八咫烏に魅せられて・・・ ②

那智の旅二日目は、 熊野古道の散策に 熊野那智大社、 青岸渡寺の参拝。

そして、「那智の扇祭り」 通称「那智の火祭り」の見学です。

 

熊野古道は、昔2か所を 歩いたことがあります。

熊野古道は長いので、 通常、いくつかの部分に分けて歩きます。

 

以前歩いたコース

 

 

今回は大門坂コースです。

 

夫婦杉

 

 

樹齢800年だそうです。

 

木一本の年齢?からして、 自然の大きさ・雄大さに、

人間は、やっぱり叶わないなぁ と、思います。

 

根元が繋がっているので、 台風が来てもビクともしないそうです。

 

 

そして、ガイドさん一押しの木に体を委ね、 そのパワーをいただきました。

 

 

 

 

熊野古道散策中に夫が撮影してくれた写真。

 

わたしの横にまぶしい光が写ってました。

 

 

次に訪れたのは、青岸渡寺。

 

西国霊場の一番札所です。 ただいま絶賛改修工事中。

でも、趣のある拝殿は、 やはり素晴らしかったです。

 

 

熊野那智大社

 

お祭りのお準備が整っていました。

 

伏せて置いてあるのが松明。

一番重いので50㎏あるそうです。

びっくりです。

 

 

 

さて、熊野那智大社で体験したのは、

御神木である樹齢850年以上の 樟の空洞の胎内巡りです。

 

御神木、 もちろん生きている木です。

その木の中を通り抜けるのです。 ありがたい気持ちで いっぱいになりました。

 

そして、出口にお札を納めます。

 

わたしたち夫婦は、もちろん

 

家内安全

 

をお願いしました。

 

 

さあ、次はいよいよ 今回の旅の一番の目玉。

「那智の扇祭り」

通称「那智の火祭り」の見学です。

 

美味しいものを美味しく

今日は、塩ねえさんとランチをしてきました。

 

伺ったのは、コレド室町の

 

ラ・ボンヌターブル

 

 

 

 

スパークリングワインとともに、美味しいランチをいただきました。

 

 

美味しいものを美味しくいただけるのは、心も体も健康であることと、楽しく語らえる仲間がいればこそ。

 

本当にありがたいことです。

 

 

そのあと福徳神社にお参り。

 

今日の楽しい時間への感謝を申し上げてきました。

 

 

 

 

 

 

目指せ、人生の目利き!

昨日は、

 

有田焼のルーツを探る

~ 目利きになるには ~

 

という会に参加してきました。

 

テレビ東京の「なんでも鑑定団」でお馴染みの、

勝見充男さんの楽しいお話とランチを楽しむという内容。

 

夫が番組のファンで、見落としのないように毎回ビデオに撮っています。

 

 

さて、先生のお話しになった中で

印象に残ったことを買いておきたいと思います。

 

 

 

目利きとは、

知識と感性のバランスがとれている人

 

 

のことだそうです。

 

 

 

そして、

 

 

偽物は知識に基づいて作られている

 

 

 

つまり、

 

古伊万里というのは、こういう特徴があるから、ここをこうして……

 

と作られる。

 

だから、知識だけで見に行くと偽物を掴んでしまう。

 

と。

 

 

 

 

まずは、

 

自分の感性に訴えてくるか

 

琴線に触れるか

 

それが、大事

 

 

 

でも、感性だけでは、欲しいと思う品物と値段が釣り合っているかがわからない。

 

だから、知識と感性のバランスとれていることが重要なんだそうです。

 

 

 

これは、なにも骨董の世界だけに当てはまる話ではなく、

ごく身近な生活の中でも言えることなのではないでしょうか。

 

 

 

そんなことを考えながら、美味しいフレンチのランチをいただいてきたのでした。