厄介な性格

 

自分のことを、
 
 
厄介だなぁ
 
 
と思うことがあります。
 
 
 
それは、わたしにとって
(あくまで、わたしにとって)
理解しがたい言動をする人のことを、
 
 
 
仕方のない人だなぁ
 
 
とか、
 
 
あの人は、ああいう人だから
 
 
と、笑い飛ばしたり、受け流したりできないことです。
 
 
 
 
どうして、あの人は、ああいう言動をするのだろう
 
 
 
と、いちいち立ち止まって考えてしまう。
 
 
 
もちろん、全ての人の言動ではなく、
たぶん、わたしの何かに触れた言動に限るわけですが……
 
 
 
でも、これって、かなり厄介。
 
 
 
いちいち、いちいち立ち止まり、
 
 
そして、
 
 
いちいち、いちいち考える。
 
 
 
正直、疲れます 💢
 
 
 
 
 
でも、見方によっては、
 
 
それは、
 
 
つまり、
 
 
それだけ
 
 
人間に対する興味が強いってこと。
 
 
興味が深いってこと。
 
 
 
だからこそ、
 
講座やセッションを開いたり、
 
小説を書いたりもできるのだから。
 
 
 
 
うん。
 
 
 
そう思うことにしよう。
 
 
 
ああ、やっと、眠れそうだ 💤