若く見られたい !?

以前、仕事の関係で知り合った、当時40半ばの男性は、

自分が実際の年齢より若く見られることが自慢でした。

 

 

ボクって、いつも歳より若く見られるんだ

 

 

と、会うたびに嬉しそうに語られたのですが、なんとお返事していいのやら……

 

 

 

ここからは、わたしの勝手な考えですが……

 

 

男性の40半ばと言えば働き盛り。

若く見えることより、他に自慢できるものはないのでしょうか。

 

 

 

女性と男性では、見た目年齢に対する考え方が少し違うかと思うのですが、

男性の場合、若く見られることを喜ぶのは、せいぜい60歳を過ぎてからでいいのではないかと思うのです。

 

少なくともわたしは、40半ばで見た目が若く見えることを喜んだり自慢したりする男性に、魅力を感じないなぁ~

 

その前にやるべきこと、かんがえるべきことがあるのではと思うのです。

 


 

そんなことを考えながら、件の男性を観察していると、精神的にも少し若い、いや、幼い。

 

 

 

 

わたしは思うのです。

 

 

誉め言葉の一つとして、

 

 

 

子どもの心を失わない

 

 

 

というのがありますが、それはあくまで

 

 

 

大人になっても

 

 

 

という前提があっての話。

 

 

そうでなければ、それは若いのではなくて、単なる未熟ということ。

 

 

 

若い

 

 

 

 

 

未熟

 

 

 

とは、全然違う!

 

 

と、思うのです。