メールカウンセリングのいいところ

6月から、メールカウンセリングを始めるにあたり、その良さについて、整理してみようと思います。

 

 

 

 

まず、第一に、

 

場所や時間の制約を受けない

 

ということがあります。

 

 

予約を取ったり、出向いていく必要がないのというのは、遠方にお住まいの方にも、

いつでも氣軽にカウンセリングを利用していただけるということです。

 

 

 

 

 

第二に、対面式のカウンセリングより、

 

気兼ねがいりません

 

わたしのカウンセリングにお申し込みくださる方は、

少なくともわたしのブログやホームページをご覧いただいていると思います。

 

それでも面と向かって悩みを打ち明けるのは抵抗があるという方もいらっしゃるでしょう。

 

 

メールカウンセリングなら、そんな方にも氣軽に受けていただけます。

 

 

 

 

第三に、

 

 

ご相談内容が履歴に残り

いつでも読み直していただけます

 

 

対面式のオリジナル個人セッションでも、録音はオッケーとさせていただいていますが、

メールカウンセリングは履歴として手元に残ります。

 

 


自分が何を考えていたのか

自分がどんな氣持ちだったか

 

 

あとから読み返すことで、振り返りもでき、新たな氣づきもあるでしょう。

 

 

メールカウンセリングの良さって、こんな感じでしょうか?

 

 

* * * * *

6月から、メールカウンセリングの受付を開始します。

準備が整い次第、ご案内申し上げますので、しばらくお待ちください。

* * * * *

 

思いつきのひと言

人生、胸張って生きていきたいと思うなら、普段から背すじを伸ばして歩こう。

新しい扉を開けるには

 

人は、心から納得できないことは行動に移すことができません。

 

もし、行動に移したとしても、嫌々なのでうまくいきません。

 

だから、うまくいかせるためには、

心から納得すること=「腑に落ちる」ことが不可欠です。

 

 

⇒氣づきってなんだ~?

 

 

「腑に落ちた」ことには、前向きに行動に移せます。

 

 

 

というより…

 

 

 

知らず知らずのうちに動いちゃってますから~

 

そして前向きに行動できたことは、うまくいきます。

 

 

 

 

知らないうちに動いていて、氣がついたらうまくいってた!

 

 

 

 

ということになるのです。

 

 

 

 

つまり、扉を開けてるんです。

 

 

 

 

扉、開けけちゃってるんです。

 

 

そして、わたしは、そのお手伝いをさせていただきたいと思っています。

 

 

 

 

 

 

6月から、メールカウンセリングを始める予定です。

 

準備が整いましたら、改めてご案内させていただきます。

 

それまで、今しばらくお待ちください。