思いつきのひと言

目標を設定することは、大切なことだけど、

それは、今の自分から目標へ向けて、積み上げていくためであって、

決して、目標から自分を見下ろして、出来ていない自分を卑下することじゃない。

日本語を理解するには

あくのじゅうじか(アクノジュウジカ)

 

これを、どう理解しましたか?

 

日本語を学ぶ外国人にとって会話を学ぶことは、「あ」から「ん」までの音を組み合わせるだけなので、

比較的簡単なようです。

 

しかし、『書く・読む』となると、途端に難しくなります。

 

それは、日本語には漢字・カタカナ・ひらがなという、三種類の文字があるからです。

 

けれど、冒頭の文のように

 

あくのじゅうじか(アクノジュウジカ)

 

と、ひらがなやカタカナだけで書かれていると、

 

悪の十字架

 

 

なのか、

 

開くの10時か

 


 

なのか、わかりません。

 

漢字やカタカナやひらがなという文字種のおかげで、パッと見て理解することができます。

 

この文を耳で聞いて理解するのは、前後の文脈やイントネーションからということになりますね。

 

 

 

思いつきのひと言

今、とある芸能人夫婦の離婚問題が、週刊誌やワイドショーを賑わしているようですが…

状況は日々変化していくので、少し古い情報にもとづく感想になります。

 

妻側が、

 

芸能界にも日本にも執着する氣はない。

ただ謝って欲しい

 

といったことを仰っていたようです。

 

でも、

謝って欲しい

ということの方が、よっぽどすごい執着だと思うな。