ダイエットのこと

わたしは時々、半断食やファスティングをします。

 

⇒初めてのファスティング

⇒春の半断食

 

 

 

目的は、痩せるためというより、体調を整えるためです。

 

 

春は鼻水、秋は喘息という花粉症の症状が出ます。

かなり軽くなったとはいえ、やはり症状は出ます。

なので、特に季節の変わり目には、デトックス目的の

半断食やファスティングをするのです。

 

 

さて、ここ数年、ほぼ毎日ケーキを食べるという習慣が、

いつの間にかついていました。

 

 

カフェ巡りの好きなわたしは、ついケーキも注文してしまうからです。

 

 

毎日、朝ヨガをしているし歩くのも好きなので、

肥満体形というほどのことにはなっていませんが、

 

やはり、特にお腹のあたりがもったりとしてきて、

体が重いと感じるようになっていました。

 

 

 

そこで、一念発起、今話題の糖質オフダイエットに挑戦してみました。

 

この方法を選んだ理由は今話題だからというより、

この方法で痩せた人が回りに何人もいたからです。

 

 

効果はてきめんでした。

2週間で1.5㎏も体重が減り、お腹周りのもったり感が減りました。

 

減ったのは嬉しいのだけれど、ここで、はたと考えてしまいました。

それは、この方法では炭水化物を取らないからです。

 

 

 

日本人がお米を食べるようになったのは、弥生時代辺りから。

つまり2.000年近くお米を主食としてきているのです。

2.000年ですよ!

そんな日本人は、米食に合った体質です。

 

 

腸の長さも、消化酵素も……

 

 

いくら戦後、食の欧米化が進んだとはいえ、

人間の体の仕組みが2世代3世代で変わるわけがありません。

 

 

そうしたことを考えると、いくらダイエットのためでも、

炭水化物を全く取らないというのは、

自然の摂理に反しているような気がします。

 

 

 

わたしは、体質改善のためにとマクロビの料理教室に通ったことがあります。

 

⇒マクロビについて

 

 

マクロビでは身土不二(地産地消)がいわれます。

 

自分の生まれ育った土地で、それぞれの季節に取れたものを食べるのが、

体には一番いいということです。

 

わたしも、その通りだと思います。

 

 

 

それでは、なぜ今、糖質オフとか糖質カットとかいうダイエットが、

こんなに評判になっているのでしょう。

 

 

 

考えてみれば、昨今は、なんでもかんでも甘いのが良しとされる風潮です。

 

 

お菓子はもちろん、野菜や果物まで、とにかく甘いのが美味しいみたいな。

 

 

そういう意味で、現代は糖質を取りすぎてしまいやすいのですね。

 

もちろん、糖質といっても甘いものばかりではなく、

米や小麦などの穀類や、いも類に多いでんぷんも糖質です。

 

こららは、いずれも古来から日本人が食してきた、貴重な食材です。

 

 

 

 

 

ただ、

 

 

過ぎたるは猶及ばざるが如し

 

 

と言われるように、なんでも過度に摂取するのは体に良くないという点で、

糖質に着目し取りすぎに気をつけるのは大切かと思います。

 

 

 

 

さて、そんなことを踏まえた、現在のわたしの食生活は、

 

 

 

◎朝は、

◇ノニジュース

(マキシノイドというのを炭酸で割って、
レモン汁を少々入れると美味しく飲めます)

 

 

◇季節のフルーツや野菜

 

*朝は、排泄の時間帯なので、消化などに余計なエネルギーを使わないためです。

これは、マクロビやアーユルヴェーダでもいわれていることです。

 

 

 

◎昼は、基本的にご飯やパンも付いた普通のランチ。

サラダはたっぷり食べます。

そして、パンなら全粒粉、ご飯なら玄米か雑穀ご飯を

少なめにしてもらいます。

 

ただし、つい誘惑に負けてケーキを食べてしまったら、主食は抜きます。

 

 

途中お腹が空いたと感じたら、お茶を飲んだり、

ドライフルーツやナッツ類(塩味のついていないもの)をつまみます。

リビングのテーブルの上に、こんな風に用意してあります。

 

 

 

ドライマンゴーは、食べやすいように小さくカットしてあります。

 

 

◎夕飯は・・・


たっぷりのサラダと、おかず類あれこれ。

そして、

たまにビール(家だと、夫と二人で缶ビール500ml一本です)

 

 

しかし!

 

 

友人との会食や旅行先で出されたお料理は、

なんでも美味しく残さずいただきます。

 

 

わたしは今現在、健康です。

つまり、10㎏20㎏ものダイエットをする必要がありません。

 

病気の人が必要に迫られてするダイエットと、

健康を維持するためにするダイエット(食生活)は違います。

 

 

現在目指しているのは、年内に5㎏くらい体重を落とすこと。

 

それから、運動をしっかりして筋肉をつけること。

 

この二つです。

 

 

ダイエットして痩せたいと思っている人は、

たくさんいらっしゃるかと思いますが、

 

 

ただ

 

 

痩せたい

 

 

と思うのではなく、

 

 

何のために痩せるのか

 

痩せることでどうなりたいのか

 

そして、

 

 

何キロ痩せたいのか、あるいは何キロになりたいのか

 

 

という目標をきちんと設定することが大切だと思います。

 

 

でないと、痩せること自体が目的になってしまい、いくら痩せても、

 

 

 

まだまだ

 

 

 

と、いつまでもダイエットをし続けて、

痩せすぎて体調を崩すなんてことになりかねません。

 

 

そして、痩せさえすればいいのではなく、健康的な体形というものを、

ぜひ意識してほしいと思います。

 

 

筋肉も何もない小枝のような体は美しくないと思います。

 

必要な筋肉のキチンと付いた体。

 

わたしも、そんな体を目指しています。