思いつきのひと言

最近、少々人間関係にお疲れ気味。

多分、わたしの中に明確な何か、ヒラタイ言葉で言えば、『好み』なのかなぁ~

やっぱり、そういうものがあってね

 

そろそろ、人間関係も棚卸しの時期かも…

人生史上、最も美しい光景

その時、わたしはバス停にいました。

バスを待っているわたしのすぐ近くに、一組の親子が楽しそうに笑いながら、追いかけっこをして遊んでいました。

 

お父さんの方は、50代後半から60代前半。

男の子の方は20代前半だったでしょうか。

男の子には、軽い知的障害があるようでした。

 

690ab35aca6967fcc27411cf738dc57b_s

 

弾けんばかりの笑顔

青空に響く笑い声

入り混じる軽やかな足音

 

回りとは全く違う空気感が、彼らを取り囲んでいました。

きらきらとした輝きが、そこにはありました。

 

わたしは、訳もわからず胸がいっぱいになって、涙がこぼれるのを抑えることができませんでした。

0ee12252e8b815201b9330c6dc5d34f3_s

 

彼らも毎日そんなに笑顔で暮らしているわけではないでしょう。

こんな風に笑顔で追いかけっこができるのも、ごくまれなことかもしれません。

 

f78e8a4a17176594c153129069ae803c_s

 

その後も、時々その時の光景を思い出すのですが、そのたびに泣けてきます。

今、ブログを書いていても、やっぱり、また泣けてきます。

 

 

あの時の輝きは、愛の輝きだったのだと思います。

命の輝きだったのだと思います。

 

お父さんの、息子さんに対する愛。

息子さんの、お父さんに対する愛。

そして、彼らの命の輝き。

 

6f09ba72250d1ca86448553aabd7abc8_s

 

 

この時の光景は、わたしの人生の中で最も美しい光景です。

そして、今後も、これ以上美しい光景に出会うことはないだろうと思うのです。

 

 

 

思いつきのひと言

名は体を表す

 

とは、よく言われますが…

 

言葉は人生を表す

 

のだとも思うのです。