映画『ウィンストン・チャーチル』

 

久しぶりに骨太な映画を観てきました。

 

 

ウィンストン・チャーチル

 

 

 

ナチスが攻勢を極めていたとき、イギリスの首相になったチャーチルの、史実に基づいたお話です。

 

 

前に『英国王のスピーチ』を観ていたし、

ダンケルクという映画も公開されていたのを知っていたので、

それぞれのピースが

 

 

 

なるほど~

 

 

 

と、一つにまとまった感じでした。

 

 

 

この映画で、特に印象に残ったのは、次の2つの場面。

 

 

1つ目は、イギリス国王が、

お城のバルコニーで「憎い」と言った場面。

 

もう1つは、チャーチルが生まれて初めて乗った地下鉄で、

市民と語り合う場面。

 

 

この映画は、戦争を描きながら、

戦争の場面はほとんど出てきません。

 

 

チャーチルその人に、ひたすら密着して描かれています。

 

最愛の奥さまとの、あるいは新米秘書との心の通い合いが、

ともすれぱ息が詰まりそうな緊迫した映画に、

心暖まる空気を運んでくれました。

 

 

歴史の授業で習って知ったつもりになっていたチャーチルとは、

全く違う顔を持ったチャーチルを知ることができて、

大満足の映画でした。

 

 

チャーチルは、言葉を武器に変えた男でした。