思いつきのひと言

わたしには、どこか人とは分かり合えるものだという思い、というか思い込みのようなものがあり…

 

それは、なぜかといえは、分かり合えた方が楽だと思うから。

だって、その方が氣を使わなくていいし、使うにしても、使いどころや使い方が分かるから楽だし、それはつまるところ、氣を使わないことと同じだし。

 

 

それでも、これまでの60年近い人生で、どうにも理解しがたい人、分かり合えない人と、少なからず出会ってきている。

 

それでも分かり合おうとしてしまうわたしには、その人たちとの関わりはものすごいストレスでもある。

 

 

 

それでも分かり合うことを諦めない。

 

 

 

と言えば、格好いいのかなぁ~

 

でも、最近思うのは、諦めることも大切だということ。

 

 

『継続すること』と『諦めること』。

 

どちらかだけが正しいのではなくて、どちらも『あり』で、大切なんだと思うのです。