3度目のお試しが来た!

 

これまでに2度、お試しが来ました。
 
 
 
 

お試し

 
 
 
 
って、何?
 
 
 
 
 
そうですよねぇ。
 
 
 

お試し

 
 
 
とは、わたしが勝手に、そう名付けただけのもの。
 
 
 
 
わたしは夢でメッセージを受け取っとたりしますが、
その夢の中で、最もハードなものを
 
 
 

お試し

 
 
 
と名付けました。
 
 
 
 
初めてお試しが来たのは、今から20年前。
 
 
離婚したばかりの頃でした。
 
 
 
夜、寝ていると、恐ろしい形相のものが、
 
 
 

ここに来るぞ !

 
 
 
と凄むのです。
 
 
 
 
 
 
その恐ろしさといったら。
 
 
 
夢の中で、わたしは生まれて初めて味わう恐怖に
恐れおののきながらも、
 
 
 
ダメだ
 
こんなものの侵入を許すわけにはいかない
 
 
 
と、必死の思いで
 
 
 

ダメだ!

 

来るな!!

 
 
 
と、声にならない声を上げたのでした。
 
 
 
 
恐ろしいものは、退散していきました。
 
 
 
けれど……
 
 
 
目が覚めてからも、怖くて怖くて体の震えが止まりませんでした。
 
 
 
 
とてもじゃないけれど、暗い部屋で眠る気にはなれません。
 
 
かといって、明かりを付けたのでは明るくて眠れません。
 
 
 
仕方なく廊下の電気を付け、寝室の扉を少し開けて、
明かりの存在を感じられるようにしました。
 
 
 
それでも恐ろしさは消えず、どうすればいいかと悩んだあげく、
南無妙法蓮華経を唱え続け、
いつの間にか、再び眠りに落ちていったのでした。
 
 
 
 
 
 
2度目のお試しは、それから5年くらい経った頃に来ました。
 
 
 
 
やはり夜寝ていると、夢の中に、かつての会社の仲良しだった
同期が出てきたのです。
 
 
 
姿形は、確かに友でしたが、顔が真っ白で、感じた雰囲気は、
邪悪そのものでした。
 
 
 
 
 
その友の姿形をした邪悪なものが、
 
 
 
仲間を連れて来る
 
 
 
と言うのです。
 
 
 
 
わたしは、悩みました。
 
迷いました。
 
 
 
 
だって、姿形は友なのです。
 
 
 
拒絶したい。
 
でも、そんなことをしたら、
友を傷つけるのでは?
 
 
 
 
夢の中ではありましたが、リアルに悩み迷いました。
 
 
 
しかし、その邪悪さは揺ぎないものでした。
 
 
 
 
わたしは自分の直感を信じることにしました。
 
 
 
 

来るな!

 

去れ!!

 
 
 
 
こんな邪悪なものに仲間と一緒に来られたのでは堪りません。
 
 
 
 
本当に絶対に嫌だと伝えたくて、寝ているのに、
声に出そうと頑張りました。
 
 
 
すると、その邪悪なものは去っていきました。
 
 
 
 
前回のこともありましたから、わたしはキッチンの明かりをつけて
寝室に明かりが漏れるようにし、南無妙法蓮華経を唱えたのでした。
 
 
 
 
別に仏教の信者ではありません。
 
 
 
けれど、邪悪なものを祓う言葉として思いついたのが、
これともうひとつ、南無阿彌陀仏でした。
 
 
 
でも、南無阿彌陀仏は、何だか沈んでいくようで……
 
 
 
南無妙法蓮華経なら明るくなりそうだと、
夢の中で、恐怖におののきながらも、そんなことは考えたのです。
(この南無阿彌陀仏と南無妙法蓮華経の違いは、
後に言霊を扱うようになってから、よく理解できるようになりました)
 
 
おかしなものですね。
 
 
 
 
 
 
ところで、なぜ、これらの恐ろしい夢を
 
 
 

お試し

 
 
 
 
と名付けたのか?
 
 
 
 
 
それは、この夢を見た後で、必ず人生が好転していったからです。
 
 
 
 
 
 
 
お前は、恐ろしさに負けて邪悪なものを受け入れるか
 
 
それとも、自分を信じて拒絶するか
 
 
 
 
と、試されたのだと思うからです。
 
 
 
 
 
特に2回目の時は、友の姿を借りて奴はやって来ました。
 
 
 
 
表面的なものに惑わされず、判断できるか
 
 
 
と、問われたようでした。
 
 
 
 
 
これが、お試しでなくて何でしょう。
 
 
 
 
 
さて、それから10年以上が経ち、お試しの夢のことも忘れかけていました。
 
 
 
 
ほぼ申し分のない生活を手に入れた今、
お試しはもう必要なくなったのかとも思っていました。
 
 
 
 
 
ところが、昨夜。
 
やって来ました。
 
 
 
 
夢の具体的な内容は、またいつか、日が経った後に
お伝えさせてください。
 
 
 
 
ただ、1回目や2回目のお試しと決定的に違っていたのは、
今回のお試しでは、わたしに守るものがあったという点。
 
 
 
 
そして、もう一つ。
 
 
援軍が来るとわかっていて、
それまでを凌ごうと踏ん張っていたことです。
 
 
 
 
これまでは、一人でした。
 
だから、一人で退散もさせました。
 
 
 
 
 
それでも、とても恐ろしかったことには変わりなく、
目が覚めた時が、ちょうど夜中の2時だったというのも
恐怖に拍車をかけました。
 
 
 
そして、今回は南無妙~ではなく、最近覚えた真言を
唱えたのでした。
 
 
 
 
でも、またお試しが来たということは、
わたしの人生、さらにステップアップするということでしょうか。
 
 
 
期待とともに、その変化を楽しみに待ちたいと思います。