最近、思うこと

これまでのわたしの人生は、常になにか課題が突きつけられるような人生でした。

 

けれど、ふと氣がついてみれは、わたしの人生から、

 

 

・・・ねばならない

 

 

がなくなっている。

 

 

いつの間に、こんなに氣楽になっているんだ!

 

 

 

確かに、

 

 

 

食事の支度

 

 

とか、

 

 

掃除

 

 

とか、

 

 

洗濯

 

 

とか、

 

日々やることは色々あるけれど、それらは決して

 

 

・・・ねばならない

 

 

ものではないし。

 

 

食事の支度は、たまに夫がやってくれるし、

面倒なら食べに行ったり、お弁当を買ってきたりしても、それもまた楽し……

 

 

という感じだし、

 

 

掃除だって、大人2人の生活では、

毎日やらねばならないほどには汚れない。

 

 

洗濯だって、洗うのは洗濯機がしてくれるし、

後は干して、乾いたら畳んで仕舞うだけ。

 

アイロンがけしなければならないほどの衣類はそうはないし、

扱いが面倒なものはクリーニングに出せばよし。

 

 

 

 

確かに、まだまだやりたいことはある。

 

 

ことだま講座

 

 

とか、

 

本を出版するとか

(これは、年末あたりに実現する予定)

 

 

 

とか、

 

 

久しぶりに小説も書いてみたい

 

 

とか。

 

あとは、

 

 

旅行

 

 

とか、

 

 

美味しいものを食べに行く

 

 

とか。

 

 

 

でも、それらは

 

 

・・・ねばならない

 

 

ものではないし。

 

 

 

 

すると、今度は

 

 

自分はどこに向かって行けばいいのだろう

 

 

という考えが頭に浮かぶ。

 

 

 

目的とか目標がないと落ち着かない性分なのか、貧乏性なのか。

 

 

 

そんなことをあれこれ思いつつ、

とりあえずはリフォーム後のわが家を整えるのに、

しばらくは夢中になりそうだ。