自分を大切にする

わたしは、セッションや講座やブログで、よく

 

自分を大切にしましょう

 

と言ったり書いたりします。

 

 

でも、自分を大切にするということが、よくわからない方もいらっしゃいます。

 

そんな方にとっては、

 

人から大切に扱われる

 

という経験が、とても有効です。

 

なので、たまには奮発して高級レストランで食事をしたり、

ホテルのラウンジでお茶でもしては?と提案したりします。

 

 

 

人から大切に扱われることで、

 

 

大切にされるって気持ちいい

 

 

ってことがわかります。

 

 

そうすると、

 

 

自分を大切にしよう

 

人のことも大切にしよう

 

 

と思えるようになります。

 

 

それが、

 

学び

 

です。

 

 

学びを重ねていくことで、その人の人生は、

より豊かなものに変わっていきます。

 

 

 

でも、大切にされることを履き違えてしまう人もいます。

また、大切にされることに対して、自分に承認を与えることのできない人もいます。

 

承認を与えることができない

 

 

とは、

 

 

受け入れることができない

 

 

といったような意味です。

 

 

 

そういう人は、ひたすら

 

 

もっと大切にして

 

もっと

 

もっと

 

ときりがありません。

 

 

これでは駄々をこねる子どもと一緒。

でも、子どもだって経験を積む中で学んでいきますよね。

 

 

学びの放棄

 

とでもいうのでしょうか。

 

 

そうして、学びを放棄し続けるとどうなるか?

 

 

昨今のニュースやワイドショーを騒がせるようなことになるのではと思います。