映画『万引き家族』

今日・明日と先行上映の映画『万引き家族』を観てきました。

 

 

映画の前半は、万引き家族の日常が丁寧に描かれていきます。

 

 

こんな生活、長くは続かない

 

 

と思いながら観ていると、

あることをきっかけに家族の秘密が暴かれていくのですが……

 

 

リリー・フランキーは、もうこの人しかできないよね!

というほどのはまり役でしたが、

安藤さくらをはじめとした他の役者のみなさんも

本当に素晴らしかったなぁと思います。

 

 

 

わたしたちは、普段、いわゆる一般社会という常識の中で生きています。

 

それがあるべき姿と信じることで、

安心して暮らしていると思うのです。

 

 

でも、その一般常識というのを、

 

 

一度取っ払ってみたら

疑ってみたら

 

 

と考えさせられました。

 

 

 

後半で、警察官が(一般常識的親切心)から色々言うのですが、

それがとても残酷な言葉に聞こえてきてしまいました。

 

 

含みを持たせた終わり方で、

子どもたちの今後が気になります。