「はあ」か「ふう」か

思わずため息をついてしまうこと、ありますね。

 

そんなとき、あなたは

 

はあ

 

 

と言いますか?

 

それとも

 

ふう

 

と言いますか。

 

 

ことだま的に解釈すると、

 

は行の音は、笑い声がすべては行で表すことができるように、明るく朗らかなイメージの音です。

 

すると、「はあ」と「ふう」の違いは、「あ」と「う」の違いということになります。

 

「あ」は、50音の一番最初、アルファベットでも「A」は最初の音です。

つまり、「あ」は始まりの音。

 

それでは「う」は、どんなエネルギーの音でしょう。

 

お腹が痛いとき、「うぅ」と前かがみになったりしますね。

 

「う」は、内に籠るイメージです。

内側の「う」。

行き過ぎると「鬱」(うつ)になります。

 

 

なので、もし悩み事があってため息をついたりするときも、できれば「ふう」ではなく「はあ」の方が、前に進んでいけるのではないでしょうか。

 

 

あるいは、ストレッチ体操などで息を吐くときも、「ふう」より「はあ」の方が、体が緩みます。