映画「コード・ブルー」

泣けます。

ハンカチは必需品です。

映画「コード・ブルー」です。

 

 

初めに書いておきますが、わたしは山ピーのファンではありません。

 

なので、

 

山ピー、素敵!

 

とかいうことは、この先書いてありませんので、悪しからず……。

 

 

さて、テレビドラマとしての「コード・ブルー」は、リアルタイムでは見ていなかったのですが、

たまたま暇な時に夕方放映されていた再放送を見たら、それからはまってしまい、

その後ビデオに撮って、ずっと見続けたのでした。

 

 

どこが良かったかというと、

 

 

一人一人の登場人物のキャラが立っている

 

 

つまり、

 

 

物語に厚みがある

 

 

つまり、

 

 

見ごたえがあった

 

 

からです。

 

 

もちろん、こんな若くて腕のいい、

しかも美男美女揃いの医師や看護師のいる病院なんて、

あるわけねぇ~だろ

 

と頭ではわかっていますが、それらを差っ引いたとしても、

十分に楽しめるドラマでした。

 

 

今回の映画版も、とても面白かったです。

 

 

わっ

 

と思わず声を出しそうになる場面あり

心揺さぶられ涙の零れる場面あり

自分の人生と重ね合わせて、しみじみする場面あり

 

 

ただ、惜しむらくは、涙で鼻を詰まらせた夫のグズグズ鼻息に、

もう一つ物語に入りきれなかったことです。

 

もっと、ズッポリはまり込んで観たかった~!!