プロジェクトペーパー

プロジェクトペーパー。

 


 

 

色々なサイズがあり、コピーしたときに写りにくいブルー罫です。

 

 

 

このA3の5ミリ方眼は、主に小説のプロットなどを書くときに、縦にして使ってきました。

 

A4のノートやレポート用紙でもいいのですが、

A3サイズだと一目で全体が見渡せるので、わたしには便利なのです。

 

ブルー罫が、文字の邪魔をしないところも氣に入っています。

 

 

小説を書くときは、登場人物の生まれた時からの人生すべても考えます。

 

つまり、その場の状況だけでなく、どんな人生を生きてきたかによっても

使う言葉が変わると思うからです。

 

 

例えば、同じ返事をするのでも、

 

 

うん

 

はい

 

ええ

 

へぇ

 

ふ~ん

 

など、色々ありますよね。

 

 

そんなふうに使ってきたプロジェクトペーパーですが、

今回は自分のこれからを考えることに使おうと、

久しぶりに出してきました。

 

しばらくは、自分と向き合う日々が続きそうです。