枠を超えて

 
 
日本橋三越には、よく行くのですが、今日、初めて見つけた場所があります。
 
 
 
 
 
 
 
 
こちら、メーカーの枠を越えて商品を試させていただけるコーナー。
 
 
4月からできたのだそうです。
 
 
化粧品って、特にお気に入りのメーカーがない場合、
例えばリップひとつ探すにも、あちらのメーカーこちらのメーカーと見て歩くのは、
結構しんどい。
 
 
 
ですが、ここなら、希望を言えば、あちこちのコーナーから見繕って持ってきていただける。
 
 
そして、じっくり試せる。
 
 
 
 
わたしは、ちょうど秋冬用のリップが欲しかったので、
その旨と、好みの色とかをお伝えし、待つこと数分。
 
 
係りの方が、色んなメーカーのリップを何本か持ってきてくださいました。
 
 
 
それをあれこれ試し、一通り試したところで、
「さっきのを、もう一度」と試し直したり。
 
 
 
 
そうして、2本お買い上げ。
 
 
1本は、最近新調したメガネの色に合わせてみました~
 
 
 
 
 
そもそもSISLEYというメーカー、あるのは知っていたけれど、
一度も立ち寄ったことがない。
 
 
そんなお初のメーカーと出会えるのも楽しいかな。
 
 
 
 
もちろん、お会計もここでできるので、
「ついでに、こちらは?」
なんて、余計な商品を勧められることもなし。
 
 
 
 
その上、なんとSISLEYでは1本買うと、サービスリップが1本付いてくるという
ありがたいフェアの最中とのことで、一番左のリップ、いただいちゃいました。
 
 
 
なんて、素晴らしい一日だ ハート
 
 
 
 

選ぶ相手を間違えない

人間関係は、お互いさまだと思うのです。
 
 
 
 
例えば、
結構が上手くいかなくて離婚することになったとして、
(実際、わたしも一回離婚してますが)
 
 
 
必ずしも、どちらかだけが100%完璧に
 
 
 
悪い
 
 
 
とは限らない。
 
 
 
 
多くの場合は、
 
 
 
相性が悪かった
 
 
 
つまり、
 
 
 
自分とは合わない人と結婚してしまった
 
 
 
のでは?
 
 
 
 
 
なぜ、そういうことが起きるのかといえば、
 
 
 
自分のことがわかっていなかったから
 
 
 
自分のことを勘違いしていたから
 
 
 
 
そんなことが、意外とあるのではないでしょうか。
 
 
 
 
自分のことを勘違いしていれば、
勘違いしている自分に合う人を選んでしまう。
 
 
 
ということは、
 
 
 
 
自分らしく生きられない
 
 
 
息苦しい
 
 
 
で、上手くいかなくなる。
 
 
 
 
 
自分がどういう人間で、
どう生きていきたいのか
 
 
 
それが分かるようになれば、選ぶ相手も間違えなくなる
 
 
 
と思うのです。
 
 
 
自らの経験も踏まえて、そう思うのです。
 
 
 

思いつきのひと言

 

杉田水脈さんの論文は読んでいないので、
あれこれ言えないのですが……
 
 
 
少なくとも、人に対する
 
 
 
生産性
 
 
 
という言葉には、
 
 
 
 
人に対する
 
 
尊厳
 
 
 
 
暖かみ
 
 
 
 
優しさ
 
 
は、感じられない。