思いつきのひと言

特にスピの世界では、

 

ステージを上げる

 

という言い方をするのですが・・・

 

 

うっかり陥りやすいのが、

 

ステージを上げるのは、あくまで自分自身のことで、

人と比べるものではないということ。

 

そうしないと、上から目線になってしまうことが往々にしてあるから。

 

 

人との関係性で言うならば、

 

土俵が違う

 

とか

 

別の宇宙にいる

 

と、わたしは考えます。

 

どちらが上でも下でもない。

ただ、居場所が違うだけ。

それで、いい。

 

思いつきのひと言

なにゆえ人類は言葉というものを創りだしたのか。

 

そこには、誰かに何かを伝えたいという思いがあったから。

 

この思い、大事にしたい。

理想の授業

その昔、中学校へ教育実習に行くことになった時のこと。

 

教える内容は、予め決められてはいたけれど、

 

それを、どう教えるかということを考えた時に思ったのは、

 

自分が中学生や高校生だった時に、どの先生のどんな授業が楽しかったのかということ。

 

そうして、わたしはそれを真似した授業を行った。

 

おかげさまで、生徒の評判も良く、

 

また、担当教諭からは、

 

こんな授業のうまい教育実習生は初めてだ

 

 

という身に余る褒め言葉をいただけた。

 

 

それもこれも、かつてわたしに楽しめる授業をしてくれた先生方のおかげ。

 

そして今、わたしは講座をやっている。

 

誰かに何かを伝えることは、楽しい。