言葉は世界を変えられる

 
 
録画してあった番組を見ました。
 
 
 
写真はホームページよりお借りしました。
 
 
 
 
 
NHK「心の時代」です。
 
 
今回は、マララ・ユスフザイさんでした。
 
 
 
 
 
 
 
彼女は最年少でノーベル平和賞も受賞しています。
 
 
 
 
彼女は、常に一貫して
 
 
 

教育の重要さ

 
 
 
について語っています。
 
 
 
 
 
彼女の言う
 
 
 

教育

 
 
 
は、決して一流校に合格するために偏差値を上げる教育ではないと思います。
 
 
 
 
彼女の言う
 
 
 

教育

 
 
 
とは、
 
 
 

知ること

 

考えること

 

判断すること

 
 
 
そして、
 
 
 

広い視野を身に付けること

 
 
 
などを指しているのだと思います。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ノーベル平和賞受賞時のスピーチも素晴らしかったのですが、
今回は、国連でのスピーチから一部分をご紹介します。
 
 
 
 
親愛なる少年少女のみなさん、
私たちはすべての子どもたちの明るい未来のために、
学校と教育を求めます。
私たちは、「平和」と「すべての人に教育を」という目的地に
到達するための旅を続けます。誰にも私たちを止めることはできません。
私たちは、自分たちの権利のために声を上げ、
私たちの声を通じて変化をもたらします。
自分たちの言葉の力を、強さを信じましょう。
私たちの言葉は世界を変えられるのです。

 

国連でのスピーチより
 
 
 
 
 
特に下線部分は、わたしの目指していることと重なるので、
ご紹介してみました。
 
 
 
 
言葉は世界を変えられる
 
 
 
 
その
 
 
 
世界
 
 
 
とは、文字通りの
 
 
 
世界
 
 
 
であると同時に、
 
 
 
あなたを取り巻く環境
 
 
 
でもあります。
 
 
 
 
 
そんな
 
 
 

言葉のチカラ

 
 
を、わたしも伝えたいと思って講座やワークショップを
開催しているので。
 
 
 
 
 
流れ星 言葉のチカラを知りたい方
 
 
流れ星 言葉のチカラを身に付けたい方
 
 
は、ぜひ、こちらをご覧ください。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ただ……
 
 
わずか16歳で、こんなスピーチができたことは
大変に素晴らしいことではありますが……
 
 
 
わずか16歳の少女がこんなスピーチをしなければならない世の中は、
やっぱり、どこかがおかしいのではないかとも思うのでした。