無口な人と饒舌な人

世の中には、

 
 

無口な人

 
 
 
 

饒舌な人

 
 
がいます。
 
 
どちらがいいとか悪いとかではなく、ただ単に、
 
 
ざっくり二種類に分けられる
 
 
 
といった意味あいです。
 
 
 
 
それでは、どちらがどれだけ自分の言いたいことを言えているでしょう?
 
 
 
 
 
饒舌な人?
 
 
 
そうでしょうか。
 
 
 
饒舌だからといって、必ずしも言いたいことを言えているとは限りません。
 
 
 
 
かつてのわたしがそうでした。
 
 
 
たくさんの言葉を発しているのに、
本当に言いたいことは、何も言えていなかった。
 
 
あ、これ前の結婚の話。
 
 
 
 
 
 
無口な人は、どうでしょう?
 
 
 
無口な人は、いつも人の言いなりになっていますか?
 
 
 
自分の生きたい人生、生きられずにいますか?
 
 
 
無口であるとか、饒舌であるとか関係なく、
生きたい人生を生きている人は生きています。
 
 
つまり、無口な人は、無口なりに自分を通す術を身に付けている。
 
そんな人も、ちゃんといます。
 
 
 
もちろん、一人の人間でも
場面によって無口だったり饒舌だったり。
 
わたしは、子どもの頃
家では無口、学校では饒舌(おしゃべり)でした。
 
 
 
 
今日のこの話、
朝、たまたま夫と交わした話から思いつきました。
 
 
 
 
 
だから、とりあえずは言葉に出す方が、
自分の言葉を改めて自分の耳で聞く分、
客観性を保てるかもとは思います。