を見たからといって、にわかに力が湧いてくる、

なんてことでは決してありませんでした。

 

 

 

ほのかに漂う気配

 

 

 

そんな表現が、一番しっくりくるでしょうか。

 

 

c11ecff348a591edb6e3701cc41b0611_s

 

 

 

派遣で単発の仕事をしながら正社員の口を探すという当初の計画は、

早くも頓挫していました。

 

 

わたしが出した結論は、

 

 

 

派遣社員として働く

 

 

 

ということでした。

 

 

わたしの望みは正社員になることです。

 

それも、ある日突然クビにされるようなことのない、

身分がきちんと保証された雇用体制の整った会社への就職です。

 

電話一本でクビにされるなどという理不尽な目には

二度と遭いたくありませんでした。

 

欲しかったのは安定と保証です。

 

 

なのに、派遣社員で働くことを決めるというのは

矛盾しているようでもあり、大きな賭けでもありました。

 

 

当初、派遣社員になってしまったら

正社員になるチャンスがなくなると考えていました。

 

しかし、そうでなくても、正社員への道は簡単には開けませんでした。

 

そこで、腹をくくって派遣社員としての実績と信用を作ることに決めたのです。

 

 

最初から正社員になりたいけど派遣で働きますというのは、

相手先に対して失礼だと思いました。

 

なので、とにかく派遣社員として一生懸命に働いて、

1年経ったら自分の置かれた境遇と正社員になりたいという希望を持っていることを

派遣元の上司に話そう。

 

そう決めました。

 

 

230f18d2c96883092cf2484455235fd8_s

 

 

 

派遣先は、すぐに決まりました。

 

損害保険関連の社団法人です。

 

そこは、よく人にも言うのですが、

わたしにとっては、まるで湯治場でした。

 

社団法人なので、あからさまに数字を追いかけることはありません。

 

 

例えば、営業なら

「今月の目標〇〇件成約!!」

「打倒T社!!」

 

 

事故処理なら

「目指せ! 自己受付から〇〇日以内の処理!!」

 

 

といった類のスローガンが壁に貼られているのが、

損害保険会社の常であるわけですが、そういうものがなくてすっきりしています。

 

職員のみなさんも、どこかほのぼのしている。

 

(ごめんなさい。一人一人は、一生懸命働いていたと思うのですが、

損保の雰囲気を知っているわたしには、そう見えてしまったのです)

 

 

そんな職場で、わたしは徐々に自分に対する自信を取り戻し、

人間不信も払しょくされていきました。

 

 

 

けれど、単調な仕事をこなしていると、時折、

 

 

どうして、この人たちが職員で、わたしが派遣社員なんだろう

 

 

という思いが、どうしようもなく湧いてきてしまうのです。

すると、どうしても気持ちが重く暗く沈んでいきます。

 

 

 

どうしたら、明るく前向きな気持ちになれるだろう。

 

 

 

考えました。

 

 

 

そこで思いついたのが、こんな呪文です。

 

 

 

今に集中

自分に集中

 

 

 

ちょうど、その頃していたのは、登録カードのメンテナンスの仕事でした。

 

登録カードというのは、ハガキより一回りくらい小さい薄い紙でできたカードです。

カードというより紙片という方が近いようなものです。

 

それが、一つのケースに何百枚もずらっと並んで入っています。

 

その中からメンテナンスの必要な一枚を取り出して、内容を修正していく。

それが、その時していた仕事です。

 

何百枚もある中から、薄い紙一枚を探し出すのは、なかなかに面倒な作業でした。

 

ところが、

 

 

 

今に集中

自分に集中

 

 

 

と唱えると、あら不思議。

目指す一枚が、ドンピシャで見つかるのです。

探す暇もないのです。

 

 

 

この辺かな

 

 

 

辺りを付けたところに、まさに目指す一枚があるのです。

 

まるで、魔法のゲームのようでした。

面白くて仕方ありません。

 

わたしは、呪文を唱えてはカードを見つけていきました。

作業はとんとん拍子にはかどりました。

 

 

 han0204-049

 

 

やがて1年が経ちました。

 

 

派遣会社の上司がやってきました。

(年に数回、上司が様子を見に派遣先を回っていたのです)

 

 

 

今だ。

今、話さなければ。

 

 

 

わたしは、離婚して実家に居候していることや、

正社員になって自立を目指していることなどを正直に話しました。

 

 

 

わかりました。

就職先を探してみましょう。

 

 

 

上司はそう言って帰っていきました。

 

 

 6ca32c15b1e8292fec5a198e8b528a1f_s

 

◎◎◎  ⏪ 前  続く⏩⚫⚫⚫

連載プロフィール目次 ☆☆☆