手放しちゃえ~

先日、友だちが2人、猛暑の中、遊びに来てくれました。

 

年代も環境も全然違う3人が、料理とワインをお供に、あれやこれやとおしゃべり。

 

薬膳土鍋料理と友だちが差し入れてくれたサラダ、

そして夏におすすめの里芋サラダ

 

 

そして、最近はまっているおからキッシュ

 

それぞれが、それぞれに悩みや楽しみを持っていて……もちろん、わたしも。

 

 

わたしには、手放してもいいのに、手放せるのに、手放したくない悩みがあります。

 

手放してもいいのに

手放せるのに

 

手放したくない

 

ってところが、情けないところで。

 

手放したくないっていうか、手放してやりたくない、みたいな?

 

なんと、自分は意地が悪いのかとさえ思ってしまうのですが。

 

手放しても全然困らなくて、手放した方が絶対自分は気楽になれるのに、

なんか許してやりたくない。みたいな?

 

「許してやりたくない」って、別に何をされたわけでもないのです。

 

でも、そんな歪んだ気持ちが、わたしの心の中にあったのですが。

 

直接そのことを、みんなに話したわけではないのですが、

色んなことを話しているうちに、わたしの心の中に

 

手放しちゃっていいかな。

いや、手放せる。手放しちゃえ!

 

 

という思いが湧いてきました。

 

 

会話は不思議です。

 

一人で考えていたらたどり着けない思いに、いつの間にか連れていってくれます。

 

人と話すことは、素敵だなと思った一日でした。

 

 

素敵なお花もいただきました。

ありがとうございます。